「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す

徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す。
慶長十二年(1607)十月六日狩野孝信の次男として京都に生まる。
狩野孝信室は、佐久間信盛女で、妹は佐々に嫁いでいる。
大和絵と、
日末化せられた漢画の形態に転換した、儒教的精神が取り入れられたのである。それは、母の宮家による、ものでも江戸文化の中心となっている。
これにより床の間は、漢画を儒教する、床の間となった。
この漢画は江戸幕府の終末となり、明治以降、明治画壇により、漢画掛軸の用途、日本間は、次第に、西洋風画風へと、なり、現在は消滅に近い。
江戸狩野は、日本文化の、開会でもあったことになる。
戦国時代には、無かった、床の間様式は、探幽母の宮家の、児島宮家、佐久間信盛父子によって桃山文化の開花した時期と、云えよう。
これは誰も知らなかった日本文化の開花でも、あった。
ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
現代は日本文化が、西洋に、取り入れられた、となっている、これが解らずに、先祖に対し、近代化は恥ずべき、事態では、ないだほろうか?
現代人は、神の恩恵がなくなったから、文化恩恵の、日本消滅さえ、解らないのだろう。
戻そう日本の文化は、日本の象徴でもあった、事を忘れてはならない。
日本を知らずに、日本人は無い。

ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
憲法政治と日本人とは、別である。政治は戦国戦争時代で日本とは、別である。
日本を大切にしない、国会は、価値が無い。

何にも知らない現代人は、日本の意味も知らない?
邪馬台も日本の意味も知らない?

憲法は何も一致して、いません?何故憲法なのか、解らない現代?
遺跡調査は、破壊になるだけ、それは、元に戻らないから?
耶麻台の意味知らずに、日本は語れない?
宮崎鹿児島でもない、天孫降臨。
天皇は、日本では無い、それは天皇が一致していないと、言うこと。

天皇は日本でないというのは?

狩野孝信室は、佐久間信盛女? がなければ、日本文化は、無くなっている。
書き換えられた、すべての論文は、不正解である。
邪馬台国すら、書き換えられた、すべての論文は、不正解である。

佐久間信盛?児島高徳の末裔。
養秀院殿狐寶を得給ふ事狩野孝信 元亀二(1571)年11月25日~元和四(1618)年8月30日 佐久間信盛女子養秀院を娶る。 ☆養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信。
狩野孝信に嫁いだ宗序ムの女娘がいたとされる。
宗序ムとあるのは、佐久間信盛の宗の誤りである。
探幽の母は養秀院と言ふ。


天海と「三宅輪宝」信長始末記
名前:児島宮歴史倶楽部 日付:8月20日(日) 9時23分
門番の首を持っていたところ、北側から入ってきた三宅弥平次殿と伝令将校の二人がやってきて、「首は討ち捨てろ。」と言われましたので、堂の下に投げ入れました。
本堂の表から中に入ったところ、広間には誰もいなくて、蚊帳が吊ってあるだけでした。
寺の台所の方を探索したところ、白い着物を着た女を一人、捕らえましたが、侍は誰もいませんでした。
捕らえた女は「上様は白い着物を着ておられます。」と言ったのですが、その時は、その女が言った「上様」が「信長殿」とは分かりませんでした。この女は斉藤内蔵助殿のもとに連れて行きました。
旗本衆の二、三人が肩衣に袴の裾をたくし上げた姿で堂の奥に入って行き、そこで首を一つ取りました。
一人の男が、奥の間から、麻の単衣(寝間着)を着て、帯もしないで、刀を抜いて出てきたので、私は蚊帳の陰に入り、その者が通り過ぎるのを待って、背後から切って首を取りました。

佐々清蔵子息らは成政に預け ...

養秀院(狩野孝信室)佐久間信盛女嫁ぎ先実母不明。絵師狩野永徳の次男、狩野孝信(1571-1618)に嫁ぐ。狩野孝信は慶長十三年兄光信の死後、狩野派の中心として活躍した。現存する絵に「後陽成天皇像」、「賢聖障子」の一部などがある 。

佐久間信盛ゆかりの地 【御器所西城】10297002915.html
佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田氏の家臣。佐久間氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。子に信栄・信実。従兄弟に佐久間盛次(佐久間盛政・佐久間安政・柴田勝政・佐久間勝之の父)がいる。

李房(相模国三浦郡和田邑ニ住み和田号ス)此レ母は和田義盛女。 鎌倉では ... 佐久間信盛は尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」に名を残すが、佐久間は姻戚で、児島氏も先の女系である。

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

佐久間信盛は三河、西広瀬城 児島高徳築城
西広瀬城
案内板によれば、「城主、天文年間以降、尾張織田信長の臣佐久間氏一族が居城した。」とあります。「愛知の山城ベスト50」では、「佐久間全孝、あるいは佐久間信盛兄の佐久間信直と伝えられる。佐久間全孝は、徳川家康の父松平広忠の暗殺を仕組んだ人物、広忠は、全孝が送り込んだ岩松弥八によって絶命した」とありました。

東広瀬城
案内板によれば、「1344年児島高徳が築城したといわれ、1560年(永禄3年)徳川家康に攻められ落城した。」とあります。
ベスト50では、「三宅氏の居城であった。児島高徳の築城とされるが、高徳を祖とする三宅氏が後に唱えたものと考えられる。永禄元年(1558年)に初陣の徳川家康に攻撃され、同6年(1563年)再び家康の攻撃を受けた。」とありました。
東広瀬城は明智秀満の祖父の城 天海の里

西広瀬城は、天文年間に織田氏が家臣佐久間氏に命じ、矢作川を挟んで対岸にある三宅氏の居城東広瀬城と対抗する ... 金谷城には佐久間信盛がそのまま居城し、1568年(永禄11年)には子息余語久三郎正勝(佐久間正勝不干斎})将として入城。
広瀬城(豊田市東広瀬町).

三宅高貞 (*)東広瀬・右衛門大夫。東広瀬城主。1533年阿部、鈴木、中条家と連合し松平清康と抗争。1554年佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀・高清を城主とする。
元・尾張守護の中条氏守護代の三宅氏。 尾張知多・三河に所領 .... 1533年佐久間全孝 西三河西広瀬城を奪取。
西三河で今川家の尖兵の将として清康は、
享禄2年(1529)一色家の東三河守護代の牧野家を討伐、今川派の家臣団を引き込み牧野家を分裂させ、本家の独立推進派の今橋城主・牧野伝蔵との合戦を制する。
南朝軍の児島氏の子孫で広瀬城主・三宅氏の動きを牽制する為、桜井松平氏と三宅氏は豊かな鉱山資源を背景に労働に見合った富貴を求めていた。
氏豊は、重臣として引き立てた佐久間重行(入道全孝)と、桜井松平と因縁のある松平清康に攻略を命じる。
天文2年(1533)桜井松平信定派の西三河広瀬城主・三宅佐久間信盛右衛門尉と、寺部城主・鈴木日向守を、松平清康は「今川家に対する不忠者」と名指しして攻撃する。
三宅を救わんと後詰の信定派連合の尾張品野軍8000余騎が迫るが入道全孝と、清康は是を撃退する。
三宅氏は南朝児島氏の子孫だが、西三河に土着し国境を接する美濃の土岐家と婚姻を重ね、土岐一族を後ろ盾とする侮れない勢力を持つ豪族だった。
当時、佐久間氏の惣領にあったのは、佐久間重行と呼ばれる傑物である。
佐久間九郎左衛門・重行、入道して「全孝」は那古屋城の主・今川氏豊よりも、23歳となった家老の織田弾正忠・信秀に武将として一目を置いていた。入道全孝の予想通り、信秀の器が証明されはじめていた。入道全孝は、都の貴族までもが信秀の資金を頼りにしていた。
天文2年(1533)美濃の土岐家の庶流で、可児郡土田村、尾張の萱津の豪商、土田政久の娘(土田御前)を室に迎えた。
翌年、その娘との間に、信秀の三男が生まれた。
信秀はこの男子を「吉法師」と名付けた。
林家は南北朝期に南朝方に忠節を尽くした河野一門の末裔で、元々は四国伊予の国人である。
河野氏の末裔が美濃に土着していた。戦国時代に「西美濃三人衆」と呼ばれた有力な三家のうちの稲葉家と同門であるのが尾張の林家である。林家は尾張の西春ばかりでなく、美濃にも所領があり
美濃の林家は斎藤道三の「槍奉行」を務める。
信秀の父・信定の代に、林佐渡守・通村の娘が信定の室となった。林新五郎・通勝(のち佐渡守・秀貞)に「秀」の一字を与えた。天文3年(1534)に誕生した息子・吉法師(のちに信長)の守役には、「武」に関しては林 秀貞兄弟を、「文」に関しては、信頼する側近のうち、平手政秀を付けて、その成長を見守る事とした。於大は清康の正室だった「於富」の娘でもあり大河内家に連なる血を持つ娘だった。信秀の意向による政略婚である。広忠16歳、於大14歳の若夫婦であった。
7歳の吉法師
下方左近・貞清は、織田の一門衆で、名誉ある赤母衣を背負う武辺者である。
佐々隼人正・成吉(政次)、佐々孫介・成経兄弟は、春日井郡の比良城を拠点とする豪族の出身である。天文12年(1543)3月、熱田社家の千秋氏、加藤氏、その他尾張の歴々の前で相撲が奉納された。信秀の万松寺の葬儀には、末盛譜代家老の筆頭として勘十郎(信行)に伴し、続いて、佐久間入道全孝の一族の生き残り佐久間大学・盛重、その弟、佐久間次右衛門(のち久右衛門・盛次)、長谷川、山田が従った。勝家の妹婿に盛重の弟・佐久間盛次があり、その息子に猛将・佐久間盛政が誕生する。実家に送り返された「於大」は、兄・水野信元の命で、信秀派の武将・久松俊勝と再婚する事となる。水野忠政が討たれ、元・清康夫人「於富」は32歳となっていたがまだまだ美しさは衰えず、「於富」を捕らえた河口宗吉により側室とされていた。この抗争の中で河口宗吉は今川方に降伏、離別された「於富」は富永氏を頼り、その美貌ゆえに一族の星野備中守・秋国の側室となるが、彼も織田家との戦陣に没する。広忠の室「於大」の母、大河内家の血をひく「於富」の、人質としての価値を今川家は重要視していたのだった。
信長16歳、「帰蝶」は15歳だった。母は美濃恵那郡明智城主の明智駿河守・光継の娘で、十兵衛・光秀の父・明智光綱の妹である。帰蝶と明智光秀は従兄弟同士の間柄だった。
三宅康秀 (?~?) 「明智系図」に名がある。明智光隆の子。光秀の弟。彦三郎、三宅弥平次、左馬助。三宅長閑の婿養子となり、三宅弥平次に名を改める。
嫡男・光綱は光継に先立って亡くなっており、嫡孫・明智光秀の養育を三男・明智光安に命じた。
秀満は母方である三河の三宅姓を名乗っていると永井氏は書いているから、それならば児島高徳の子孫ということを意味する。明智左馬助とはもちろん明智秀満、三宅弥平次のこと。明智秀満は児島高徳の子孫。西、東広瀬は後鳥羽嫡孫、児島高徳の城であった。

土岐氏の支流明智氏に生まれ、父は明智光綱といわれる。













上沢家長(中条(出羽守)家長)女と東寺長者道乗妻

「佐久間系譜」
佐久間家は、三浦義明の三男である義春の四男・家村が安房国狭隈郷(現千葉県鋸南町下 佐久間〜上佐久間)で称したのが始まり。
その養子である朝盛(和田義盛の孫)は鎌倉幕府に仕えていたが、和田義盛の乱に敗れ、越後国奥山荘(現新潟県胎内市)に逃れた。その子家盛が承久の乱の功績により上総国夷隅郡(千葉県勝浦市、御宿町)と尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」現名古屋市昭和区御器所)を恩賞として賜りそこに子孫が定住した。
御器所の三河高橋庄にある猿投神社は、

山崎御器所の支配権を得た佐久間信盛 .佐久間信盛の伊勢神宮への返礼の書状は有名 です。

児島宮では女系のようだ。
佐久間家村ー佐久間朝盛和田朝盛ー二条為明ー宗朝多功宗朝ー本草甚九郎満盛ー孫五郎助安ー朝次弥平次ー信晴ー信盛ー正勝不干斎

嘉吉年間(1441〜1444)、佐久間氏中興の祖と言われる佐久間美作守家勝
御器所八所大明神修理棟札に、 佐久間美作守家勝・佐久間右衛門尉信盛の名が見える。
三貫」と佐久間氏の先祖が見える。
朝盛は三浦義明の一族で和田常盛の子であるが、佐久間家村の嫡嗣子となった人であると伝わる。

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」とみえる。

佐久間正勝長久手の戦いの時に蟹江城を守っていたが、家老の祖父前田種利の、裏切りと滝川一益に留守中に城を奪われるという失態を演じてしまう。

史料. 『中条家文書』; 『越後文書宝翰集 三浦和田氏文書』; 『上杉家御 年譜』. 『奥山庄城館遺跡』
[PR]
by kouhoka | 2016-09-03 08:48