「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鬼神之道を奉禹祭 越君之後

鬼神之道とは如何なるものや
於天皆助奉禹祭 越君之後,復夏王之祭。

大禹永眠会稽後、すなわち始めた守禹陵、奉禹祀の活動千年にわたって、以後、承は伝わるが絶えない。祭禹は歴史長いまた、多種の形式:や宗室族祭、または皇帝御祭、または遣を特祭、または春秋例祭。宋建隆元年(960)、宋の太祖なんか頒詔保護禹陵、始めは祭禹正式に列国常典。明清の朝の祭禹式と制度最も完備し、式も一番盛大。
その大禹 という神の封禅地は中国の越の地方にある会稽安邑と言うところである。
丑越王は、之により、九州筑紫の夜須と定めました。

古代の紹興祭禹の日は、通常、俗伝を大禹誕生旧暦三月五日
政府は人民を非常に重視する大禹陵廟の保護、よく資金調達の修繕。
「浙江省及び紹興市各界公祭禹陵大典」、空前の規模は、新中国の祭禹の始まり。

ゆう洪水英雄の歴史の中で最初に、彼は洪水をZhiping、九州を築いた、中華民族が土地を取り戻すために持っているので、彼は栄光次され、それが国民の共通の祖先である。
夏王朝の最初の王だったので、中国のです祖先を設立。
"春と秋Hueijiでゆう墓崇拝。」、ゆう智から回収 ゆう崇拝するだけでなく、複雑な、とゆうゆうの墓の隣には、寺を建てました。

それを主張する王の子孫がそう」、再Iゆうの墓の礼拝」
天皇は221 BC、秦Jianli統一多民族の封建的帝国を提供するプロ。

祭り:「礼記は、農村部の特別な犠牲」という:「ほとんどすべての日の、人々はほとんど祖先ので、神とこの地方のお祭りも、抗初めの新聞.. "当時資本毎年農村フェスティバルは、彼らが人々を養うため、李シュウ、そして天と地の神々との修飾が、ヒトの祖先と古代の君主である、山の天と地の神々を提供し、開催されました。
儀式まつり律法の書 "クラウド" Xiahou始皇帝もガン前駆センギョクと宗ゆうことを意味し、農村.......「可視秦王朝、農村の儀式の製品で最高の1を提供するよう皇帝ゆいます。
皇帝と八尾ゆうを崇拝する。

システムの帝国先祖の寺院の世代の模倣を历代帝王庙構築、その後、すべての資本アップ寺院の記念サービスに適した。
黄帝、颛顼、禹以唐高祖、太宗、高宗配食。于是郊祭之时祭禹与唐代皇帝祭祖同时进行。

ゆうは古代祭りの活動から、我々はまた、機能ゆう智の歴史の一部を見ることができます。

ゆうは古代祭りの活動から、我々はまた、機能ゆう智の歴史の一部を見ることができます。
自禹死葬会稽后,即开始了守禹陵、奉禹祀的活动。

禹以下六世孫少康,恐怕禹祭絕祠,乃封其庶子於越,號曰無餘。無餘春秋祭禹墓於會稽。無餘傳世三十五,至越王無壬,民眾「皆助奉祭禹,四時至貢」。由此可知,這時的民間祭祀已開始盛行。至四十四世越王句踐,「祭陵山於會稽」。

今の日本は粗末すぎる。

「平安時代の信仰と宗教儀礼」
祭に対しても「従,夜渡,東、奉幣、停,一禹神十列;加,一金銀御幣:」(「御堂関白記』)とある。
中国の古代のパレード:天から1346年のデモンストレーションを歓迎する。
歴史的な記録によると、最古のデートは戻って4,000人以上年前のパレードで夏王朝の成立の前夜に行われます。 当時、南部を開発するために、中国北部の華夏雨中の部族指導者は、河南省、今日のTu、部族指導者の嵩県と南部同盟の領土でした。

“禹祭”到“泥祭
中国的这类神话以“大禹治水”为最著名,最早产生于吴越,后传至中原;大禹被称作“地王”受到百姓的祭祀,俗称“禹祭”。

神话的中心点在越(会稽);越人奉禹为祖先。自越传 ... 种种迹象表明,“泥祭”脱胎于“禹祭”,“土母治水”源自“大禹治水”。

中国初の王朝の最初の王の後に私たちの国のために、古代の祭りゆいます。

それは国が先祖の寺院外を除いて再Siのゆうとゆう墓のそばだけではなく、始まり、寺ゆうを建て実証したと述べました。 「康Hueiji志"クラウド:"。神殿の建設が崇拝のゆうを実証した日本で始まった。
「呉越は、「相続人」

「我是無余君之苗末,我方修前君祭祀,復我禹墓之祀,為民請福於天,以通鬼神之道。」
[PR]
by kouhoka | 2016-10-12 15:28