人気ブログランキング |

タグ:社稷(しやしよく) ( 1 ) タグの人気記事

憲法に頼ること。「社稷を思う心なし」

憲法は社稷を、棄てて、できたものである。
憲法は危うきこと也。
情を棄てて公のために尽くせ。自分本意憲法は他人の恨みを買うもとなり。

日本人よ心せよ。

社稷危からず。故、古の聖王、官のために人を求めて、人のために官を求めず。
欲を棄てて、明らかにうつたえをわきまえよ。
聖徳太子は日本人ではなかった、朝鮮から渡来したので、仏教だけしか、頼れなかったので悲劇に見舞われた。

現代は苦難の道を歩んでいた?
日本が今危ういのは、社稷国家永久にして、社稷(しゃしょく)危う也。
世界は国家永久にして、社稷(しゃしょく)危う也。
キリストや仏教は、社稷を害する

国家永久にして、社稷(しやしよく)危き、現代は台がない。
現代は宗教に頼りすぎ、社稷(しやしよく)を害している。
聖徳太子十七条憲法は現代の憲法と同一になり、間違った方向に向かわせている。

危険人物聖徳太子とは?
危険憲法とは?人間を過ちに導く。
聖徳太子はやはり、王朝には危険人物となっていた。
あやむ聖徳太子に慕う者は、社稷を害する、麻生総理と皇室と自民党公明党
謎めいた人物・聖徳太子
聖徳太子朝鮮人説
在日が日本の社稷(しやしよく)を害している。

聖徳太子朝鮮人説の出所を突き詰めていった処、正体不明のキリスト教団体に行き着いたという。
今の皇室の出所を突き詰めていった処、正体不明のキリスト教団体に行き着いたという。
日本人からすれば危険性が強く. 想像もつかない考え方の持ち主聖徳太子に藤原不比等は危険と考えた。

仏教信仰を推進した蘇我馬子は聖徳太子との結びつきが強く滲ませていた。
評価次第でかわる、憲法は社稷を、棄てて、できたものである
by kouhoka | 2009-05-27 21:11 | 神のはじまり夜須