忘れ去られた先人たちの 文明は断絶した 8/24

日本人は、いつごろ、はじまったのか?どうして日本となったのか
今の考古学では、まったく、判明していません。
日本は朝鮮から始まった説が幅をきかせているからである。
証拠となる根幹さえ、空想の域でしかない。
ここに今の日本人は、いつごろ、はじまったのか?は、どうでもいいとする傾向が続いている。

この背景には、こうした日本人は、いつごろ、はじまったのか?は、どうでもいいとする傾向で真相は反対に消えてしまっている。
新しいのであれば、いいのだとするのは、文化文明すら、破戒しているのである。
学問が、かえって、文化文明すら、破戒しているのである。

日本は日本を失ったのである。
ここに消えた文化は、近代に、はまりこんだ結果と言えよう。

日本はどうすべきかを聞いた。
日本は東シナ海の大半を失った?
これはあまりにも唯一になっていた事が、日本の根幹を破壊したのである。
それには古さと、新しさがまったく感じられないようになってしまった事?
古さと、新しさが相対協和していないから、破戒が進んだという事になる。

日本の根幹と言っても、誰もわからなくなっていては?日本の根幹すら解明はできまい?
日本の根幹それを、教育委員会文化財課の発掘調査で、日本の根幹が消えてしまったの゛ある。
何故そんな事が起きるのか?
それが近代化というのが、憲法社会唯一であったため、起きていた事。これが現実唯一なのかも知れない?

先人たちが残した多くの知恵は語り継がれる事はもう泣くなっている。
先人たちが築いてきたものを、後世に伝えるための努力がなされていない。
残念なのは、先人たちの労苦と思いが忘れ去られてしまったこと。
先人たちの苦労など、時代の流れとともに忘れ去られてしまう事
遺跡発掘が、先人たちの苦労など、時代の流れとともに忘れ去られてしまう事二度と再現は不可能となった。


先人の教えはなぜ消えてしまったのか。 民営化で地名が変わり忘れられていった先人の教え。
大切なものは相対である。
急激な社会の変化に伴い、先人達が日々の暮らしの中で培ってきた生活の様式が忘れ去られようとしています。
[PR]
# by kouhoka | 2015-08-24 21:10

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは? 7/19 8:18

扶桑とか、倭国とか、呼ばれていたのは?朝鮮半島とはなんの、関係も、ありません。
考古学部門では
教育委員会文化財なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。

ではこの時の隋の国と、天子とは、まったく学者の方も、判っていないのです。
天皇は、朝鮮半島から渡来とは、まったく、あてはずれになっていた。

歴博の教授、春成氏や藤尾氏は一貫して、日本人は?、朝鮮半島から渡来したと、言われています。
ここには、日本の天子とは朝鮮半島から渡来したとは、どの書物にも記録されてはおりません。
魏志倭人伝の中に書いてあるのは、卑弥呼゛(247年)が、中国の皇帝へ献上したのは、奴婢と、記録していて、今でも歴史の域は、焦点は、大方、奈良から下って、福岡県にやって、来たという。
その頃漢が統治していたのが朝鮮三軍とされています。

高句麗、百済、 新羅には楽浪郡等が、魏王曹操によって、治められていたとあります、この中で、日本の天皇は、ほんとうに、居たのでしょうか?それは神代八代と『記紀』は、しているだけです。

では児島宮考古学研究室が、日本の歴史は?三国志の中に書かれてある、扶桑とか、倭国について、誰も語らなかった、扶桑とは筑紫を、いい、倭人の国とは、筑紫の東と、いい、この国には周の和氏達が住んでいると記録してある。
そこで、児島宮考古学研究室で、日田教育委員会文化財課に赴いて、聞き取り調査を、行いました。それは扶桑と倭国の範囲を、須恵器で、天円天神鬼神地方の葬送が、あるかないかです?

卑弥呼と言えば三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。

ここに出ているように、須恵器は朝鮮半島から、始まっていたとは、まったく、いい加減でしょう?
須恵器は三世紀以降は、造られていなかったという事です。
ここで、誰も解説しなかった須恵器の用途根幹とは?三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。 ここに、卑弥呼と中国の皇帝が、相似しているので、裏づけ、が取れましたね。

神功皇后の三韓征伐で、三韓は、倭の五王の時も、日本に貢献したと、記録があります。
この二百年後、時代は五世紀になり、
天皇は敏達天皇が隋に、初めて遣唐使を派遣していました、小野妹子の名が、記録してあります。

教育委員会文化財課なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。ここには間違いが、出ていますね?
それは、朝鮮半島は日本の飛鳥時代には、六百年前に神武天皇がいた事が判りますね?
それが扶桑の国とされる、越王丑王によって、出来た事が判ります。 それが日本の紀元年代も根源になっているのが、確認できます。そこで日本の始まりとは、中国浙江省の会稽安邑の越王祖の無予となっている。
すべてが合っていてそれが、扶桑なのです。 万事うまくいく

ここで、未発表の、朝鮮について、朝鮮という語句は、教育委員会文化財課も、不可解になっているから、すべて、朝鮮半島と語句していますね?
だが、朝鮮半島は、中国によって始まっているのは間違いありません。朝鮮といえば、殷の末に、紂王に、仕えていた、箕氏が、周国の武王に付いて家臣にはならずに、朝鮮を武王から宛がわれたのが始まりでした

時代は千年ほど後の頃、秦の始皇帝が周の楚国を滅亡させています、楚国の人は始皇帝の労役を嫌い、箕氏朝鮮の中の燕の国の内の中に、移動してその地を、しろう郡としました。新羅や百済の前身でした。高句麗の前身も、周の楚国の後です。
ここで、周の王は、みな、姫氏でした。
この姫氏を、倭とか和氏といいました、倭人とはつまり周の王下の人々の事をいいます。
[PR]
# by kouhoka | 2015-07-19 08:18

愛知郡の豪族<御器所荘に佐久間氏

愛知郡の豪族とし、一柳荘荒子村に前田蔵人・菅原利昌(前田利家の父)、岩塚村に福富平左衛門、中村に中村弥右衛門元親、名古屋荘広井村に中村対馬守元勝、御器所荘に佐久間氏、鳴海荘折戸村に丹羽氏、岩崎村に川尻氏、山田荘上社村に柴田氏などが割拠し、守護代織田氏を盟主と仰いでいた。
吉乃は名を授けた。
「藤吉郎、これからは・・中村藤吉郎秀吉・・と名乗りなさい。中村はあなたの在所、秀は信長様の父上様の諱、吉はそなたの家に代々伝わる名でもあり、私の名でもあります。
信長様には私から御届けしておきます」藤吉郎は、吉乃の縁で信長に仕えるようになった。「寧子の嫁ぎ先は決まっているのでしょうか」
「寧子の母は杉原家利の娘、父木下定利は筋目正しき者でございます。浅野又右衛門夫婦には子がなく、妻七曲の妹朝日の長女寧子と次女ややを養女としていた。おね事

武功夜話には『木下藤吉郎様の妻女は、尾州丹羽郡浅野郷・浅野又右衛門の娘である。が、その実は同村の住人・林孫兵衛(木下家定)の妹なのだ。親の林弥七は、先年、上総介様の岩倉退治のとき、武運つたなくして討死したが、岩倉家でも豪勇比類なき武者であった』
木下定利は織田信賢に仕えていたが、信長勢との戦いで先年に戦死していたので、子供のいない浅野又右衛門夫婦が、二人の姉妹を引き取っていた。


盟主とは、
同盟の中で中心となる人や国。 盟主とは? 同盟の中で中心となる人や国。 「盟主」に似た言葉» 類語の一覧を見る主任 リーダ 首脳 リーダー
仲間のうちで中心となる人物や国。「―と仰ぐ」

アインシュタインの予言(アインシュタインのよげん)とは、アルベルト・アインシュタインの発言として流布されている約300文字程度の言葉である。「近代日本の驚くべき発展」を賞賛し、「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」と予言している。

古代丶諸侯たちが集まって何か約束するときには、そのうちの誰かが、生贄となる牛の耳を撫んでそれを切り、まずその人が血を綴り、諸侯たちに回して皆もこれを綴り丶国家間で侵略を行わないなどの約束を確認したのです。


命令を聞くことでその規模にあった働きを提供し、
とりあえず滅ぼされることは回避できる。
境界近くでは外部勢力が侵攻する。
在地衆の単独抵抗には限界があり、盟主は勢力範囲の中小領主を動員し、後詰をして外敵を駆逐してもらえる。盟主が他に侵攻し領域拡大に成功した場合、その働きによって恩賞がもらえる。
古くから各地に勢力を根付かせていた中小領主にとって、戦国大名の配下に付くのは、
以上の4つのメリットがあるためである。
特に第一と第二のメリットがなくなると参加意味はなくなる。

「日本の目的」を分析する文章を公開した。

そのモデルとなるのが、自然界の森の姿なのである。繰り返しになるが、高い木もあれば低い木もある。いろいろな種類の動植物が、その中で自立しつつ共存する。しかも、全体がみごとに調和する社会そういうものが経済の場面でも生まれ得るのではないだろうか。自然界の動植物は、決して誰かにコントロールされているわけではない。それぞれが、それぞれに、自分の持っている遺伝子に基づいて、さらにそこに自分の意思というものを(植物はどのくらい意思と呼べるものがあるのかわからないが)加味していきながら、その環境の中でよりよく生きようとお互いが頑張っているうちに、全体が高いパフォーマンスを実現する。

日本には八百万(やおよろず)の神という発想がある。それぞれがそれぞれに貴いものを持ちながら、みんなで一緒に調和しつつ、しかもその全体が最適になる社会をつくるのだという発想が、日本人の原点にある考え方のようだ。これは、日本の伝統文化の中から育まれてきた考え方である
[PR]
# by kouhoka | 2014-10-29 09:34

元始天尊に伺う

元始天尊に伺う
元始天尊(げんしてんそん)とは、「太元」を神格化した道教神学中の最高神。また、霊宝天尊(太上道君)、道徳天尊(太上老君)と並ぶ三清の一柱。

元始天尊様の元には、朝食後伺うよ」 道徳にとって、優先順位は天化が先。
げんしてんそん【元始天尊】. 道教における最高神。道教では多くの神々が信仰されるが、それら神々の頂点に位置する。
元始天尊盤古

今の天皇が、あなたさまの、末裔だと、いいはって、おります。
この大噓つきめ、こいつが、まだこりいようだな。
すかだ、に出ておるぞ。
はじを、どうやら、思わないのか、では、さらして、しまおう。
[PR]
# by kouhoka | 2014-10-10 14:19 | 宇宙の太源

祭祀武夷君

東越王
印璽,擁兵自立為東越武帝
西元前110年

武夷君 「武夷王」。武夷君是武夷山地方的居民對盤古的尊稱

《武夷山志》說法,彭祖長子彭武、次子彭夷到武夷山開墾,彭武與彭夷打敗了妖怪,招安了當地的夷人,於是不分華、番都順服他們,於是治理該地井井有條。彭武、彭夷歿後,民眾合建一祠:曰「武夷祠」,祭祀彭武、彭夷,二人被合稱為「武夷二真君」,簡稱「武夷君」。

汉武帝曾以魚乾祭祀武夷君
福建省武夷山市傳說,武夷君原先是閩越當地的一個貴族,為了離開政治鬥爭的紛擾,率領軍民來到武夷山隱居開拓,為民所重,人稱為「武夷王」。




武夷君,又稱武夷王、武夷顯道真君,是中國福建武夷山的山神、鄉土神。武夷山因此神而得名。古時,凡福建人,入武夷山之前多半會先向武夷君祭禱。

中国の歴史戦国王による暫定勾践はこの時まで回復、浙江省、 紹興の面積は国が 、再び国から災害に会った。 紀元前334年前 、Goujian 7子孫のない強いとチュー魏王の操作、故障殺さは、国が審議されたチューは破壊された。 だから、キングファミリーセーリング福建、より国民はXijuある移動山 (現在、福建省長楽市 )。 後はより多くの人が北部の福建省に定住する、地元のアボリジニMinyue B​​aiyueの人への段階的な統合、Minyue諸国の設立。

紀元前232年前 、福建キング-ムー(検証対象)が死亡し、息子のような王位継承が王になるためには、王となった「Minyue国を。 " 紀元前222年前 (秦G二十五年)、 秦が解消チューは 、Minyue行進を始めた。 翌年、中Dongye 」を設置し、中央福建郡を " [1] 。 離れて中央平原秦王朝が中央福建見なさからその時点で、「だっ不足衣類の国」、遠隔、保険を見つけることに似て、支配することは困難で、多くの人が厳しい。 それは秦王朝40郡、形成されたが、同一ではないの一つですがそのため、「中央福建郡」は、寿魏秦だけの賛成ですべて王の王位ずに離れて渡すために、中央福建省に限り、送信しませんでした」 長い王 。 "無朱の名前が中央福建省を支配し続けてみましょう。 したがって、秦王朝は、実際には、中央福建省のルールを実装していない、名前だけで中央福建郡を確立した。

後期秦、 チェンシェン 、 呉広蜂起の後、王はもう朱続かない呉ルイを中心諸侯諸国は秦を破壊支援するために北へ。 秦王朝の後、 項羽は 、そのようなパケットは王ではないされていません。 紀元前206年、 楚戦争は HW北方再び、そのような助けを勃発ませ劉翔覇王の戦い。 AD 202は、楚と漢の間に戦争の終わりには、自殺した項羽、劉邦は漢王朝の皇帝を設立しました。 劉建国、気まぐれにパケット英雄の後。 202年BC(ハンゴッティ5年)は、このようなナイトの称号福建王、風水福建国、首都Dongye 、回復しMinyueの国を支配し続けています。 紀元前192年、ないような死は、40年福建省のために国を支配した。

王の子孫はMinyueの競合のための激しい競争のビットはありません。 紀元前155年前 、 英は王位をつかむ。 漢呉とのような弾圧7カ国の混乱は 、王の劉バイの息子劉チュは、福建省に逃亡英説得する十字軍反乱ドン王を 。 だから英138年(チェン元三年)の資本に囲ま旧東王の国に大規模な攻撃は、東王王チン複合体が死亡した。 漢ドン王国は支援します。 ヤンと漢皇帝は海からHueiji東奥羽補強するので、助けるために彼の軍隊を送った。 英漢の兵士は、退却の家を確認します。 それ以来、国は漢ドン王は、福建省や近隣諸国が卑屈である福建省の漢王朝の江区域、南東に移動し、最も強力な国になるだった。

135年前(チェン6年)は、福建王英は攻撃するために軍隊を送った南ベトナム 、南ベトナムハンティン王趙胡テーブル要求増援。 天皇は王輝の彼を非難するので、彼の軍隊を送ったゆう張出発、大型農業ハナン郭自己Hueijiの出発、土地と水の攻撃Minyue。 英はすぐに軍が保険を拒否した送信します。 彼の兄、私は善良漢は強力だと思うではなく、敵とし、大臣は漢王朝に降伏し、英を殺すコングと共謀。 福建省はまた、一時的にその国の野心や意図の外側への拡張を終えた。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=http://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=/search%3Fq%3D%25E6%259D%25B1%25E8%25B6%258A%25E7%258E%258B%26biw%3D1149%26bih%3D754

135年前(チェン六年)、英、漢軍が北を撤回した後、漢王朝シールが南ベトナムアクションMinyue国八尾ジュンの侵入に関与していなかった殺された醜いその支配Minyueを命じた」、八尾王」として国。 しかし、英の暗殺の成功ゆうシン長いMinyue国藩や貴族サポートされている、国のWeixing、八尾王よりもはるかに多くの電力。 このように、ハンティンゆう新はその後」として列聖された東王八尾王福建国と一緒に判決を下した」であるが、国の力が東福建省、より王余善手の中にはまだ基本的に。 120年前、醜い死は、彼の息子が株式ランク八尾王タイトルを継承する。

いいえ朱の死は、別の後に内紛の息子たちは、頻繁に戦争を挑発。 かつて北課税東王 、南ヒット南ベトナム (すなわち南の国のを )、 白越降伏朱ミン、したがって、劉近隣諸国がプロパティ宝物お願いMinyue国である、福建省の国になってい前漢の 、南の強力な力王朝。 福建王東岳朱子孫いいえ良いより開発「皇帝」西、皇帝のための自立、同時反中国兵士の最後の瞬間まで。 前漢王朝静養、富裕層と強力な国、特にのほぼ一世紀後の今回は、 漢漢の治世中には、最盛期に入って、彼はますます強力な政権各遠隔地を容認することはできません。 天皇は北部敗北フン族の軍隊Minyue諸国を包囲40万人の合計を守備、フロンティア上北部トラブルの解除後に。 私は漢ビング良いビルドを6要塞を拒否。 また福建省のリゾートの中国省の漢王朝は、福建省(のための戦い、崩壊する越八尾 )王は、 株式をランク付けし、貴族の一部が韓愈の余波降下を殺す。 完全にトラブルを解消するために天皇、Dahir JAC軍が福建省の本土と全国に移動し、国はMinyue市内の宮殿を燃やした。 シティパレスは、古代とADの村にある前110年派遣天皇の軍隊によって破壊れた。

税関や儀式[ 編集 ]

部族の物理的特性や生活習慣や中原華夏大きな違い。 中等度以上の人体、短い顔、あまり髪、広い鼻、大きな丸い目、慣れBangshui隣人、良いシンク、良い行ボートいかだ、ならびに「入れ墨オフ"カスタム[要出典] 。

キングシティタウン村福建[ 編集 ]


Minyueキングシティには、モデルの遺跡
1958年、 福建省の古代都市の遺跡公式が発見され、文化的な遺物が多数出土掘るしようとした。 48万平方メートルの総面積を持つ長方形、約860メートル、南北550メートルの幅のような古代の飛行機。 で発掘されたことが高い湖フロア 、大宮殿の複雑な、正確なレイアウト、構造的完全性を発掘するだけでなく、スムーズな排水システムの下に敷設。 内側と都市の外にも、多くの住宅のサイトと鉄製錬のサイトを見つけましたが多数出土した鉄 、 陶器 、建築材料や青銅 。 どこ陶器、形状やパターンシステムのいずれか、および中央平原は、強力なローカルスタイル(唐宋ユンウェブ2004B)と、明確な「中国風」の陶器です。

紀元前206年、 秦滅び、 チュー戦争が勃発、そのような平原北向き、助けた劉邦は敗北項羽をとして、 漢王朝が設立に貢献した。 202年紀元前、劉鳳朱は福建省の王、風水福建国、首都ではないDongye本当のルールMinyue古いたまり場。

福建省の間でそのような死、王位王子競合せず、しばらくの間、そして最後に非朱の息子によって続いた- 英王位チャンピオン。 しかし、英北話し合う東王の国を 、ナンチョンNaYueGuoの原因ハンティンの介入。 最終的には、福建王英漢鳳が変更され、殺害された醜いとして八尾王のために私は良い、 東越王の名の廃止以来、福建省のではなく、東王のため、実際には。

楚に敗れ、江南の海岸に散居して王や君を自称していた越王の後裔には、まだ歴史が残っています。 越王無彊の七代後の騶無諸と ... した王弟、騶余善にあり、漢も後にこれを公認せざるを得なくなって、余善を東越王と為しました。

李寄の話を聞いた東越王は、彼女を召し出して后とした。父親の李誕は将楽県の知事に任命され、母親と姉達にも数多くの褒美が与えられた。


以後、この地に禍を引き起こす妖怪は二度と現れなかった。

八尾(もろもろな)
[PR]
# by kouhoka | 2014-09-29 16:53

福岡県朝倉郡夜須のはじまりについて、由来

福岡県朝倉郡夜須のはじまりに、ついて、由来はあるのか?

やすとは、誰がつけたのだろうか?
日本の始まりは朝鮮半島と文部科学省や学者はいっているが、日本とのかかわりは、五世紀後半としている大阪陶村の前田氏が磁器須恵器開始は、正しいのだろうか?
これが違うと日本の歴史は、根本から、こわれてしまう。

それが神宮皇后が奈良地方の何処かに、いた事が、磁器との、かかわりが、無かったとしているのは、つじつまが、合わないのだが。この夜須と神宮皇后の羽白熊鷲退治は神話という、学界の研究の在り方は、間違っているのではないだろうか?そんな気がしている。

それは、三世紀に倭人伝に出ている、卑弥呼、の正体さえ、学界は、つかめていないのである。
邪馬台国すらまちお越しにも、
なっているが、架空での、卑弥呼、まつりも、架空という事になる。
ここに、至って、夜須の始まりは五世紀後半と学界が決めているのは、歴史さえ、空想扱いとなっている。
こうなると、夜須という地名の由来も、なかったとなり、
五世紀後半の北部九州開始とは、
いやはや、呆れたものである。
[PR]
# by kouhoka | 2014-09-06 16:11

児島宮胤が祖先から受け継いだ、ものそれは楽市楽座である、楽市楽座とは

児島宮胤が祖先から受け継いだ、ものそれは楽市楽座である、楽市楽座とは、
楽市楽座」茶と町衆とは佐久間父子が発案して、信長を怒らせた。
今の茶とは違い、家元座ではない、楽を座とする。これが楽市となる。
今の相撲協会とは違う、楽市楽座にて執り行う。
「神を」間に於いて、競う、楽市楽座にて執り行う。
地域活性化につなぐ楽市楽座にて執り行う。

まつりは地域活性化につなぐ「神を」間に於いて、競う楽市楽座にて執り行う。

今の全国のまつりは、神社が座で、これは撤廃しなくてはなりません?神が楽座で楽市となる。
まつりの原点抜きで、まつりの原点は天子が執り行う、とされているのです。
相撲は熊本の吉田司が、座児島宮から代表が上座となり、執り行う、とされているのです。
それが今は相撲協会主催座で、行われているのを、撤廃するのが、競う楽市楽座にて執り行う。



洪範九疇、楽市楽座



当時は、「座」という商人たちの組合のようなものがありました。この組合があると、新しく商売をしたい人がいてもなかなか新規参入が難しい。

そこで、座を廃止し、うちの城下町ではどんどん自由に商売していいよ。しかも、税金も安いとした。
特に茶湯゛も父子は、町衆を誘い、大阪堺の経済発展に尽くした。茶湯を開催した元祖である。
これも楽市・楽座と同じ。
楽市楽座により城下に流通を集中させて、町を繁栄させ人を集めた。





c0095642_15501487.png

[PR]
# by kouhoka | 2014-08-16 15:50

日本人は朝鮮半島から来ていない、つじつま、が合わない

日本語なら、単語事典をインターネット上で検索して見ると、標語というもの、があるが、
くらべる(比較)すれば、貝合わせのように、ぴったりと、一致するので、正しい事が判る。
日本のはじまりと、書き込んで、検索ボタンをクリック、
すると日本の歴史は、つじつま、があわない?ので×

たいてい、書き込んでいるのは、もう、ありもしない、記事ばかり、?みんなでっちあげ、にすぎないので、どこかに、ないかと、探していくうちに、
何か頭に連想するページが、のっていないか?見つづけると、
いったい日本のおこりは何時までさかのぼるのか?
お茶の種子の伝来以来、独自の歴史を築いてきた日本のお茶文化。も参考になるので、お気に入りに入れる。日本神話は古代日本の主権者・祭祀者であった“天皇家の皇統”との深いつながりを持っています。これなら、皆さんもお分かりになるだろう。
天皇家の皇統は世界広しといえども、古代の中国しか、ありません、夏王朝が、メソポタミア以降うけつぐ、記録で文字がないと、記録になりませんから。
これはつじつま、が合う。

夏王朝の記事が日本の書物の中に、記録ているのがあるか?調べてみよう。
すると、「太平記」の中に、記録していた。
「太平記」の作者は、どうして、書き入れていたのか?それは単なるものでは、ないから、ここに、つじつま、の単語が、「越王勾践」と作者の児島高徳とが、関係がある事が一致する。
児島高徳の先祖は、「越王勾践」で、あったという、事は、不明の日本の開始の糸口になる。

糸口は、夏王朝と深いものと言えば、日本のお茶文化である。
早速、のお茶文化のはじまり、と書き込み、検索してみる。
すると、出たのは、古代中国の雲南地方と、つながって、いる。
ここで倭人のはじまりを、書き込み検索すれば、
呉国と出ている。
夏王朝とは呉国と日本のはじまりと、決めてかかると、間違いが生じる?それは民族同士が違うから、まだ他に、つじつま、が合うものは、無いのか、調べて見よう。
夏王朝と言えば、皇統の帝王で知られている。
これを中国では「覇者」とよんでいる。

ここで、日本のはじまりは、朝鮮半島から来ていないのか?それはどこにも、つじつま、が合わないからで、朝鮮半島の「朱蒙」と、日本と記録が書かれているのかと、いうと、そんな記事は、どこにも、ない。
「朱蒙」の時期は紀元前で、中国では漢の祖である「劉邦」の後裔である武帝が、朝鮮半島を統治していた時期で、日本との関係はまったく、関係がない。
学者等は、どうして、朝鮮半島から、五世紀半に移って来たといえるのか?それは古墳の風土が、何かに、良く似ているからであろう。
高句麗のはじまりと、日本は、つながって(つじつま)はいない。
まして、高句麗が支配していた、朝鮮半島の事といえば、日本の出先機関、「日本府」に支配が神宮皇后の時から、続いていたのは、日本の記録トモ附合する。
だが間違えてはならない?
日本の開始といえば、ウガヤ帝の日本の表記になっていて、
これは天神のくだり、があるから、これ抜きでは、正しくはならない。

神宮皇后が、卑弥呼である事か解ったのは、二十年前に、児島宮歴研会が、発表してからである、今だに、これ抜きでは、考えられない。
神宮皇后と日本のはじまりである、ウガヤ尊とは三百年間の開きがあって、神宮皇后はその十二代目の天皇である。
これよりももっと後の五世紀後半に、学者は、日本が始まったとしているのは、まったく、つじつま、が合わない。
[PR]
# by kouhoka | 2014-07-19 10:59

灰黒色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮

灰黒色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮
の百越民が、倭国へ、来たのが始まりである。

鉄の量が多い場合、台の色は比較的に暗い色合い、灰色や浅い灰色或いは濃い灰色を呈する。
鉄の量が少ない場合、その台の色は白色を呈し、鉄の量が多い場合、台の
色は比 較的に暗い色合い、灰色や浅い灰色或いは濃い灰色を呈する。

中国では、胎土のガラス化の程度にかかわらず、高火度焼成された施釉のやきものを一般に「瓷器」と称している。


c0095642_2038961.jpg



c0095642_20384929.jpg


これが、筮(めとぎ)土器


c0095642_20394977.jpg




c0095642_20402865.jpg





c0095642_20473740.jpg







卜辞が占卜という儀式の時に発せられた言葉を記録したものである> いくら、須恵器の象形文字が、小隈窯の土器に刻印してある。
朴筮でいう「空亡」

「空亡」とは
組み合わせて行くと十干は2つ足りず、その足りない部分を四柱推命では「空亡」と呼び
、算命学では「天冲殺」、0学では「0地帯」、六星占術では「大殺界」と呼んでいます。

「空亡」とはいったい何なのでしょう?字を見ますと、「空しく亡ぶ」とあります。……その名のとおり、ある象意の働きを空しくします。これは良いことに関しても、悪いことに関してもそうです。


須恵器の象形文字が、何を表しているのか、朝鮮半島説には、解説がないのに、土師氏とは結びつかない。

反閇
道教の歩行呪術に端を発しています。「禹歩(うほ)」が有名でこれによって道中の安全や悪鬼・猛獣などを避けることができるとされています。

こういったものを日本では反閇(へんばい)と呼びます。ただし、歩行法は若干異なります。先に出た足にあとの足を引き寄せて左右に歩みを運びます。非常に単純ではありますが、これによって悪星を踏み破って吉意を呼び込もうとします。陰陽道独自の星辰信仰の上に立脚した呪法と言えます。
洛書とは夏(か)の国の禹王(うおう)が黄河を治めて人民の窮状を救った時に洛水という黄河支流から現れた「神亀」の甲羅の模様(図)を見て図にしたものと言われています。


洛書
1・9は水・火にして北・南に位置し、3・7は木・金にして東・西に位置し、2・4・6・8は土・木・金・土にして西南・東南・西北・東北の四隅に位置していますが四方の陽数は四隅の陰数を統することを意味する図です。

この洛書をわかりやすいように数字に置き換えてそのまま並べてみますと下記のようになります。


4 9 2
3 5 7
8 1 6

よく見ると縦・横・斜めのマスの和が15になる魔法陣になっていることがわかります。古代中国の王はきっと不思議に思ったことでしょう。



易の起源
易の起源については諸説がありますが、「伏犠が卦(か)を画し、文王が彖(たん)を作り、周公が爻(こう)を著した」というのが通説になっています。
伏犠は約6千年前の帝王、文王は殷~紂代の諸侯であり周王の父にあたります。
この伏犠と文王親子によって作成された六十四卦に彖辞(たんじ)、爻辞(こうじ)という辞(ことば)がかけられて易経の本文となっていますが、この本文だけではあまりに文章が短く、また象徴的な表現で極めて難解となっています。これに孔子が著したとされる十冊の書物(十翼伝)が加わることで解釈が容易になり、これをもって現在の易が完成しました。
今の易を「周易」と呼びますが、これは先に述べたように周の時代に完成された易ということによります。
易経の構成をまとめると下記のようになっています。
易経本文
彖辞 六十四卦の各卦にかけられていることば。
爻辞 三百八十四爻の各爻にかけられていることば。
十翼伝
彖伝上下(二篇) 彖辞の意味を詳しく説き伝えている書。
象伝上下(二篇) 六十四卦の各卦と三百八十四爻の象(かたち)にならって人の取るべき道を説き伝えている書。
繋辞伝上下(二篇) 易の本来、真義を詳しく説き明かしている書。
説卦伝 易の卦の意味、主として八卦の意義を説き伝えている書。
文言伝 六十四卦の基本である乾卦・坤卦の二卦について詳しく説き伝えている書。
序卦伝 六十四卦の配列の順序の意味について説き伝えている書。
雑卦伝 六十四卦の各卦の意味を短い辞で説き伝えている書。



易の構成
易では天・地・人、森羅万象の変化を六十四卦、三百八十四爻に分けて観ます。この変化の基本は陰陽であり、これは太極から成り立っています。そしてこれこそが易の本体ということができます。
「繋辞上伝」によると
易に太極あり、これ両儀を生ず。両儀四象を生じ、四象八卦を生ず。
とあります。「太極」とは天地、陰陽が未だ分かれず混沌と躍動していた「大元気」を、「両儀」とは陰陽を意味します。
「これ両儀を生ず」とありますがもとより二つに分かれて存在するものではありません。したがって陰の中にも陽が、陽の中にも陰が含まれることはいうまでもありません。
陰陽を二つ重ねることで老陽、老陰、小陽、小陰の四象を、また三つ重ねることで乾(けん)、兌(だ)、離(り)、震(しん)、巽(そん)、坎(かん)、艮(ごん)、坤(こん)の八卦を成します。これらの関係を図示すると下記のようになります。
図から陰陽は太極の二つの面だと言うことができます。
老陽は陽中の陽、少陰は陽中の陰、少陽は陰中の陽、老陰は陰中の陰を意味します。
八卦(小成卦)は上から順に「天・人・地」を割り当てます。これを「三才」といいます。「才」というのは「働き」という意味で、自然界はこれらの働きによって成っているという一つの見方を意味します。

八卦が三爻からなるのは三才思想によりますがわずか八卦で森羅万象の広汎複雑をより精密に表現するには無理があります。そこで八卦を組み合わせて乾為天から坤為地まで六十四個の卦を作ります。これを大成の卦と言い、これに対して八卦を小成の卦とも言います。
大成の卦は六爻からなり、各々の卦と爻にはそれぞれの象を理解して吉凶を占うための卦辞(彖辞)と爻辞(象辞)がかけられています。
大成の卦もまた三才思想にしたがっています。すなわち二爻ずつ区切り上から順に天・人・地を意味しています。
大成の卦も小成の卦も共に三才を表しその基本は陰陽であるので二の六乗=六十四卦が易の全数となります。したがって森羅万象すべてのものはこの陰陽二爻より構成された六十四卦三百八十四爻の中に表現されることになり、卦爻の辞を理解することで上は天地の理から下は処世に至るまで観ることができると考えます。

八卦
八卦の表す意味の概要について表にまとめてみました。現状では単純に内容を列挙しているだけですが、おいおい考え方を追加していく予定です。
【正象】 天
【卦徳】 剛健
【卦意】 円満、健全、広大
【人象】 聖人、君主、支配者、祖父、父、夫、武人
【動物】 竜、馬、虎
【物象】 大河、大川、大海、大平原、首都、神宮。金、宝玉、鏡、米、豆
【物価】 上昇、陰に転じて下降するとも観る時もあり
【病象】 急性疾患、高熱、のぼせ、めまい、頭部疾患
【病症】 上昇、充実、急病、陰に転じて悪化と観る時もあり
【五行】 金
【天候】 快晴、陰に変じて崩れやすいと観る時もあり
【季節】 晩秋から初冬
【方位】 西北(戌亥の方角)
【 数】 易数:一/五行数:四、九
【時間】 午後七時~十一時(戌亥の刻)
【 色】 白、金色
【 味】 辛味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 地
【卦徳】 柔順
【卦意】 静、厚、堅実、育成、虚、卑
【人象】 皇后、母、妻、老婦、凡人、罪人、農夫、陰謀家
【動物】 牛、牝馬、虎、猫族
【物象】 布、袋、蔵、村、文、書
【物価】 下落、底値、低迷
【病象】 消化器系の病気、下痢、下血、慢性胃腸病、赤痢
【病症】 即治困難で慢性化しやすい
【五行】 土
【天候】 曇り、微雨
【季節】 晩秋から初秋
【方位】 南西(未申の方角)
【 数】 易数:八/五行数:五、十
【時間】 午後一時~五時(未申の刻)
【 色】 黒、黄
【 味】 甘味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 雷
【卦徳】 奮動
【卦意】 発奮、奮起、音響、飛、移動、決断、驚、雷光、志、成功、道
【人象】 長男、壮者、行人、勇者、青年、激情家
【動物】 竜、馬
【物象】 樹木、若竹、車、飛行機、枡、芦、楽器、花火、履き物、大道
【物価】 高騰と観ます
【病象】 捻挫、アキレス腱、関節の病、骨折、突発事故、脳出血
【病症】 突発的症状、意外に軽いと観ることもあり
【五行】 木
【天候】 快晴、雷鳴が多い、台風や地震
【季節】 春
【方位】 東(卯の方角)
【 数】 易数:四/五行数:三、八
【時間】 午前五時~七時(卯の刻)
【 色】 青、若草色
【 味】 酸味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 風
【卦徳】 伏入
【卦意】 進退、出入、柔軟、臭、不決断、疑い、流動、呼吸、商い、利益
【人象】 長女、巫女、僧、尼僧
【動物】 鶏、蛇、魚、豚
【物象】 樹木、木材、紐、縄、机
【物価】 変動多く多少下がり気味
【病象】 性病、痔疾、風邪、潜熱性疾患、神経症
【病症】 一進一退を繰り返し長引く
【五行】 木
【天候】 風があり晴れたり曇ったり
【季節】 晩春から初夏
【方位】 東南(辰巳の方角)
【 数】 易数:五/五行数:三、八
【時間】 午前七時~十一時(辰巳の刻)
【 色】 青、緑
【 味】 酸味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 水
【卦徳】 陥険
【卦意】 伏蔵、変化、溺惑、志、思想、矯正、月徳
【人象】 中年、盗賊、法律家、哲学者、科学者
【動物】 狐、馬
【物象】 河川、溝、湖、沼、海、血、酒、弓、輪、水晶
【物価】 底値、底をついてまもなく上昇とも観る
【病象】 耳の疾病、泌尿器、性病、下痢、下血、痔疾、食中毒
【病症】 潜伏症で長引く
【五行】 水
【天候】 雨、雪、今にも降り出しそうな雲行き
【季節】 冬
【方位】 北(子の方角)
【 数】 易数:六/五行数:一、六
【時間】 午後十一時~午前一時(子の刻)
【 色】 黒、赤
【 味】 鹹味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 火
【卦徳】 明智
【卦意】 美麗、日輪、光明、目、見、飾、争、競
【人象】 中女、美人、女優、画家、作家、学者
【動物】 鶴、雉、飛鳥、亀、蟹、貝類
【物象】 甲冑、斧、刀、矢、瓶、網、飾り物、文書
【物価】 激しい高騰、高値の場合は長続きしない
【病象】 目、心臓、心労、不眠症、火傷
【病症】 急性で激痛を伴う、高熱、急を要する、病勢が一定しない
【五行】 火
【天候】 晴れ
【季節】 夏
【方位】 南(午の方角)
【 数】 易数:三/五行数:二、七
【時間】 午前十一時~午後一時(午の刻)
【 色】 赤、紫
【 味】 苦味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 山
【卦徳】 静止
【卦意】 高尚、頑固、慎重、篤実、退、謝絶
【人象】 少男、賢人、神主、住職
【動物】 犬、竜、虎、豹
【物象】 城郭、家、門、堀、墳墓、石、丘
【物価】 高く止まって動かない、高値を極めて下落に向かう
【病象】 鼻、背中、腰、額、手足の関節、関節不全、骨折
【病症】 治り難い、頑固な長期疾患、慢性化の傾向
【五行】 土
【天候】 曇天
【季節】 晩冬から初春
【方位】 東北(丑寅の方角)
【 数】 易数:七/五行数:五、十
【時間】 午前一時~五時(丑寅の刻)
【 色】 黒、黄
【 味】 甘味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 沢
【卦徳】 愉悦
【卦意】 和、誘惑、色情、愛嬌、商売、娯楽、雄弁、不信、狭量
【人象】 少女、巫女、朋友、妾
【動物】 羊
【物象】 谷、湿地、低地、池、沼、湖、星
【物価】 下がり気味、最低で止まっている
【病象】 口腔全般、呼吸器系疾患、性病
【病症】 長引く傾向、慢性化
【五行】 金
【天候】 曇天、雨
【季節】 秋
【方位】 西(酉の方角)
【 数】 易数:二/五行数:四、九
【時間】 午後五時~七時(酉の刻)
【 色】 白、金色
【 味】 辛味

古代中国の占筮
朴筮
中国・魏の国の文帝の頃、今の河南省のレツ県山の麓から不思議な霊水が湧くとの話を聞き、勅使が探索にやってきた。辺りは一面香り高い菊の花の花盛り、と、そこに一軒の庵があり、品格ある風貌の少年が独り住んでいた。聞くと「私は周の穆王(ぼく�
[PR]
# by kouhoka | 2014-06-27 20:04

あきれた学者の須恵器年朝鮮半島渡来五世紀後半で、このままでいいのか?

あきれた学者の須恵器年代朝鮮半島渡来五世紀後半で、このままでいいのか?

ここで、象形文字が五世紀後半に、朝鮮にあったのか?です。
三韓(さんかん)は、1世紀から5世紀にかけての朝鮮半島南部に存在した種族とその地域。朝鮮半島南部に居住していた種族を韓と言い、言語や風俗がそれぞれに特徴の異なる馬韓・弁韓・辰韓の3つに分かれていたことから「三韓」といった。

先史時代がBC100年で終わっている。それは漢の武帝によって、納められたから、これより、「三韓」といった。
BC100年から、
「朝鮮」は前漢の武帝が前108年に楽浪郡など四郡を置いた。

学者はこの期間何も日本には、何もなかった原始時代としているのは、大間違いである。
学者は弥生二百九十年?卑弥呼の朝鮮征伐は、無かったとしている。
学者は歴史さえ定着していないのである。
これで、年代ができる事はありません?何からさえ、解説できないのですから。
筋道というものが無くては、成り立たないのですから。

「日本人は昔朝鮮半島から移住してきた」は間違い。
衝撃ではなく、笑撃の間違い、それは答えが出ていて、目的?の為には平気でウソを吐く民族のやり方?
つまり日本は朝鮮人としたいのです。
今の憲法と同じになっている、何がなんでも、歴史から天皇まで、なり替わり嘘の歴史にしてしまうという目的の為には、筋道道理が、なくても、言い通すのが明治以降の憲法や司法や政治です。
法事国家というのは、筋道や道理が、ぜんぜん、無いということです。


紀元前二五〇〇年から紀元前三〇〇年頃に使われていたと思われる古代シュメール文字やバビロニア文字、ギリシャのピロス文字、中国の甲骨文字のルーツと思われる文字が、西日本一帯において、続々と発見されている。この系統は結ばれているつまり、道理があるという事実です。

卑弥呼こと神宮皇后も夜須に地名を残していたことは誰でもしっている?
天皇の地巡行に際して、突然の風つむじ風に、笠がとんだのでこの地を三笠となづけたとある。
文字があったからこそなのですよ、学者さん?
時期は朝鮮征伐の時期です。
筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。新羅は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという(三韓征伐)。


『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命皇后。父は開化天皇玄孫・息長宿禰王(おきながのすくねのみこ)で、母は天日矛裔・葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)。彦坐王の4世孫、応神天皇の母であり、この事から聖母(しょうも)とも呼ばれる。
[PR]
# by kouhoka | 2014-05-30 13:04

しきたりが日本からなくなった

しきたりが日本からなくなったのは、日本の根底を大切に守らなかったからであろう。

しきたりとは?
しきたり【仕来り/為来り】とは。意味

しきたりとは、昔から“仕来(しき)たること”(=して来たこと)という意味です

しきたりとは、それまで行い続けている習慣や習わしであり、その民族が暮らす土地、気候風土に根ざして、歴史が培ったものです。

近年しきたりが、すっかりなくなっっている事を知っていましたか?
野菜つくりにも、ハウス栽培になり、季節はずれ、?つくるというのは、しきたりむのとおりむではない?

電化になり、かまど、がなくなりましたね?むかしのしきたりの一つが消えた?

いったい、しきたりとは、なんなのか?今わかる人はいないのでは?

しきたりとは自然のならい、なのです。

自然の習いっていうのは?
[PR]
# by kouhoka | 2014-05-17 15:16 | 日本人の素質がなくなった

灰色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違い

灰色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮の百越民が、倭国へ、来たのが始まりである。
文化庁の須恵器開始は朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違いである。
この程度では日本の歴史の真相は、虚構に過ぎない。

箕氏朝鮮の後に、
漢の武帝が、新国を、破り、三郡としたのから、高麗新羅百済が始まったのであり、朝鮮半島はこの時期存在していない。
魏から晋になり、司馬炎が王になったが、このころには、日本の卑弥呼が使いを、晋に使いを出している。
さらに、五世紀後半というのは、魏も漢も滅んで、
日本と朝鮮の間は、途絶えていたのである。
このようでは、朝鮮半島は安定していず、無理がある。

武帝は朝鮮を帰服させようとし、紀元前109年-紀元前108年、遠征を行い、衛氏朝鮮は滅ぼされた。


そうして紀元前百年前、北部九州に渡来した中国江南の武夷邑の百越民による象を作る時に、はかるもので、この時用いるのが象の布江である。

神宮皇后の朝鮮征伐、神功皇后が新羅出兵を行い、朝鮮半島の広い地域を服属下においた。
新羅が降伏した後、三韓の残り二国(百済、高句麗)も相次いで日本の支配下に入ったとされる。

三韓とは馬韓(後の百済)・弁韓(後の任那・加羅)・辰韓(後の新羅)を示し高句麗を含まない朝鮮半島南部のみの征服とも考えられる。
住吉大神の神託により、お腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。新羅は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという(三韓征伐)。

中古の朝鮮は新羅・高麗・百済の三國に分かれてゐたが、その昔は「馬韓・弁韓・辰韓」の三國に分かれてゐた。

三国以前に、また三国と並行して小国や部族国家があった。扶余、沃沮、伽耶、于山国、耽羅国などである。

仏教は528年新羅の国教となった。新羅は唐と結んで(唐・新羅の同盟)、660年に百済を668年に高句麗を滅ぼした。
ここで、須恵器こと灰色土器は、作られてはいない?
仏教には須恵器こと灰色土器は、関係が無いからである。

灰色土器は、神の神事であり、五世紀以前でも奴隷の記録は神宮皇后の記録には、無い。

 (日本が、歴史の歪曲に加担するようでは、我が日本こそ、まともな人材は育たない。

任那日本府(369年~562年)が滅んで以降のものであることがわかる。 『広開土王陵碑』

任那日本府(みまなにほんふ)とは、『日本書紀』の雄略紀や欽明紀など[1][2]に見える、古代朝鮮半島南部の伽耶の一部を含む任那にあった倭国の出先統治機関。宋書倭国伝の記述にも任那という記述が見られ、倭王済や倭王武が宋 (南朝)から任那という語を含む号を授かっている。
宋(そう、420年 - 479年)は、中国南北朝時代の南朝の王朝。周代の諸侯国の宋や趙匡胤が建てた宋などと区別するために、帝室の姓を冠し劉宋(りゅうそう)とも呼ばれる。

『広開土王碑』に倭が新羅や百済を臣民としたと記されているなど、朝鮮半島での倭の活動が記録されている。
5.宋書倭国伝のなかで451年、宋朝の文帝が倭王済(允恭天皇に比定される)に「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事」の号を授けた記述や478年、宋朝の順帝が倭王武(雄略天皇に比定される)に「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」の号を授けたと記述している。



須恵器が朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違い
[PR]
# by kouhoka | 2014-05-17 12:01 | 日本はすべて一致

須恵器の年代開始は五世紀後半ではなかった、その根拠は、

須恵器の年代開始は五世紀後半ではなかったと、いうのは、
今年に、象形布江が、福岡県の筑前町小隈窯で焼成された事が、判明したからである。
その根拠は、
象形布江にある?
この文字はしょうの笛ではなく?
象形ぬのえ、である。




布江とは?
どんなむ意味なのか誰も知らない、だからふえ、と呼んでいた。

児島宮が、公開する、ぬのえは壺同音であり、動詞sum「与える」
解読できないのは?「与える」???????
なんの意味か、分からないからである。
何かを与えるという事は???????まったく難問?
ところが、中国だけに、伝わる、伝説のふぎ、とじょか、が手にもっている、ものが、与えるという意味である。
メソポタミアで、土で人間を作ったとして、いるのは、ぬのえに、ある。

この意味を知らない学者らは、かってに、須恵器の意味もないのに、陶邑を須恵と、つけたのは、間違いである。

すべて循環があり、今が存在しているという事が、何の意味か、全然わかっては、いない?
人間は土から創生されたとしている、ぬのえ、とは、つぼという。
掛け算は一かけ一は一とある?これは相対している。九かけ三と三かけ九とどちらも、同じである。
伝説のふぎ、とじょかは、この事を人間に教えたのである。
このように読み取らなければ、できない事をつぼ、が判らないという。

ここに現代の人間は、すべて間違った事をしているのが見える?見ても見えないのは、人間が相対していないからである。
二百年前頃から白人の英語がもてはやされ、今では、英語が通常となっているために、漢字は、つぼ、で出きて、人間に与えるとは、だれ一人も、、、、、わかって、おりません。

何が大切かを、伏義と女媧は、与えていた事を知らないと、理由は、不可能である。
児島宮も同じく知らないと、ほんとは与えないが、今回は託宣によりである。
その理由は、間違いばかり、引き起こす人間に、判らせる、ためである。
今の時代は間違いばかり引き起こしていると児島宮は告げろと託宣が下りたからである。
それはすべてが相対していない事゛である。

漢の武帝は、こうじゅんの間から十万人がいなくなったとしているが、学者は、朝鮮半島を経由して、大阪からならへ、移動したと、しているのも?相対、同じではありません。
その理由は、十万人の形跡゛超えないからで、見えないのは?なかったとう事であるが。
何を理由して、ありもしない事?朝鮮から移駐したのが須恵器としたのか?
同じなのが近世明治天皇以降が、神武天皇が先祖と、だましている事に同じである。
まことに、なげかわしい事である。

又韓国では、桓武天皇はと、ご本人が関係ありも、しないのに、あるかのように、しているのです。これが今の日本の間違いです。
国民の間違いは、これを信じているのも、間違いなのです。
天地の異変が、それを知らせているの、かも知れません。?


象之ぬのえ、に、相対があります。之は伏義と女媧と相対しています。

こことで壺は大工の使う墨壺と相対していて、これを天円地方といいます。

今や日本全体に不正が蔓延している?
[PR]
# by kouhoka | 2014-04-10 16:50

須恵器磁器から見えた、発祥地は何処の国

須恵器磁器から見えた、陶器登り窯の発祥地は何処の国?

須恵器とは福岡県須恵から、出土した地名から、なづけられた呼び名。

これでは、照合も、できません?
土が似ているでも、照合もできません?
ネズミ色、と同じ、だから、と、照合は不可能でしょう。

探し出すには、日本語文字が、相似類似すれば、見えてくるはずです。
古いのは大抵、漢字があると、参考になっています。
ウエーブで検索の仕方は、この、陶器の名前を書き込みクリックしたら、根気よく、出てくる文字
と類似しているか、試して。みましょう。
須恵器と書き込んでみましょう?すると須恵器は、日本でしか通用しないでしょう。なぜなら、日本でなづけられた、空想の文字だから、発祥根源が違う国だと、相似する文字はないでしょう?

須恵器朝鮮半島と記入し、て、も、文字が照合する事は、無いと思います。教育委員会文化財では、須恵器の年代開始は五世紀後半としています。だから、日本の大阪の陶邑から、九州にも、奈良時代にかけて、窯づくりが、広まったとしています。
これは正しいのでしょうか?誰も、知らないし、判らないので、答えは、須恵器の年代開始は五世紀後半となっています。
ここに、大きな間違いが起きてしまって、いるようです?

何が間違いなのか?
それは呼び名須恵器が、相似していない?
須恵器ではありませんでした?
土師氏か?朝鮮では土師氏なるものは、無い?

児島宮考古学研究会では、今年はじめ、須恵器から、象形文字が刻印されているのを、
見つけました。
そこで、象形文字陶磁器と、パソコンに、書き込み、クリック検索したら以外にも、
中国サイトから、象形文字陶磁器発祥が、紀元前五百年前頃から、王の祭祀に、用いられたとありました。
占いの一種だと、し、象形文字陶磁器発祥とありました。

こけだけ象形文字陶磁器で、そうとは、決められないでしょう?
他に何かが関連していた?それは児島宮の元祖は、平山大神でしたので、
日本のウガヤ王と関連している事が判りました。
ウガヤ尊は、渡来人だとは、判るでしょう。
何処から移住したかは、現段階では、知る者は、いないと思います。

ポイントは残された文字という事に、なりました。

この象形という文字に着目し、
象形という文字について言及してみました?
象形とは、丸と方は角で長方形とあります、
丸(円形)は先で、方は形とありました。
これを合わせて象形と、いうそうです。

ここに見えてきた?象形とは、何かを、かたち、どる事を意味する。ことがわかりました。

ではここでは、象形という文字について、学びましょう。
文字には意味があります。漢字にも意味があるように、象形土器に刻印された文字にも意味があるようです。

ここで、児島宮考古学研究会が、今年の三月に発表した、ラッパの原型になっていた、号筒とされたり、笛とされていたり、不可思議な、この正体は何か、ネットで探しだしたのが?
天之鳥笛と古事記に記載されていた事が判りました。



c0095642_1253626.jpg





後で判ったのが、「象形を図る尺」という事が、ふぎとじょか、から、見い出しました。
象形文字であらわす 「はかる」

中国雲請省の奥地. に住む納西(ナシ)族が、 二千年も前から使っています。


ピラミッド
ピラミッドに使われているキュービットには2種類ある。
キュービットは肘から中指までの長さからきており、身体尺といわれるものです。

「郡・国の諸預口の黄籍は、 上白一 尺. 二寸の札を用い曲』 とあり、 戸籍の書 ..... 象形文字である。

古代エジプトで象形文字が誕生したあと、古代メソポタミアでは「楔形(くさびがた)文字」が誕生しました。

人間と自然との関わり方を推測することも可能となる。





c0095642_174024.jpg
今新たに、河姆渡遺跡出土の「象形ぬのえ」を検出したと、発表すると同時に、須恵器朝鮮半島渡来説は、間違いと、判明した。歴史が大きく塗り替わる時が到来した。
人民中国インターネット版 2010年5月26日
[PR]
# by kouhoka | 2014-04-05 11:23

須恵器と土師器、土器は江南から渡来した紀元前百年前の陶工作によるとする

須恵器と土師器、土器は江南から渡来した紀元前百年前の陶工作。

印紋硬陶。富有越紹興市區大雲橋出土

全国教育委員会の日本の須恵器の始まりは朝鮮半島五世紀後半渡来は、全面ありもしないねつ造で、説明できないのに、決定基本に、している、するとは、古代は全面くるう。絶対許せない犯罪にあたるだろう。 犯罪とは、日本は朝鮮人国家と侮辱、している?
ここに提言する。すべて撤回して改めなくては、ならない?

捏造と、するのは、
私と、十年ほど前に千葉の国立歴史博物館、の今村峰雄教授との、電話で何回か対応していただいた、弥生年代は、五百年遡るマスコミ共同通信社、件に関して、私の弥生年代は、紀元前百年より卑弥呼神宮皇后の三世紀までと、訂正提言したのが?、今の弥生年代となっている。
今沖縄博物館の、洞穴から、二万年前の生活道具が確認したと、憶測で、共同通信が元になり、困惑させているのに、どこか似ている?

卑弥呼神宮皇后の三世紀までと、訂正提言したのが?、今の弥生年代と、なっている、を説明できた、からかも?これは角があるからである。角は説明できるという意味。

※これは角があるからである。角は説明できるという意味。

須恵器年代の角△も、元は同じになっている。
元とは始まりの事?

※浙江紹興市發現的印紋硬陶器が須恵器のはじまりで、朝鮮半島からではない
紹興市區大雲橋出土 紹興市文物管理局藏

紹興印山越國王陵出土印紋硬陶罐(戰國)



繩紋陶是出土. 數量最多的 .... 浙江紹興市發現的印紋硬陶器和原始宵瓷豔
約3000年前に遡る最初の西周王朝に名前

長沙の街として、約2400年前、春と秋の期間に始まった。
長沙新石器時代の文化Qujialing段階に;、母系社会の段階には約2500年前、長沙新石器時代の龍山文化は、原始的な農業、狩猟と釣りで、今回は、まだ生活の重要な手段であり、元のシステム陶器、石の加工技術をさらに開発し、繊維や生のヒスイの加工技術を生産している。 傳說時代傳說炎帝和黃帝都曾來過長沙。 伝説タイムズヤンディと始皇帝の伝説は、長沙に行ったことがある。 司馬遷《史記·五帝本紀》說,黃帝曾“披山通道,南至於江,登熊湘”,後來就把長沙這片地土封給了他兒子少昊氏(宋朝羅泌的《路史》記載:少昊氏“始於雲陽,胙土長沙”(胙即賞賜之意),據此,傳說中的少昊氏是遠古長沙的一個氏族首領,是開發長沙的第一人。炎帝最終也葬在長沙茶鄉之尾。夏商周時期長沙,夏屬三苗之地;到商、周時代,三苗消失了,但三苗後裔仍然在這片土地上生息繁衍,這時長沙屬“揚越”(又叫“荊蠻”),史稱“揚越之地”,作為古越人(古長沙越人為揚越的的一支)到這時創造和形成了富有特色的越文化,以拍印的幾何紋飾硬陶即印紋硬陶是其最有代表性的特征。商、周時期,北方中原王朝對南方“荊蠻”、“揚越”的戰事頻繁,雖未能在這裏建立起他們直接的統治,但“揚越之地”一度成為商周的“南服”,迫使“荊蠻”臣服納貢。《逸周書·王會》記載,周初營建雒邑告成,各方諸侯來賀,貢物中有“長沙鱉”一種,這是“長沙”一名見於史籍的最早記載。古越文化與中原文化商、周時期中原文化的傳入,長沙進入青銅器時代。長沙古越人仍然是居住在茅草覆蓋的半地穴式房屋,過著氏族生活,主要以石器作為工具,生產上依靠刀耕火種。商代中期,中原的青銅鑄造技術傳入,開始使用和制造青銅工具銅斧,到西周後期出現了銅制大鋤(一種重要的松土工具)、銅插(即耙,用於松土和起土的農具);而且還制造出了形制考究、紋飾精美的青銅容器、樂器。長沙出土的300多件商周青銅器,大多具很高的工藝水平,富有鮮明的越族風格,是南方出土青銅器最多最精美的。1938年寧鄉縣出士的著名的四羊方尊,是商、周青銅器中珍品;1959年以來寧鄉縣、長沙縣出土的十幾件銅鏡,一般重70—80公斤,最大的221.5公斤,為中國到目前為止發現的最大的商代銅鏡。1983年在寧鄉出土一件重達220.75公斤的銅鐃,是中國目前發現的商代最大銅鐃。長沙也為中國出土戰國銅鏡最多的地區,共出土楚國銅鏡470面;為出土戰國琉璃器具最多的地區,共200多件。荊楚文化與中原文化東周以後,進入春秋時代,也是中國曆史上的動亂年代,春秋末期,楚國(荊楚)的勢力進入長沙。戰國初期,越國滅吳,楚、越對峙開始,長沙成為楚國東南邊睡的要塞。戰國中期,楚國實行變法,國力強盛,對南展開大規模的軍事行動,湖南全境納入了楚國版圖,長沙成為楚國南部的軍事重鎮,包括湘北、湘中、湘南廣闊地域的政治軍事中心,楚國在長沙建立了城邑。楚人對長沙的進入,加上經過數百年的戰爭,古越人逐漸在文化和血統上(待證實)被同化,長沙古越文化被楚文化替代。楚人的南侵,帶來了中原和江漢地區的生產工具和生產經驗,使長沙地區進入了鐵器時代,長沙也由此進入了封建社會。楚國至楚懷王時國勢日弱,諸侯各國特別是秦國對楚國多次發起戰爭,前222年,秦國大將王翦帥軍南下,打敗楚軍在江南的餘部,楚國以長沙為政治軍事中心的江南之地被秦國所征服,楚國滅亡。長沙(湖南)作為楚地和楚國軍事重鎮的時間長達800多年。秦漢時期秦代長沙郡之郡治秦國滅掉楚國,在原楚江南之地設立“長沙郡”。隨著秦王朝的誕生,長沙郡為秦代36郡之一,郡治湘縣,即長沙的在秦朝的稱呼。從秦代開始,長沙開始納入中國統一的政治版圖,並第一次明確地以一個行政區域載入史冊。秦代長沙郡涵蓋今湖南大部分、湖北省以南、江西省西北和廣東省的連州市、廣西壯族自治區的全州市等地,面積幾乎相當於今湖南全省。漢朝長沙國王都秦朝滅亡,漢朝建立。劉邦稱帝之後,公元前202年封西漢開國功臣吳芮為長沙王,以原秦長沙郡建長沙國,將“湘縣”改名“臨湘縣”為國都,長沙國是湖南省曆史上第一個諸侯封國,長沙王為最高統治者(最高官員),王位世襲;自東漢時期朝廷對諸侯王國改變體制之後即公元前144年,長沙王實際成為有名無實的番王。長沙國從前202年始封至7年廢除,存在200多年,長沙國先後分為“吳氏長沙國”和“劉氏長沙國”兩個時期。公元8年,王莽篡位建“新朝”,長沙國改名“填蠻郡”,國都臨湘縣改名“撫睦縣”。公元26年(建武二年),東漢皇帝劉秀遙封西漢末代長沙王劉舜之子劉興為長沙王,複建長沙國,公元37年,又將長沙國廢除,改為長沙郡。三國兩晉南北朝時期湘州改制為湖南和長沙行政建制史上的標志。由於長沙地理位置的重要,長沙作為地方行政中心,其地位與作用更加鞏固。三國的長沙郡,行政範圍基本局限於湘江以東地帶,隋朝的長沙郡跨越湘江至整個湘中地區,從而基本上奠定了從此直到清朝長沙建置的規模。隋朝的統一,湖南重歸統一的中原中央政權管轄之下,與全國其他地區的往來與聯系不斷加強,獲得了一個廣闊和相對安定的空間。東吳荊州長沙郡三國時期,從219年孫權奪取長沙,直至279年西晉滅吳,長沙屬於孫吳之地。孫權稱帝後湖南政區發生變化,今湖南的大部大致屬當時的南郡、武陵郡、零陵郡、桂陽郡、長沙郡、臨賀郡、天門郡、衡陽郡、湘東郡、昭陵郡共計10郡,隸屬荊州。 257年,長沙東部為衡東郡(治所翻縣,今衡陽市),西部為衡陽郡(治所湘鄉縣),益陽縣南部之地析出新陽縣(今寧鄉縣),治所在溈水河上遊(今寧鄉縣橫市鎮一帶),屬於衡陽郡。 265年,長沙郡的安成縣(今屬江西省)和豫章郡、廬陵郡幾縣設立安成郡,長沙轄地進一步縮小,共轄臨湘縣、測陽縣、恢縣、醒陵縣、羅縣、吳昌縣(漢昌改)、建寧縣、下集縣、蒲沂縣等共計9縣,包括今長沙市、嶽陽市、株洲市3市地以及今屬湖北省的通城縣、崇陽縣、赤壁市3縣(市)地。三國時期的長沙郡,上有州(荊州),下有縣、鄉、裏,為孫吳時代的行政體制。除行政長官外,長沙郡屬諸曹的設置(官名)已經頗為全備,有掌“選署功勞”的功曹、管賦稅的田戶曹、管造船的船曹;有負責由貯租米、布帛的倉吏,收貯租錢的庫吏。縣以下的鄉也設有屬吏,簡胺中就出現了“東鄉勸農摻”、“南鄉勸農撮”的名稱。此外,還有“司馬”、“關丞”、“倉田曹”、“錄事”等。(資料來源:依據“長沙走馬樓”出土的簡牘整理)。西晉·南朝之湘州治所臨湘西晉統一中國後,沿襲漢代分封制。280年(太康十年),晉武帝封其第六子司馬乂為長沙王,以郡為國。

夏は3苗土地であり、殷と周王朝に、3苗は消えたが、3苗の子孫がまだ住んでいて、土地のこの部分に掛けて、その後、長沙属」ヤン越古代の越の人々(古代長沙、ヤン越越の男性)作成し、ビートに、より特徴的な文化を形成しするように、ヤン越の地""として知られ、「(ジン·マンとも呼ばれる」)」

長沙を発見した最古の記録の一つ「沙」が「長沙の亀」1種類で、敬意を祝うために王子。チャン越の人々まだ、ツールとして主に石に、一族の生活をし、茅葺きの半地下の家に住んでスラッシュに頼ると中央平原に生産。

長沙。チュー長沙へのアクセスに加えて、何百年もの都市で楚の建国戦後、徐々に文化や降下中に古代の越の人々は(を含む都市、同化すること)が確認されるように、長沙チュー越文化は代替文化です。チューの南下ので、長沙の鉄器時代に、制作ツールと中央平原と江漢地域の生産経験を持って来る、長沙は、このように封建社会に入った。

国が弱い場合チューは孫潜在的な日付に、国の王子、特に秦チューを繰り返し王建秦の将軍ハンサム軍隊南チュー、チュー長沙南部の残党を倒すために、222年前に、戦争を行う政治的、軍事的、土地の中心の南に秦に征服された。

国が弱い場合チューは孫潜在的な日付に、国の王子、特に秦チューを繰り返し王建秦の将軍ハンサム軍隊南チュー、チュー長沙南部の残党を倒すために、222年前に、戦争を行う政治的、軍事的、土地の中心の南に秦に征服された


楚文化と中原文化
東周以後,進入春秋時代,也是中國歷史上的動亂年代, 春秋末期,楚國(荆楚)的勢力進入長沙。東周王朝の後、春と秋の期間を入力し、不安はまた、中国の歴史であり、 春と長沙遅くまでチュー(朱)力。 戰國初期,越國滅吳,楚越對峙開始,長沙成爲楚國東南邊睡的要塞。 戦争初期に、呉越楚の征服は、より対決は長沙南睡眠のチューGuodongの要塞となって、始めました。 戰國中期,楚國實行變法,國力強盛,對南展開大規模的軍事行動,湖南全境納入了楚國版圖,長沙成爲楚國南部的軍事重鎮,包括湖南湘北、湘中、湘南廣闊地域的政治軍事中心,楚國在長沙建立了城邑。戦国時代、楚政治改革、国家の繁栄、南に楚の国の領域に大規模な軍事作戦、湖南省全体の領土を開始しましたが、長沙軍の町になっ楚国南北湖南などの部門、湖南、湘南の広い地理的、政治的長沙楚の都市に設立され、軍センター。 楚人對長沙的進入,加上經過數百年的戰爭,古越人消失了,長沙古越文化被楚文化替代。チュー長沙へのアクセスに加えて、戦後何百年もの間、古代の越の人々は、楚文化の張越の文化を交換しなければ、姿を消した。

楚人的南侵,帶來了中原和江漢地區的生產工具和生產經驗,使長沙地區進入了鐵器時代,長沙結束了商周以來延續了1000多年的原始狀態,直接進入封建社會。チューの南下は、その長沙の鉄器時代に、制作ツールと中央平原と江漢地域の生産経験をもたらし、殷と周の長沙の終わりには、元の状態から、直接、封建社会に千年続いた。





古長沙越人為揚越的的一支)到這時創造和形成了富有特色的越文化,以拍印的幾何紋飾硬陶 即印紋硬陶是。





印紋硬陶。夜須町文化財課蔵須恵器は同一である。



c0095642_20455265.jpg" target="_blank">



c0095642_20442130.jpg


中國南方長江流域楚文化圈中,其文物的美感朝精





これら須恵器は、大阪陶邑に移動した土師氏事前田氏、陶工の、前地は、北部九州であった。

土師氏族は、中華浙江省武夷より、十万の民で、船で、渡って、小郡の干潟に、着いた族の一部であった。
夜須の三牟田や曾根田の前田は、土師氏の拠点となった。七世紀の奏言郡大領の菅原道真公の祖は前田臣、といい土師氏であった。
土師氏族は朝鮮半島から五世紀にやって来たというのは、捏造である。


土師氏族は中国の浙江省武夷宮の、祭祀の土器を製造していたのであり、
浙江省から、ねずみ色の硬質土器椀等が出土しているのは、須恵器と同じで、紀元前百年前、漢の武帝が、越王丑、の十万人が、土地からいなくなって、無人となったと、記録している。
甑が城山遺跡から別府大学考古により、調査で、浙江省と同じ甑の天円地方の文化が、見えて゛いて、北部九州の天円地方の文化が、受け継がれている。



[PR]
# by kouhoka | 2014-02-14 20:42

須恵器土師器陶工の渡来は、朝鮮半島からでは、なかった

須恵器土師器陶工の五世紀渡来は、朝鮮半島からでは、なかった。

すべてのモノには代名詞が、ある?

朝鮮半島からは、無紋土器である。

が、?須恵器、土師器、陶工の渡来は、紀元前百年前だった。

ここに北部九州渡来の、代名詞は?漢族である。
中華とも、華夏族の代名詞は、漢字を使う事からきている。

見てほしいのは?この写真?




c0095642_205466.jpg


にもあるように、九州歴史資料館学芸員の、小田和利学芸調査室長の、祭祀楽器の可能性もありえるとしている。大いに期待されるだろう。
ラッパは、朝鮮半島からは出土していない。

写真でラッパの、先に△の切れ込みが、あるのが注目される。
三角は神の印で、音を出すのに、関係するのは儀式が行われていたという事実が出ている。

土器は祭祀に用いられるというのが、土器の代名詞でもあった。


筑前町文化財室保存の、須恵器壺に、印紋硬陶と同じで、夜須の窯でつくられている。

c0095642_2085292.jpg


このように、土器は江南から渡来した紀元前の工人陶工作によるとする。


中国江南地方から発掘された須恵器と同じであった。



c0095642_2012242.jpg


廣州浮扶嶺古墓群發掘と一致している。

このように、土器は江南から渡来した紀元前の工人陶工作によるとする。

次に、土器に刻印されている文字は古代中国春秋時代からの、象形文字が小郡からも出土していて、武夷越宮から十万人がいなくなったのに、相応していた事が象形文字が小郡からも出土で判明している。

何故に学者は、須恵器土師器は、五世紀朝鮮から渡来した、としているのか、不明確である?
日本の歴史は一からやり直せ?

赤土色の土器は野焼き、ではない。
[PR]
# by kouhoka | 2014-02-14 20:13

漢越古装が中国で大流行

日本の先祖だから、日本も古装漢服が大流行西洋服は、清明朝と似ていて、アキが来た。 本場児島宮に集まろう、今年は中国の古装漢服が大流行古装漢服姿で参拝すれば、男性の目を引き付けるのは、一番、結婚が、早いかも。注目の的

c0095642_19514116.jpg




c0095642_19574872.jpg



漢族の伝統衣装

《周禮》と民族文化を基礎に形成された民族の特徴を持った礼典服装飾体系、すなわち明末清初以前の漢民族

漢服を作って着てみようとする人は増加中
漢服を「漢民族の民族衣装」と認識している人は、中国人でさえ未だ少ない

漢服は以下でまとめてある事情によって、「一旦断絶し、今は古文書と想像で作っている」ものとしてしか伝わっておりません。

チャイナ漢民族衣装


中国独自の文化が再評価されるなか、漢服もブームとなりつつある

中国ではここ最近、漢族の伝統衣装「漢服」を盛り上げようという運動が出ています。


汉服で、中国の漢族の伝統衣装(1.襦裙篇)
どうしてこんなに、美しいのだろうか?それが児島宮に行けば、できる。
神が住む児島宮御中主

みんな美しくなろう。

雲南省の漢族の女性の民族衣装を研究対象として選びました。東京大学東洋文化研究所




漢民族が絶滅することはありえず、仮に絶滅したとするならば、
今のような中国という超大国は存在せず、いくつかの分裂国家が、群雄割拠を繰り広げて、
恐らく、中国全土を統一するような国(民族)は、存在しなかったのではないでしょうか

「漢民族はその昔、漢民族とは称されておらず、華夏族と称されていた。漢民族という名称は漢王朝(BC 206~AD 220) の時代から今日まで使われてきてはいるが、今でも本土の中国人は中国のことを華夏という。

チャイナドレスの横スリットがあんなに深いのは 騎馬民族衣装の名残だろ 漢民族の生んだ衣服ではない
というのを当の中国人も認識してない。




c0095642_20431034.jpg





c0095642_2044129.jpg

[PR]
# by kouhoka | 2014-01-21 19:52 | 日本はすべて一致

楚が杞を滅ぼす

楚が杞を滅ぼす
前445年 周貞定王二十四年 楚恵王四十四年
杞国(山東安丘東北)は斉国と隣接しており、斉に恃んで楚に従おうとしなかった。そのため楚が兵を出して杞国を攻めた。
楚軍が勝ち、杞国は滅亡した。
楚は泗水まで領土を拡げた。


中国に「漢方は二千五百年。茶は四千年」という言葉があるそうです。漢方薬は二千五百年前から使われ出し、茶は四千年前からあると言うことだそうです。
 現在「茶」の木の原産地は雲南省と四川省に近い山間部とされています。

中国の伝説では「農業や薬草の神」とされる「神農」が木陰で湯を沸かしているとき、一枚木の葉が鍋に落ちたが、その木の葉の落ちた湯が何とも芳しい香りがしたため、思わずその湯を飲んだ。これが「神農」の「茶の発見」といわれています。

「福建」では「武夷」
[PR]
# by kouhoka | 2013-11-13 19:51

弓削氏が、上秋月の多々良に、鍛冶をおこなっていた

弓削氏が、上秋月の多々良に、鍛冶をおこなっていた事が、白木神社に、あり、守人の内田しげる氏の話により、白木(新羅)社が、妙見神社の起こりと、なったと、いう。
妙見神社は古く、雲南の浙江省、武夷山城村から渡ってきたという、ウガヤ丑尊によって、有明海の沿岸についた、地名にも、周辺には、
妙見に類するいわれが、伝わっている。
小郡にも妙見神社の起こりと、なったと、いう。

妙見とは、太陽信仰の北斗七星から起きていると、児島宮は、発表していた。

上秋月の多々良の伝説はこの、新羅との関係を、記しており、
新羅祖の王は、夜須のウガヤ丑尊と妻の玉依姫の間に、できた男が母玉依姫の里にいったと、「記紀」に記している。

タタラとは鉄や銅の鋳造のことで、
古くはメソポタミアで、始まったといわれる。
鉄や銅の鋳造は、朝鮮半島から日本に伝わったと、見識のない考古学者の、推察は、新羅祖の王は、夜須松延平山城のウガヤ丑尊と妻の玉依姫の間に、できた男が母玉依姫の里にいったのを、知らない。

白木神社に、あり、守人のしげる氏はさらに、
語り、この白木神社の真北の山には古代の、かたりつぎで、
鉄魂が、とれていたと、いう。
白木神社の近くの川の中から、鉄魂の鋳造が、行われていたことを示す、鉄魂を、守っていると語った。

この説話により、
弓削氏が鉄魂の鋳造をしていたことが、白木神社の解説板で、確認される。
この話に付属するのがメソポタミアの宇宙信仰と妙見の類関係である。

私が調査したところ、守人のしげる氏の案内により、
白木神社の神体が、石由来に、なっていた事が解った。

白木神社の由来は、
弓削氏が関わっていた。

弓削氏が製作したという鉄の矢じりが、発掘されているという。

平安時代初めの『先代旧事本紀』では物部尾輿が弓削連の祖である倭古連の女子、阿佐姫と加波流姫を妻としたとある。また尾輿と阿佐姫の子守屋は弓削大連と名乗った[13]。『日本書紀』でも守屋は随所で物部弓削守屋と呼ばれている。

白木神社の由来はこりの頃(平安時代初め)ということが解る。

物部守屋の後裔を称して河内国若江郡弓削郷を本貫とする。守屋の母姓弓削に因み後裔は弓削を称する。
 天平宝字五年、弓削道鏡は近江保良宮で孝謙女帝の病を癒して寵を受け、以後栄進して太政大臣禅師さらに法王まで昇るが、宇佐神託事件により失脚してその後下野薬師寺別当に左遷される。


八尾市東弓削町1丁目 (志紀駅の北側) 八尾市弓削町1丁目 (志紀駅の南側) 最寄駅:JR大和路線「志紀」下車、. 八尾市内には弓削神社を名乗る社は2社あり、国道25号線(というよりJR大和路線「志紀駅」の方が分かりやすいが)古代から近代までの資料が
付火により、八尾市考古資料が、消失廃塵に帰した。

この事件の背後には、明治以降の天皇が関係しているのだろう?

布都御魂神の別名と言われ、物部氏族の弓削氏との関係は、
弓削氏が鉄魂の鋳造をしていた事が相似している。

物部守屋は『日本書紀』等で弓削大連とも称されます。この一帯に縁故の人物だったようです。
『旧事本紀』は、彼の母が弓削氏のむすめだったとしています。

弓削氏(ゆげうじ、ゆげし)は、古代の日本で弓を製作する弓削部を統率した氏族で、祖先伝承や根拠地域が異なる複数系統がある。


72年)は奈良時代の高僧で、八尾市南部を拠点にしていた豪族・弓削(ゆげ)氏の出身です。「弓削(ゆげ)」という文字は、今も八尾市の地名に残っています。
[PR]
# by kouhoka | 2013-10-28 19:57

夜須は日本のはじまりだった

やすは、何も根拠がなく、つけられたのだろうか?
これに答えます。
やすは、始まりではありませんでした、
やすには、古代中国からやってきた、武夷の城村の越人の王に由来していて、
越祖に、ありました。
浙江省の会稽という所、に安邑というところがあり、
ここには神の神殿が、夏王朝時代より、続いていました。
実はその安邑に因み、夜須としたのは、竹枝というのに、相対していたのです。

漢字辞典のように、同じ音韻から、出きたのが、夜須の起こりという事が解りました。

c0095642_1743275.jpg

これは枕です。武夷の城村の越人と同じ枕でしょう。



これは夜須の鳥巣窯という所から出土した、碗で主に祭祀に、用いられていたようです。
c0095642_1765261.jpg
 


これは同じく弥生初期の夜須の鳥巣窯で製造したもののようです。



c0095642_1791362.jpg



いずれも、古代中国の春秋時代の文字が、刻印されており、夜須が証明できるでしょう。



c0095642_1713394.jpg

壷の首のところに、古代中国の春秋時代の文字が、刻印されており、夜須が証明できるでしょう。



日本じゅう、探しても、夜須以外の弥生初期の、穴窯の磁器は、見つからないでしょう。
ほとんどは、三世紀以降に各地でつくられたと、思います。



c0095642_17183568.jpg





これはウガヤ丑王の王冠と妻の玉依妃の王冠です、新羅の王冠はそれよりも、後の王冠になります。
それは神武天皇の兄から、伝わった王冠のようです。
c0095642_17233438.jpg


c0095642_17241127.jpg



この甑は、武夷の城村と同じ窯゛しょう、夜須の小隈窯から調査により出土しています。
c0095642_17261964.jpg



夜須の小隈窯の写真




c0095642_17301375.jpg



c0095642_17314277.jpg


[PR]
# by kouhoka | 2013-09-04 16:57

大徳寺が茶なのは

五山十刹の寺院を「叢林」(そうりん)と称するのに対し、同じ臨済宗寺院でも、大徳寺、妙心寺のような在野的立場にある寺院を「林下」(りんか)という。

多くの茶人が大徳寺と関係をもっている。
何故茶人が大徳寺と関係しているのか?

武野紹鴎、は「賤民出身」とされるので、茶には関係がないだろう。
武野紹鴎、は大徳寺に結びつかない。
では千利休は、茶は誰の影響になるのだろう?


千利休は大永2年(1522)和泉・堺今市町(大阪府堺市)に生まれた。 本姓は田中。父は堺で「魚屋ととや」という魚問屋や納屋なや(倉庫業)などを営む与兵衛、

茶の湯には二つの流派があった。
足利八代将軍・義政の茶頭さどう(茶の湯の精神や礼儀作法を指導する者)であった能阿弥(のうあみ)による東山流と、能阿弥の生け花の弟子だった村田珠光(むらたじゅこう)が開いた奈良流である。

では大徳寺はどちらの影響を受けているか?

無論それは足利氏、である、それは武家と天皇と関係があるからである。
千利休は、能阿弥の生け花の弟子だった村田珠光(むらたじゅこう)の影響が町衆の千利休に残っている。

武家茶こそ、織田信長のつけ家老佐久間信盛父子、に境町で、広まったとなる。
では村田珠光は、
足利八代将軍・義政と関係が深い・

ては佐久間信盛父子はさかんに、境の町衆と、茶会を親しんだという。
茶の由来は、この境の町衆と、茶会を親しんだのに由来している。

今のように茶道が残存しているのは由来とは別にしなければ、ならないだろう。
みんなが違うのは茶は、茶道が由来ではなく、
親しむ=茶が、由来していた。
ここに、信長の、つけ家老佐久間信盛父子は、さかんに町衆と、茶会を親しみ、武器鉄砲の取引を、するきっかけにしたのである。

これは後に、鉄砲の師匠筑紫野の市川家と、児島家との婚姻が示していた。
佐久間信盛父子が、茶器肩衝を求めたとあり、孫の探幽が、他人の手に渡っ
たのを、買い戻していたとある。
武家の茶親しむ=茶は、取引にも、さかんに器が流通していた。
又、日本語の親しむには、
美意識があり、掛け軸や菓子が最も重要であった。

今の茶道とはまったく、別に茶の由来がある事が判った。
もっとも普及しているのが、
武家の親しむの、掛け軸は、浙江省の歴史と深い関係が、茶の由来に相似していた。
掛け軸書画は、
古代春秋時代の人物に、掛け軸は由来していた。

これは禅の大徳寺に結びつくのは?天皇の歴史を秘めているのである。
武家はどうして?
大徳寺に、とむらうを、求めたのかは?殉死に深く関係していた。
大徳寺は天皇に尽くした人物が、
ほうむられるのは、
出雲の阿国に準じていた。殉死こそ忠義で、禅と深く関連があった。

忠義失くして、善とはならないという事に寄与する。
高東院はもっとも色濃く残しているのは?
佐久間信盛父子の先は、
児島高徳で、
浙江省の歴史と深い関係があり、
越王勾賎の、姒裔が児島高徳で姒裔が佐久間信盛父子であった。
[PR]
# by kouhoka | 2013-07-14 09:56 | 神々が選んだ人間の為の役割

神仏の罰(目に見えない力による罰)がある

告朔(こうさく)についてである。Wikiには以下のように説明されている。
罰を与えることを制裁という
神仏の罰(目に見えない力による罰)がある。

犯した罪にたいするまぎれのない神の懲罰のしるし。
囚人たちは、頭だけをリークし、鉄の箱の内部にロックされています。 然後用一個大錘子砸下去,後果可想而知。 その後、ダウン壊し大きなハンマーを使用し、結果は想像することができます。

罪によって厳しい懲罰を受ける。

蛇(蠍)が牛の息や性器に迫り、ミトラ神が聖刀で牛を裁く図象が上段の獅子と共に必ず見られる。これは、宇宙を牡牛座(時代)から御羊座にシフトさせるミトラ神力を定義し、水瓶座と同じ不動宮に属する御牛座、獅子座、蠍座の4宮を宇宙軸とした天文術星図の見解

これによって、恐怖にもとづく懲罰方式から、秩序と時間遵守による懲罰方式への転換を認識するようになっている。
[PR]
# by kouhoka | 2013-06-12 09:53 | 日本はすべて一致

似たよなものとは、受け継いだから、似たよなものが再生しているのです

似たよなものとは、受け継いだから、似たよなものが再生しているのです

住んだ民族の他を於いては、みられません。

日本人はいったいどこから来たのですか?

にほんの名は?から

にほんの名は、いつごろ?
いきづまり、になってしまう。
やはり児島宮を知らないと、始まらない?

「日本」の表記が定着する以前、日本列島には、中国の王朝から「倭国・倭」と称される国家があった?ん、?何も記録はありません。倭国など、記載はどこにも見当たらないのです。

やはり児島宮を知らないと、何も始まらない?
メソポタミア渡来説も確証は取れないのです。

邪馬台国さえ、見当たらないのです?
いきづまり、になってしまう。
皇室に聞いても判らないが?んー 何故なの?

天皇としているが?なのに天皇や宮内庁が伊勢神宮に名っているが?んー?天皇さえ、判らない、天皇陵管理している、天皇や宮内庁が判らないとは???????????????
家紋が十六葉菊紋としているが?それさえも、何も判らない、???????????????

何故それなのに、やはり児島宮を知らないと、始まらない?
何かが児島宮にはある。

「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)」(『古事記』)
「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいほあきのみずほのくに)」(『日本書紀』神代)
それさえも、いきづまり、になってしまう。
やはり児島宮を知らないと、何も始まらない?
古代史は歴史は?やはり児島宮を知らないと、何も始まらない?

日本国の名前の由来って何ですか??????????

『ウィキぺディア』や『語源由来辞典』を転載するのが大流行ですが
もし『ウィキぺディア』の説明をご希望でしたら初めからそちらで検索してください。
そうであれば「知恵袋」の意味はありません。
それなのに確証は、取れない、??????????

「日出處」(『隋書』倭国伝) 中国の隋に対しての「日沒處」(同) 陽と陰では何も意味が判らないのです。

早速ですが質問です。「日本」ってなんで、「にっぽん」というのですか?誰か教えてください。

安土桃山時代にポルトガル宣教師によってまとめられた「日葡辞書」によると、読み方は「ジッポン」
ここにもやはり児島宮(ハビアン)を知らないと、何も始まらない?
相撲に歌舞伎も甚句も、昔ものがたりも、児島宮(佐久間不干斎(ハビアン)を知らないと、何も始まらない?
[PR]
# by kouhoka | 2013-06-04 20:09 | 似たよなものとは、受け継いだ

天から賜わる、善には善果、悪には天罰

2013/5/9 15:29

「天から賜わる」
意思就是“天赐良机”。
天(てん)の配剤(はいざい): 善には善果、悪には天罰というように、天は物事を適切に配するということ。
帝王というものは天から賜るもの 。
根源主として役目に就き、階層の一つを天から賜る。 ・天使及び天使階層が出来る前のひな型となる存在の一人。

(天福とは天から賜るさいわい、天与の幸福、祝事、皇位継承の証として先代の天つ君から賜るもので、基本的には次の3種を言う。 陽陰なる文 (あめなるふみ)。

扶桑(ふそう)の国?

悪には天罰が下される

深海の目の見えない、くじらが,上がったと知らせ?何を意味するか?

鯨の五感・器官の役割
クジラは音に敏感で、超音波を聞いて方向を決めているといわれている。地震の発生前にも音波が出る。

静岡県といえば東海・東南海・南海地震の3連動地震。
深海魚 大地震の予兆が続々
日本海で深海魚を次々捕獲!地震の前兆現象か?
大量のキュウリエソだけでなく、巨大“地震魚”サケガシラまで打ち上げられていた。

先月 13日(2013年4月)早朝、兵庫県淡路島であった震度6弱の地震は、18年前の阪神淡路大震災を思い起こさせる揺れだった。


日本に何かが起きようとしている?
[PR]
# by kouhoka | 2013-05-09 16:21 | 日本はすべて一致

 「小隈窯跡群」における初期須恵器の生産に携わった工人

二号窯跡の断面を見ると、床幅は1.5mであり、側壁は現況で高さ0.9m
三基も確認されている、(2012)
この窯跡について、生産に携わった工人は工人は朝鮮半島から渡来した集団と佐藤正義氏は、検討されているが、
朝鮮半島ではなく、
丘陵斜面を利用した登り窯の構造は、中国浙江省会稽安邑が最も古い。

c0095642_8593559.jpg

一号窯跡の東の灰原から出土した
c0095642_905062.jpg


初期須恵器の生産を行った窯跡が二か所知られている。  三並の鳥巣池の北岸に立地する「八並窯跡」がその一つである。

児島宮歴研会では、平安時代に至る祭祀磁器は龍窯(のぼり窯)としている。
武夷城村の武夷宮には、山裾に龍窯(のぼり窯)が、確認され、武夷と文字が「古事記」に流れ
(系、トーテム)と記している。
今までの歴史はすべて憶測によるもので、書き改め、直しが求められる。
猶、著作権は児島宮にある。
児島宮でなければ、解説は不可能である。

5〜6世紀の大阪陶邑産須恵器の分布夜須-3-小隈窯跡群( 福岡県甘木市)周辺の古墳出土須恵器の産地。

平安時代に至る祭祀と関わるのは、天皇家でもなく、初代から延々と続いている児島宮家だけしかない?
児島宮家とは?
児島宮は承久年時の後鳥羽上皇の息、頼任親王(児島宮)とあり、冷泉宮呼ばれていた。
頼任親王(児島宮)後胤児島高徳が、宮家の祖となっている。

私達が知っているのは、天皇の後胤と、しているが、
宮家の由来は、日本がまだ始まる前から、あって、古代中国なくしては、語る事はできません?
天の宮が宮家の由来で、
是と関係しているのは、今から5000年前の夏王朝の、夏后、だけである。

天皇後胤が天皇家なのか?
これは、中国の王朝の夏王朝、の王女と結ばれて生まれた子が、殷族の、周王朝、で、息は七国に分かれ、春秋時代へと移る。
周王朝の王の室となった、国王が覇者となり、呉国と越国が、覇者闘争になるが、
覇者になっても、
強国だけでは、天の祀りは、行えませんでした?それは天子ではないからです。秦の始皇帝話

言い換えれば、
天の流れを汲んでいなければ、天皇ではないのです。ここに天の宮家が、本来の天皇にあたるのです。
天皇に関わる社は日本に残っているのか?
大覚寺、仁和寺、大徳寺が、天の宮家とその臣下となって伝わって、いるようです。

祭祀磁器は龍窯(のぼり窯)との関係が、おわかりになりましたか?
天の宮の流れを給(たまわる)んで、龍窯(のぼり窯)が営まれていたのです。
給(たまわる)という象形文字が、壷に刻印されていて、八並窯跡から出土している。
ここに龍窯の由来が、?のぼり窯は、天から賜わる磁器となっていた。
ここに三角法則が出ている?
三角法則も?天から賜わるである。

今の神社仏閣、にはそれが当て、はまらないようです。

現代日本人が知らない日本語?は天から賜わる方式である。
[PR]
# by kouhoka | 2013-04-17 09:01 | 夜須小隈窯は日本最古

夜須の小隈窯は紀元前70年前

夜須の小隈窯は紀元前70年前
裏付けはトルコ石の首飾りや金の耳飾りと、硬質土器の三点が出土した。
須恵器は朝鮮半島説とされていたのは、誤りである。
これには朝鮮半島に、神武天皇の兄が、新羅の王になった、事にはじまり、
新羅の王に倭人が就いてきたと記録もある。

朝鮮半島からやってきたのは新羅の王が倭人だったからです。
『三国史記』は、新羅(しらぎ、シルラ)の建国神話を次のように伝えている。紀元前に慶州(けいしゅう、キョンジュ)の山野の間に辰韓(しんかん、チナン)六部と総称される六つの村があった。紀元前69年、六部を率いる長たちが閼川(アツセン)の丘の上に集まって大事な打ち合わせをしていたとき、蘿井(ナヂヨン)の林で馬の嘶くのが聞こえた。六部の村長たちが近寄ってみると、白い馬が1頭、大きな卵をしきりに拝んでいた。

新羅の前身は韓族の斯盧(しろ、サロ)という一小国だった。中国の歴史家・陳寿(233 - 297)が著した『三国志』の中の「魏志」東夷伝によると、3世紀には朝鮮半島南部は馬韓・辰韓・弁韓と呼ばれる三韓がそれぞれ小国の分立状態にあった。

中国の漢の武帝が統治し、
ウガヤ丑王は、その漢の武帝に紀元前111年前に、ふわ、に渡り、斯盧王女を妻にしていた。
夜須の小隈窯は新羅の王の年代と、一致する。
漢の武帝は三韓を握っていたとある。

3世紀には朝鮮半島南部は馬韓・辰韓・弁韓と呼ばれる三韓がそれぞれ小国の分立状態にあった。そのうちの一つである辰韓は十二国で構成され、その一つに斯盧の名が見える。

倭人が出稼ぎに行ったのではなく,新羅地域にも倭人が住んでいて,鉄を掘っていたということです。 ... 新羅王に日本人: 朝鮮半島にも「三国史記」という正史があります。
この証明は児島宮しかできません。

瓠公は夜須原の住人で、天のヒ矛に、就いて渡ったという。

都於邪靡堆、則魏志所謂邪馬臺者也。古云去樂浪郡境及帶方郡並一萬二千里、在會稽之東、與儋耳相近。
在會稽としたのは、
越王丑が、會稽やす、の元王であった。

紀元前108年、漢が衛氏朝鮮を滅ぼし、半島中央に楽浪郡など漢四郡を置いて朝鮮半島北部を支配した。

紀元57年、「後漢書」東夷伝に「倭奴(いど)国王は後漢に使者を送り光武帝から印綬(漢委奴國王)を受けた」とある。

斯盧(しろ、サロ)からきていた、豊玉姫と玉依姫。
新羅の前身は韓族の斯盧(しろ、サロ)という一小国
「斯蘆」という文字の発音は現代日本語では「しろ」現代韓国語では「サロ」だが、 漢字の上古音では「シラ」である。 ... 年には新羅王楼寒(ろうかん、ヌハン)の朝貢が行われ、その際に新羅の前身が辰韓の斯盧国であることを前秦に述べたとされる。

時代は紀元前57年に、斯盧(後の新羅)が朝鮮半島の南東部で前漢から自治権を認められた年に始まったとする。ここにあるように、丑王の子が、新羅王となった。

斯盧国は503年新羅と国号を改めた。4世紀の始めに、新羅は国境を接していた伽耶を吸収したことが知られている。新羅の都は徐羅伐(今日の慶州)であった。

慶州の王冠と夜須の丑王冠が似ているのも、親子だからである。

斯羅は〈三国志〉に見られる“斯盧(サロ)”と〈三国史記〉〈三国遺事〉などに見られる“徐伐( ソボル)”“徐那伐(ソラボル)”から始まり慶州 ... この他にも誕生説話が伝えられている。
このように、斯盧(サロ)天之日矛(日本書紀では天日槍と書く)は丑王の子であり、日本の領土であった。

三国史記には新羅への数千人規模の倭人渡来の記述が見受けられる。
韓国の新羅建国に関わった、釧公という人物がいる。彼は日本人であるとされ、腰にひょうたんをぶら下げて海を渡ってきたから、釧公と呼ばれたという。

韓国国内にて朝鮮民族を韓民族・韓人と呼称するが、これは新羅建国前の韓人とは本質的に別民族である。

新羅建国前の韓人は別種なり。

紀元前後の朝鮮半島は元来、粛慎、?婁、靺鞨、沃沮、倭、?、?貊等、各諸民族の混在地域である。その後、秦の始皇帝の労役から逃亡してきた秦人によって移民国家である辰韓が建国される。(注1)また『魏志東夷伝』によると、東アジアからも『陳勝などの蜂起、天下の叛秦、燕・斉・趙の民が数万口で、朝鮮に逃避した。(魏志東夷伝)』とあり、朝鮮半島は移民・渡来人の受け皿的役割を果たしていた。また隣国、百済・高句麗等の扶余系民族(現在の満族と同系統)も国内に抱えていた。
百済・任那・伽耶・新羅地域においては、倭人特有の前方後円墳等の居住跡が発見にされていることから一定数の倭人が同地に居住していたとされる。また新羅王族の昔氏が倭人とする説もあり、日本による支配を受けていた時代もあることから、新羅の重臣には倭人が多数登用されている。(注2) 更に4世紀後半から6世紀前半にかけては、騎馬民族(匈奴・鮮卑など)の流入もあり、建国から滅亡まで時代により民族構成も変化している。
匈奴・鮮卑も日本と同じ夏人である。

辰韓、耆老自言秦之亡人、避苦役、適韓國、馬韓割東界地與之。其名國為邦、弓為弧、賊為寇、行酒為行觴、相呼為徒、有似秦語、故或名之為秦韓。(辰韓、古老は秦の逃亡者で、苦役を避けて韓国に往き、馬韓は東界の地を彼らに割譲したのだと自称する。そこでは国を邦、弓を弧、賊を寇、行酒を行觴(酒杯を廻すこと)と称し、互いを徒と呼び、秦語に相似している故に、これを秦韓とも呼んでいる。)
(新羅百濟皆以倭為大國多珍物並敬仰之恒通使往來)という記述があり朝貢関係があったことをうかがわせる。
[PR]
# by kouhoka | 2013-03-29 20:13 | 夜須小隈窯は日本最古

『児島宮伝記』

『児島宮伝記』

幼名は高丸。幼少の頃より、朝廷政事、殊に皇位継承に至るまで、幕府が干渉することに対して強い反感を抱いていたという。15歳または17歳のときに元服し、児島三郎高徳を称した。

児島高徳が『太平記』記中で、古代中国の事を『礼』として取り上げている。
日本では誰も今でも、証明は取れないでいるのに、
取り上げたのは、
越王勾践が、祖という事を知っていたのである。

「天勾践を空しうすること莫れ、時に范蠡の無きにしも非ず」

朝廷政事、殊に皇位継承に、こだわったのも、越王が日本の天皇の祖ウガヤと、知っていたのである。
現に亀山天皇より、醐醍醐天皇の後になる事、を、醐醍醐天皇に、亀山天皇より伝えられていたとある。
又、児島高徳は、大覚寺大僧正に、ついており、亡くなった後の戒名でも、晩年は出家し、志純義晴と号した。正式な法名は、志純義晴大徳位。

児島高徳は宮家祖であった、宮家とは、越の宮家の主体の事である。
児島高徳の後は、近衛中将にも続けて、任じている。
今、鬼瓦が、それ越の宮家を証明している。
児島高徳は城を愛知に立てて、その後継が佐久間信盛、という。
もともと佐久間は藤原系や、佐々木とも、つながっている。
佐久間中興の祖が、鎌倉の和田義盛、の子が、児島に婿となり、児島範長に至っている。

石清水八幡家の坊門家、は、紀氏とされ、紀家弘の女の婿になったのが、児島範長で、足利義満と、親戚にあたる。
坊門家、は後鳥羽上皇の時定家で知られる家で、天皇に繋がっていた。

実の天皇家は、宗家で宮家が、その証でもある。
[PR]
# by kouhoka | 2013-03-25 18:30 | 夜須人の源流

伝えること、見習うこと 

年頭によせて
「伝えること、見習うこと」
それは憲法ではありません。
学問教育ではありません。

「すまひ」[末比]天」天の御中主、
 日本が閉鎖されるより遙か前のことだから、相当経過している。
伝えること、見習うこと。
どのような人の前でも、いつも真相を伝えること。

弟子は師に見習う。

モノづくり日本から見習うこと。

真似ること. 「学ぶ」ということばは、「まねぶ」が語源であると言われます。 全ての
学習は手本を見習うことから始まります。

《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「ひ」

「鑑」は金属製の鏡、また見習うべき手本。

http://smokakhai.progoo.com/bbs/thread_1.html

今年もお祝いを伝えることができて、
うれしいです。

相撲は天に、[末比]之

末比の語源由来について、
振る舞いとも、之。

平安時代の辞書『和名抄』に「相撲 須末比」とあるように、古くは「すまひ」と呼ばれた。

「すまひ」 とは?
神ことば、である。

平安時代の辞書『和名抄』に「相撲 須末比」とあるように、古くは「すまひ」と呼ばれ、ここにも、「すまひ」 とは?

といろいろな字があてられていた。

天に習う、比べる事から、「すまひ」 という。
神ことば、である。
現代人には何であれども、解釈は出来ない。

角杯サイコロの数七に相応する?基準と同じ
女媧(じょか、Nüwa)伏羲図
角杯ってなんのこと ものさし 
リュトンと呼ばれる杯の原型「角杯」はまさに古代メソポタミア発祥。

イランの歴史は近隣のメソポタミア文明の影響を強く受けた文化が生まれた。

すえ【末】とは。意味や解説。1 (本(もと)に対して)続いているものの先端の方。

「すまひ」とは、ありさま。ようす。

今集や万葉集に憧れる古典的センスがどういうものかというとつまり枕詞のような年寄名が多いということで、枕詞とは例えば「黒」「髪」などに係る「ぬばたまの」や、「神」などに係る「千早振る」といったものである。

すまい 〔すまひ〕 【住(ま)い】 住むこと。また、暮らし。生活。

日本人が、日々の生活の中で何気なく感じた文化の違いをご紹介する。

アスナロの木. 中庭に2本のアスナロ(ヒバ)の木があります。 ヒノキに似ていることから、昔から「明日(アス)はヒノキに(ナロ)う」の意味があると言う説があります。

すまひ御覧ずる日……毎年7月、天皇が宮中で全国から召し集めた屈強の若者たちの相撲をご覧になる節日。毎年2~3月、左右近衛府から部領使(ことりづかひ)を全国に派遣、相撲人を徴発、7月15・16日ころ「召仰せ(相撲御覧を行うという勅命)」、7月26日に「内取り(仁寿殿の東庭で下稽古)」、28日に「召合せ(紫宸殿前で勝者選抜相撲)」、29日ごろ「抜き出し(前日の勝者から選抜し御前相撲)」と続く。

たづきなき旅の空なるすまひ……集まった力士たちが、故郷から離れた京にいて、しかも雨で相撲もできない、なすこともない旅であるのと同じように、宮仕えの宿直をする式部たちもまた、行事を見られず、することもなく旅の仮寝のような場所(宮中)にいる。「相撲」と「住まひ」を懸ける。
御覧とどまりにけり……「とまりにけり」とある

「神に見習うこと」であるが、
憲法下に、いては、何も、訳「すまひ」[末比]振る舞いは、通じないであろう。
何?「神に見習うこと」とは、いったい何?

「この現世の事は。よく神に見習うべきです。
人間的かケダモノ的か? 夏礼とは夏礼に見習う事である。継承にせよ 子曰く、殷は夏
の礼に因る。損益する所知るべきなり。周は殷の礼による。「子孫何。十世可知也。子曰
,殷因於夏礼。 日の丸は夏礼とは夏礼に見習う事である。




--------------------------------------------------------------------------------

[95] 憲法下に見習っては、 Name:児島宮歴研会  NEW! 2013/01/13(日) 11:27

憲法下に、いては、何も、訳「すまひ」[末比]振る舞いは、通じないであろう。

世界の現代は逆送している。
見習う3つのこと。
この現世の事は、よく神の教えを見習うべきです。
愛情豊かで、爽やかで清々しい神気を見習うことです。
日々の《気》持ちと《心》掛けが大事です。 心掛けには、《心をみがけ》と言う意味もあります。

私たちが見習うべき模範を忘れている。

崇拝
することではなく、神の摂理に忠実な生き方をした“人間の手本”として見習うことである。

売りにしている宗教団体、神社仏閣や霊能者は相手にしてはいけない。

主「天」に見習うことです。

天に、[末比]之


須末比とは?
相撲の由来古くは「すまひ」 禹はイラクメソポタミアのウ王が祖先でした。
サイコロ
[末比]天」
須とはしゅ、の事なり、然るに須末比とは?主は天なりの意味。

あめの御中主と同語。

日本のあるじは、児島宮。
平家と源氏の主は、後白河上皇と後鳥羽上皇である。

何故児島宮が平家や頼朝が、すまひ、ではないのは、[末比]天」のきまり事では、ないからである。
清盛も頼朝も、天から、ゆだねられて、なったのでは、ないのです。
まつり事の頂点は、天から、ゆだねられて、から始まる。

天子から奪い取るのは鬼、正しくはないという事である。



c0095642_11595760.png

[PR]
# by kouhoka | 2013-01-13 11:58 | 日本はすべて一致

新年の間違いで禍降りかかる、まつり事を間違うと、わざわいが降りかかる

c0095642_1338449.png


まつり事を間違うと、わざわいが降りかかる
事を間違うと、わざわいが降りかかる(相対性の論理)

事を間違うと、わざわいと、なって、帰ってくるとしています。

間違うとその後の過程も誤る?
人にわざわいをもたらす目に見えない隠れた者が 鬼(隠オニ)と呼ばれていた。 中国
間違えるなんてとんでもない事なんです。
本当は何にもわかってないんじゃないの?

膿んだ物は潰せ. 災いのもとになるようなものは断ち切ったほうが良いということ 。

「中身は何もないからアイドルだ」と本音を吐く。
本当は何にもわかってないんじゃないの?
原発アイドルは売らんがために中年男たちが「作った存在」だったのだ。
マスコミの功罪は、政治が「作った存在」だった。

衆議院選挙は、自民党が圧勝は?在日韓国北朝鮮人政財界が、「作った存在」だった。
中身は何もないから、選挙だ。
垣間見える日本社会の表と裏。
政治?「中身は何もないから」本当は何にもわかってないんじゃないの?

国民は、?「中身は何もないから能無し」本当は何にもわかってないんじゃないの?

『新年の間違いで禍降りかかる』
借金の保証人にはなっても、人の保証人にはなるなということ。「金請け」は借金の保証 人、「人請け」は奉公人などの身元保証人。借金の保証は契約金額だけにとどまるが、 人物の保証にはここまでという限りがない。うっかりすると、どんな迷惑が降りかかる事になる。

選挙に投票とは、人の保証人と同音。
行くなとしたのはこの為なり。人はあてにならない。
天下大乱になると、国も家も ..... たとえば、山から一土一石を 取ってきて、「これが山だ」と言ったら、それは間違いだ。
人選に誤りがあれば、他日、禍は諸君の身にも降りかかる。
本当は国民は何にもわかってないんじゃないの?

災難がふりかかる以前に、それに対する備えをしておかなければ ならない。
事のおこりは 自分に直接降りかかるということで、「雷吼の如く」驚くことになるとされます。

原発事故や敦賀原発破壊 の何千万何億倍もの禍が人類に降りかかり、地球の生きとし生ける物を絶滅させるだ ろう。

高校授業料無料化の功罪は、他人の保障をするという事になり、何千万何億倍もの禍が人類に降りかかる。なんでそんな事するのか?国民は?本当は何にもわかってないんじゃないの?禍は全国民の身にも降りかかる。政治家に投票したのが、?他人の保証人にはなるなということ。
生活ができないのは、国民が、他人の保障、政治家に投票保障したのが、間違いで禍降りかかる。


ここで憲法とは、他人の保証人に国民が、なるという事である。

やめるのが得策である。

資本主義、と社会主義とは、他人の保証人に国民が、なるという事である。

国民を苦しめる憲法を何故守る?本当は国民は何にもわかってないんじゃないの?

そんなに、したけりゃアー、他人の保証人に国民が、なるという事である。
[PR]
# by kouhoka | 2012-12-28 13:08 | 日本人の素質がなくなった

天の邪鬼語源

あまのじゃく. 【意味】 あまのじゃくとは、わざと他人の言行に逆らうひねくれ者。天の邪鬼。あまのじゃこ。 【あまのじゃくの語源・由来】.
天の邪鬼とは 飛んだやぶへびの事無意味無価値をいう
上のことばかり見ていて、下のことが判らないこと
下とは足元

天邪鬼像天の邪鬼(あまのじゃく、あまんじゃく)
あまのじゃく
とは、わざと他人の言行に逆らうひねくれ者。

あまのじゃく
の語源・由来. あまのじゃくは、「天探女(あまのさぐめ)」という悪神の名前が転化したもの
『古事記日本書紀』人の心の内を探り意に逆らうひねくれ者

仏教では人間のぼんのうの象徴としている
解釈と評価の違いで、仏教とはに、根拠が出ていて事無意味無価値をいう
天の利のほうが自然で、足で踏みつけているのが、仏教誤りを認めないので、足下になる意。

わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ。

当て字 言葉の元になっている
ヘソ曲がりな人を指す言葉
鬼がひねくれ者だったところからきている
仏教の教えを無学としたもの
神話とは「古事記」のことで天探女が出てくる段神話に登場する「天探女(あまのさぐめ)」という意地悪な女神からきた。
踏みつけられている
「瓜子織り姫」の昔話姫に化けたアマノジャクは人をだます。

屍体の中から再び芽生えるという、大自然の死と再生を現したもの。

つまり原点にはんするものは、皆踏みつけられる見本。

スサノヲがオホゲツヒメに食物を乞うたところ、女神は鼻・口・尻から種々のおいしい食べ物を取りだし、さまざまに料理し整えてさしあげた。これをのぞき見たスサノヲは、けがれた物を食べさせようとしたと怒って、女神を殺害してしまう。すると、殺された女神の頭から蚕が、二つの目から稲種が、二つの耳からアワが、鼻から小豆が、女陰から麦が、尻から大豆が化生したと古事記にある。

縄文人は土偶のかけらを土の中に逆立てて埋め、そこを聖なる場として祭っていた
瓜子姫は必ず食べられなければならなかった。アマノジャクは必ず細切れにされ、畑にまかれ肥やしに、しなければならなかった。

神や人に逆らい意地が悪く、人の心を探り、姿や口真似を得意とするが最後には滅ぼさ
れるという悪者の典型。天探女(あめのさぐめ)との共通性がある
人の思っている事の反対の事をしては人々を困らせる、それが天邪鬼。
天邪鬼には、人の
心を読みとる能力があり、その力二枚舌を使って悪さをする。

人間に知らなければを問うている神話
伝型的な悪人のこと
全然知らない人が、知る事は出来ない例えの教え。
現代日本と似ている、本質と知りながら、二枚舌で認めない事。
物事をよく見てると思い
きや、都合の悪い事からは目をそらしている。
いろいろと想像たくみ、なことを考えつくから頭がいいのかと思いきや、実に簡単に騙される。
物事をよく見てると思いきや、都合の悪い事からは目をそらしている。
真実を隠して、裏腹に偏屈事をいう。
原始時代の伝型的な象徴。
現代日本人に、相似する。
真実に相似しない事。

真実に添うのが、原理。

一言で云えば神に添わず、仏憲法に、添っているのが現代日本人。
今考えければ、自分は何に、動かされているのか?見ないで、動く事。
ほとんどの日本人が、知らないで解らない有様。

「天」は記紀の由来にもとづく。
今の日本人は、天皇を知らないで、又関係ないから、知ろうともしない事の表れ。
当者の、大室明治変天皇は、日本の天皇とは無関係としても、関係ないからと、知ろうとも、せず、見向きもしないのは、現代日本人は皆天の邪鬼といえる。
[PR]
# by kouhoka | 2012-08-08 06:55