<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

、雲巻瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明した

雲巻瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明した

2016/1/21

てんのうとは、何なのか?児島宮考古学が、日本の、てんのうの、あしがかりを、解明した。
日本の国の神武の父の名が、判らずになっていた、それはウガヤ王としただけで、何の事やら、解明には至らなかった。

それがふとしたことから、
ヤオオクで日本古刹とした軒丸瓦当てが、出品され、古代というのは、判るが、それくらいで、落札してから、調査に、かかり、インターネットで、いろいろ検索しているうちに、中国の半軒丸瓦当て、平瓦に付けていたと書いてあった。紀元前以前600年~200年は、平瓦に付けていたとある。
漢時代紀元前以前劉邦を助けた、越王無渚が、ビン百越となってからは、軒丸瓦当が、てんのうの、標示として、宮殿に始まったとあった。
ウガヤ王はまだ、てんのう、とは、されておらず、縣丑王とされ、漢の武帝時に、福建省武夷城村の縣越王となっていた。
福建省武夷城村その縣越王は日本の書物、「記紀」の中にも、武夷尊と書かれていたので、福建省武夷城村博物館の展示物をを見ると、始めて、福建省武夷城村宮の軒丸瓦当てが見つかった。
続いて調べてうく中で、ビン越祖の福建省屏山のある治城が見つかったとあり、画像で、てんのう標の雲巻き瓦当が、平山県平山駅に、地鉄工事が、2013年11月28日に、中国サイトで、報道されたのに、日本の神武天皇父が、ウガヤ王である事が、判りました。
このように、日本の神武てんのうの宮殿の瓦当てと、解明する事が、出来ました。
児島宮の、かかわりが無くては、日本の古代は、解明されなかったでしょう。



c0095642_13473548.jpg
ビン越祖の福建省屏山のある治城 宮殿の瓦当


c0095642_1350528.jpg
 福建省武夷城村博物館の展示物 


c0095642_13523380.jpg
  奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻き瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。

この唐子鍵遺跡出土の雲瓦当で、てんのうとは、雲巻き瓦当とあり、文字で空の瓦当もてんのうををを標示しているとあった。
[PR]
by kouhoka | 2016-01-21 13:53