「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本の始まりは紀元前111年前に筑紫夜須起きる

日本の始まりは紀元前111年前に筑紫夜須、それは、夜須の地名が、筑紫のやすとなっている事にある。
夜須という地名は四国と九州に点在していたが、四国からは、祭祀に伴う磁器が、調査でも、範囲が狭く、十万人が移動したとする、漢の武帝の、記録には、照明が成り立っていないので、
四国の夜須の地名の始まりは、夜須行宗氏による地名であろう。
夜須 行宗(やす ゆきむね、生没年不詳)は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。通称は夜須七郎。一説によると名は「行家」とも。 土佐国夜須荘(高知県香南市)を本拠

四国の香南市夜須の古代の歴史は、夜須の起こりは夜須 行宗によるものと、思われる。たたし日本の起こりの夜須とは、別である。平安鎌倉に至っては、その氏や職名が地名となっている。
日本の起こりの夜須は祝詞で詠まれるように、筑紫の東のである・

別に隋書の中に記録(五世紀)されている、筑紫は中華の地と、しているから、万葉集にも読まれていて、それは四国の土佐国夜須荘(高知県香南市)の事ではない。
[PR]
by kouhoka | 2015-11-26 10:51