カテゴリ:歪められた考古学古代史は( 1 )

歪められた考古学古代史は、日本のすべてに影響し、国家政治も、破堤している

歪められた日本古代史の歪みは、学問さえ、無駄となった、学問は脳裏を、歪めた。
古代史は幻想?幻想とは、 非現実的な事柄を思い浮かべる事。想像、妄想とほぼ同義。
誰が無能にしたのか、それは近世の学問による洗脳であろう?国会の忖度で、国会さえ滅茶滅茶にしてしまった、官僚は、忖度さえ、歪めてしまった。
直す事も出来なく、なっている。古代に於いては、大王が間違えば、間違いを直し、一致するように、重なるをもって、良しとした。
古くは伝説や神話といったものや『古事記』、叙事詩である。

だが、新しいものが、固定観念を、取り払い、これが新しい時代しか生きて生活出来ないと、している、これは、幻想、改竄でしかないのに。国会政治は、此れになっていた、それは国会全体に、唯一しか、なくなっている。これが日本のすべてに影響し、国家政治も、破堤している。

このように古代史の歪みが、招いてしまったと云えよう。

本気で向き合わなくてすむことになり、結果的に古墳は歪められたイメージの中で語られつづけてきたのである。
中国側団長の鄒厚本南京博物院考古研究所所長は「弥生人と江南人骨の特徴が極めて似ていることが分かり、弥生人渡来の江南ルート説に科学的根拠が与えられた
いわゆる学校で教えられる歴史(文部省検定済みの歴史)では真実が歪められております。

神社仏閣においても、神社仏閣様式が真実が歪められております。誰が始めたのか、それは変りがないのか、になります。
神仏においても、門跡が明治に廃絶となるが、これが明治から門跡や大僧正が、今存在しているのは、何故だろう、それか歪みであるのに。
神社仏閣が、まったく無関係な、外国人、韓国、北朝鮮人、天皇や、神官や、斎王が、今存在しているのは、何故だろう、それか歪みであるのに。
国会さえ、まったく無関係な、外国人、韓国、北朝鮮人、天皇や、神官や、斎王が、今存在しているのは、何故だろう、それか歪みであるのに。
正しく業務が追行されていない、それは、ほんとか? それか歪みであるのに。

『ヤマナラシ』
ヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木。"山鳴らし"の名は、葉がわずかな風にも揺れて鳴ることから。別名はハコヤナギ(箱柳、白楊)。
(もよく目立ちます。)
古代ケルトの人々がこの日の樹木として当てはめたのは 『ヨーロッパヤマナラシ(Populus tremula)』でした。 (画像はすべてwikipediaより。)

このドロヤナギを煎じて飲むと胃痛に効くと言われ、薬木の一種とされています。 1. 原木のドロヤナギ. 映像アーカイブ「蘇民将来符製作(切り出し)」の再生 蘇民将来符はドロヤナギの木でつくられている。このドロヤナギの正式な植物学上の名称はヤマナラシ(Populus Sieboldii Miquel・白楊)である。



[PR]
by kouhoka | 2018-04-24 15:55 | 歪められた考古学古代史は