<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ケルトの人々が示していた. 『ヤマナラシ』重なった文化

  
c0095642_16331401.jpg

ケルト
の人々が示していた. 『ヤマナラシ』
ヤナギ科ハコヤナギ(populas※ヤマナラシ属とも呼称)属に属し、和名はクロポプラと呼ばれています。
サムハインはケルト文化圏における古代の祭りです。 ..... 精神性とコミュニケーションを象徴するブルーの色と、霊的に重要な意味を持つ植物たちが示しているのは、目に見えないエネルギーの領域におけるスピリチュアルな交流です ...... 何層にも重なった文化と同じ。

数多くの動物たちに生活の場を提供する大切な宿主です。

大地(の女神)に感謝し、結びつきをより深める。
古来から呪術や儀式に使われてきました。ける都文字

ヤマナラシの杖にふさわしい持ち主は、魔法使いの決闘に熟練した者や、そうなることを運命づけられた者が多い。 ...... 何層にも重なった文化と同じ。

重なり志向」の日本文化
今の時代は文化がありません、文化とは、昔の日本と、重なり合うしか、文化とは云いません、政治も政治ではなかったのです。
希望が重なった場合二人は結ばれる。
日本はかさなりあった祝日が本当の祝日なのです、比べて見ると、今はどうですか?
相撲や政治や憲法は、やましいですが。
貴乃花が、つぶされるなんて、あっては、やましい時代となります。
相撲はみんなで、貴乃花の相撲道に見習いましょう。、何層にも重なった文化と同じ。
相撲協会は、相撲ではないのです、賭博場でしょう。

憲法で賭博法なんて、憲法とは言えない、今の時代は全てが、間違いだ゜らけです。













[PR]
by kouhoka | 2018-05-15 16:33

日本種が、外国種に、変わっているのです。では日本て何なの?

c0095642_15482455.jpg

















ケルト五の魔法が漂う児島宮には五本の魔法の樹木によって守られていたといわれている。
五は古来魔法の数字といわれていた。
ケルトの妖精伝説が残る地域では、この【夏至】の日は魔法の一日でもある。

ケルト人と呼ばれる⺠族は児島宮の先祖、呉越の戦いの越王勾践の、頃より、始まるケルト呼ばれる⺠族である。
児島宮は、こうした秘められた樹木の中に、あります。これから、日本の歴史は始まる。解く鍵は、児島宮にある、耶麻といえば、みんなが探し求めて、も探しきれなかった。
ケルトの人々が示していた. 『ヤマナラシ』
ケルト神話(ケルトしんわ、英: Celtic mythology)は、ケルトの神々に関する神話であり、実質的に鉄器時代のケルト民族の宗教・伝承体系を指す。
口伝しかないので、文字には、されていないという。
今の日本はすべて滅茶滅茶に、されてしまい、わからないのと、同じ。生成再生が、なくなっている事を今は誰も知らない。
た、だ、しっているのは、妖精くらいかな。
日本種が、外国種に、変わっているのです。
では日本て何なの?
この真相を知るために、過去にさかのぼって日本の神について調べてみることにしよう。何千年調べてみることにしよう。

日本種が、外国種に、変わっている天皇も外国種に、変わっている。
魔術のための文字であった(『「オガム文字」に宿る神秘の力』参照)。

死と再生の神(しとさいせいのかみ)は、世界の神話に広く見られる「再生する神々」にたいする便宜的な総称である。
古代の人々が太陽を特別な存在と見なしており、太陽がなくなれば災いが訪れると考えていたことが分かる。そして、これらの神話は闇の世界(死)から光の世界(生)へ、という、次節で述べる輪廻転生の思想にもつながっていると言える。
輪廻転生渦巻き模様とは、宇宙に生きるすべてのものは死と再生繰り返すという考え方である。
日本では夜須の遺跡で見られる貴重な、異物である。















[PR]
by kouhoka | 2018-05-02 16:41