<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

五月の連休は日本の始まりを、あなただけに 


日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。汉初为闽越王都治城,唐开元间始称福州。

前漢第七代皇帝の武帝により、紀元前111年に広州に勢力を張った南越国が滅ぼされ、その討伐戦に協力した閩越国はその領土保全を引き続き認められたが、翌紀元前110年より前漢朝は閩越国への締め付けを強化する。領土内の閩越族らの一部が江東地区へ労働力として強制移住させられ、閩越国の王都として繁栄を極めた「東冶県(冶県)」も人口・産業激減から衰退していくこととなる。
長らく衰退の一途をたどり瀕死状態にあった王都「東冶」であるが、最終的に紀元前85年、ついに閩越国も廃止され、前漢朝による直接統治が導入されるに至る。

漢祖劉邦を助けた事により、
「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。これが後に、漢武帝時、武夷城村武夷宮の、住民十万人が忽然と姿を消したと記録している。ここに日本は、筑紫夜須大木原に始まっていた。
五月の連休には篠隈の大木原に、行って、、鳳凰(法王てんのう、平山)が一致するのを、探すのも、日本の始まりを、あなただけに、知る事が出来るでしょう。

日本の始まりは、「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都から筑紫夜須へと、続いています。

拝礼の仕方

入口手前に、大きな石に手を合わせ、参拝
次に、鳳凰(法王てんのう、平山)に向かって、日本万歳を三回唱えます、一例して去ります。

記帳もできます。


「日本の始まりは閩越国の王都から筑紫夜須へ」

近畿の国づくりは、夜須と北部九州の中国華夏族と見える。土器に中国華夏族しか、使いません。
日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。汉初为闽越王都治城,唐开元间始称福州。
前漢第七代皇帝の武帝により、紀元前111年に広州に勢力を張った南越国が滅ぼされ、その討伐戦に協力した閩越国はその領土保全を引き続き認められたが、翌紀元前110年より前漢朝は閩越国への締め付けを強化する。領土内の閩越族らの一部が江東地区へ労働力として強制移住させられ、閩越国の王都として繁栄を極めた「東冶県(冶県)」も人口・産業激減から衰退していくこととなる。
長らく衰退の一途をたどり瀕死状態にあった王都「東冶」であるが、最終的に紀元前85年、ついに閩越国も廃止され、前漢朝による直接統治が導入されるに至る。

漢祖劉邦を助けた事により、
「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。これが後に、漢武帝時、武夷城村武夷宮の、住民十万人が忽然と姿を消したと記録している。ここに日本は、筑紫夜須大木原に始まっていた。
五月の連休には篠隈の大木原に、行って、、鳳凰(法王てんのう、平山)が一致するのを、探すのも、日本の始まりを、あなただけに、知る事が出来るでしょう。
[PR]
by kouhoka | 2016-04-09 10:47