ケルト神の塔の模様を見つけた、と、児島宮考古学研究室が、インターネットで、発表


https://www.youtube.com/watch?v=ayDGxCaSgWs


c0095642_06341189.jpg
ヨーロッパの神のケルト塔の模様
ケルト神の塔の模様を見つけた、と、児島宮考古学研究室が、インターネットで、発表した、に、とどまらず、福岡県朝倉郡夜須広域の古代遺跡が多い、漢の武帝時期の、鳥巣窯で造られた、日本の考古学では、須恵器?とあるが、中国の越国では、灰色硬質磁器としている、磁器が、二十年前、鳥巣窯近くで、土砂採集で、見つかり、依頼により、児島宮考古学研究室が、古代ケルト文字が刻まれて、いるとこの時、発表した。
日本と夜須と、ヨーロッパの神のケルトの痕跡を、突き止めたのは、大発見である。 ヨーロッパの神のケルトの痕跡の参考となり、不明だった、世界の神が、姿を現したのである。神の起源はメソポタミアに、始まるが、三千ねん経過して、中国大陸の浙江省の、河姆渡遺跡や、安吉龙山古城遗址が、中国の最近の調査で、見つかり、ヨーロッパの神のケルトにつながる、越王勾践時期覇者となった、越王勾践部隊の鉄製馬車が、ケルト遺跡から見つかっている。確認したのは、児島宮考古学研究室だけ、しか今のところ、判っては、おりません。
 

c0095642_07304576.jpg
越王勾践時期春秋時代文字がケルト文字と一致 夜須遺跡からは、古代ケルト文字が、祭祀に使われていたようである。

ケルト人(ケルトじん、英語: Celt, Kelt [ˈkɛlt], Celt では [ˈsɛlt] とも)は、中央アジアの草原から車輪付きの乗り物(戦車馬車)を持ってヨーロッパに渡来した

c0095642_08525964.jpg
ケルト馬車

c0095642_08563650.jpg
ケルト人が、いかに優れていたかを、物語る

これで夜須遺跡時期、ケルト人が、越人、華夏人、と、隋、使者は記している。

ケルト模様は、夜須以外では、岡山の吉備津神社の古代時期の神官賀陽氏の、時期には、越ケルト神模様として使われていたのであろう、賀陽氏の末裔、筑前黒田藩のお抱え儒者だった、貝原益軒の、神の文章、「菜根譚」の、箱に、刻まれていた、神ケルトの、最近の発見により、児島宮文教課は、賀陽氏の末裔を調査し、解明に至った。これは日本と中国とのヨーロッパの神のケルトの痕跡を、表すもので、貴重な、資料となるであろう。著作権あり、
c0095642_09165193.jpg

「菜根譚」の、箱

夏王朝の神とは、メソポタミアに、始まる、天神七代の越国の祖、無予によるもので、後裔、越王勾践により、ケルト人(よそものの名)、がヨーロッパの、神の初原となっていた。
紀元前に百年前、楚との戦いで、項羽と劉邦(漢祖)が、争っていたが、ビン越、(楚に、敗れた、越人)の王、無渚が、劉邦を助けた、こう、により、福建省屛山の平山に、治城を築いた。
今から三年前の暮れ、平山駅の地鉄工事が行われ、治城の実在が、判った。この時に、児島宮文教課は、神ケルト模様の雲巻き軒丸瓦に着目、丁度この頃、奈良古美術商の売り立て、で雲巻き軒丸瓦を、手にいれていた事も、あって、相似していたので、越と酷似した、瓦の模様の相似で、神武時期である事が、解明になりました。おりしも、奈良田原からは、塔の先刻された、模様の屋根についた、雲巻きが、一致、している事を、確認しました。
c0095642_10092997.jpg
奈良田原
奈良田原の塔
c0095642_10122560.jpg
この奈良田原の雲巻き軒丸瓦が、中国福建省屛山の地鉄駅の遺跡の紀元前二百年前の、ビン越、無渚の、治城にも、取り付けられて、いた事を、確認したのが、この、酷似した、ケルト神と一致したのです。無渚の子の八尾王丑王の、城村にある、場所から、最近調査で、治城にも、取り付けられて、いた、雲巻き軒丸瓦と、一致、した事を突き留めました。
c0095642_10253264.jpg

それがこのビン越、無渚の、治城雲巻き軒丸瓦と八尾王丑王の、城村遺跡の雲巻き軒丸瓦だった。
c0095642_10260969.jpg























[PR]
by kouhoka | 2018-09-30 07:11
<< 「クー・フーリン」は 何より一番大切なものとは、始め... >>