<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

堺市須恵器年代について、確認したところ、朝倉窯の年代との差が、朝倉弥生と古墳須恵器の年代の開きがある事を、確認した

「朝倉窯は日本最古」



c0095642_14501443.jpg
c0095642_14491939.jpg






c0095642_14522515.jpg





c0095642_14524634.jpg



=2018/06/16付 西日本新聞朝刊=国指定 朝倉古窯跡群: 小隈窯跡・山隈窯跡・八並窯跡福岡県朝倉

堺市博物館文化財に、堺市須恵器年代について、確認したところ、朝倉窯の年代との差が、朝倉弥生灰色硬質窯と古墳須恵器の四百年代の開きがある事を、確認した。
これで、日本最古の灰色硬質窯、朝倉鎌は、紀元前百十一年に、始まった事に、なった。
時に、堺市博物館http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/kanzohin/kakudaigazou2MB.htmlページでも、佐久間不干斎と関係した人物(千小庵、徳川家康、徳川家光)とも、そうぐう、していたのは、堺市との御縁かも、知れない。 歴史の重なりは、ここにも、合っていた。

堺市博物館と吹田文化財の須恵器に竹ヘラ刻印、模様が、刻まれている点、で、儀礼祭祀は共通している事が、判明し、灰色硬質窯の原産地、龍窯は、ここに一致した。
今までの、須恵器職人は、灰色硬質窯の原産地、龍窯は、ここに一致した事になった。追考、新羅は、これで夜須から、ウリ公に同道した、華夏人、職人により、一致に至る。
瓠公(ここう、生没年不詳)は、新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。また金氏王統の始祖となる金閼智を発見する。もとは倭人[1]とされる。新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物である。瓠(ひさご)を腰に下げて海を渡ってきたことからその名がついたと『三国史記』は伝えている。
https://www.weblio.jp/content/%E7%93%A0%E5%85%AC

そうぐう、とは= 偶然にめぐりあうこと。「
「会う」=人またはものによる偶然の出会い
「会う」と「遭遇」は違う意味でしょうか?それともまったく同じ意味でしょうか?

「瓠(ひさご、ひょうたん)を腰に下げて海を渡ってきたことから瓠公と称した」と記されている。

新羅本記には新羅が隣国で強い勢力をもつ馬韓と緊張関係にあった時に、
瓠公が馬韓に赴き馬韓王と対等に交渉する様子が描かれている。

瓢箪(ひょうたん)は瓜科の一年草、ユウガオの変種で、果実から干瓢(かんぴょう)を製する。瓢、瓠、葫蘆(ひさご、ふくべ)とも表記される(『広辞苑』)。

神聖な植物と考えられていたのか、世界中の神話に登場する。中国式の星座では北極星を天帝の宮殿とし、その附近にある天帝の果樹園を「瓠瓜」と称している。三国遺事は「瓠を朴という。そこで姓を朴とした」

瓢箪(ひょうたん)は華夏のしくみ、である、二つが出会うこと。
小隈窯の墓に見られる風習が、華夏のしくみ、である、二つが出会う事の作為。

小隈窯の窯跡が二窯揃う、二つが出会う事の作為。「華夏のしくみ」伏義と女媧出会う事の作為。

「朝倉窯は日本最古」

夜須窯 灰色硬質土器に竹ヘラで、線刻されているのは、大木遺跡にも、甕棺に線刻されている農作風習、と時期が、同じ事を示して、おり、近畿遺跡に先立つ、夜須の遺跡である事は、明らかである。夜須の遺跡が日本最古である事は、惣利遺跡木製琴でも、立証する事ができる。夜須窯 灰色硬質土器に竹ヘラで、線刻されている文字は、ケルト文字とされているもので、大阪陶邑や堺の陶工、も、神武に就き従った陶工、である事は?線刻されている文字は、ケルト文字が、見えて、いるからである。

ケルト人は越人であり、紀元前二百年前に、ビン越に、混入していた事に、現れている。
 




[PR]
by kouhoka | 2018-07-06 14:55