<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本で、見つかって、いなかった文字の年代か夜須で明らかに、なった

c0095642_19415461.jpg
日本最古の灰色硬質土器が福岡県朝倉郡筑前町(旧夜須町)三並の梶原遺跡から、発掘調査で出土している事が、この地方は弥生初期にあたり、これは鳥巣うそう窯、が夜須広域からも、発掘されていて、中国の紀元前六百年前の春秋時代の前方後円墳から、同形が発見されていて、最古の文字と、鳥巣うそう窯で焼かれた、灰色硬質土器、最古の文字が一致している事、から、同じ流れが、見えている。これは夜須は日本最古を、表していて、中国の文字と、福岡県朝倉郡筑前町(旧夜須町)三並の梶原遺跡の文字入り、椀は、中国華夏人である事は、児島宮の歴史と、相似いている。
この夜須は五世紀にも隋の使者が夜須を訪れた、記録がこの夜須は中国華夏人であると記録していた。何と五世紀も、九州制度夜須があった事を物語って、いるといえよう。「記紀」の夜須は、やっぱり、中国から、渡来している事は、間違いない。
それが日本で、見つかって、いなかった文字の年代か夜須で明らかに、なった。
この他に夜須弥生からは、東小田の遺跡からは今年、石製の硯が、マスコミで報告されていて、不自然では、なかろう。
この)三並の梶原遺跡の年代は、今までよりも、六百年遡ていた。元、歴博の今村峰雄氏に、報告したとおり、夜須の年代は近畿大阪吹田の陶邑よりも、六世紀前に、なっていた。ここに、夜須に来ていた卑弥呼、神功は二世紀には、いた事が立証される。夜須には鬼神山があり、中国の、倭人伝にも鬼神祭祀を、行った事が、立証出来ると、児島宮歴研会が報告する。新年には、児島宮歴研会の万歳が、行われる。






[PR]
by kouhoka | 2017-12-02 20:25