「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは? 7/19 8:18

扶桑とか、倭国とか、呼ばれていたのは?朝鮮半島とはなんの、関係も、ありません。
考古学部門では
教育委員会文化財なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。

ではこの時の隋の国と、天子とは、まったく学者の方も、判っていないのです。
天皇は、朝鮮半島から渡来とは、まったく、あてはずれになっていた。

歴博の教授、春成氏や藤尾氏は一貫して、日本人は?、朝鮮半島から渡来したと、言われています。
ここには、日本の天子とは朝鮮半島から渡来したとは、どの書物にも記録されてはおりません。
魏志倭人伝の中に書いてあるのは、卑弥呼゛(247年)が、中国の皇帝へ献上したのは、奴婢と、記録していて、今でも歴史の域は、焦点は、大方、奈良から下って、福岡県にやって、来たという。
その頃漢が統治していたのが朝鮮三軍とされています。

高句麗、百済、 新羅には楽浪郡等が、魏王曹操によって、治められていたとあります、この中で、日本の天皇は、ほんとうに、居たのでしょうか?それは神代八代と『記紀』は、しているだけです。

では児島宮考古学研究室が、日本の歴史は?三国志の中に書かれてある、扶桑とか、倭国について、誰も語らなかった、扶桑とは筑紫を、いい、倭人の国とは、筑紫の東と、いい、この国には周の和氏達が住んでいると記録してある。
そこで、児島宮考古学研究室で、日田教育委員会文化財課に赴いて、聞き取り調査を、行いました。それは扶桑と倭国の範囲を、須恵器で、天円天神鬼神地方の葬送が、あるかないかです?

卑弥呼と言えば三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。

ここに出ているように、須恵器は朝鮮半島から、始まっていたとは、まったく、いい加減でしょう?
須恵器は三世紀以降は、造られていなかったという事です。
ここで、誰も解説しなかった須恵器の用途根幹とは?三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。 ここに、卑弥呼と中国の皇帝が、相似しているので、裏づけ、が取れましたね。

神功皇后の三韓征伐で、三韓は、倭の五王の時も、日本に貢献したと、記録があります。
この二百年後、時代は五世紀になり、
天皇は敏達天皇が隋に、初めて遣唐使を派遣していました、小野妹子の名が、記録してあります。

教育委員会文化財課なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。ここには間違いが、出ていますね?
それは、朝鮮半島は日本の飛鳥時代には、六百年前に神武天皇がいた事が判りますね?
それが扶桑の国とされる、越王丑王によって、出来た事が判ります。 それが日本の紀元年代も根源になっているのが、確認できます。そこで日本の始まりとは、中国浙江省の会稽安邑の越王祖の無予となっている。
すべてが合っていてそれが、扶桑なのです。 万事うまくいく

ここで、未発表の、朝鮮について、朝鮮という語句は、教育委員会文化財課も、不可解になっているから、すべて、朝鮮半島と語句していますね?
だが、朝鮮半島は、中国によって始まっているのは間違いありません。朝鮮といえば、殷の末に、紂王に、仕えていた、箕氏が、周国の武王に付いて家臣にはならずに、朝鮮を武王から宛がわれたのが始まりでした

時代は千年ほど後の頃、秦の始皇帝が周の楚国を滅亡させています、楚国の人は始皇帝の労役を嫌い、箕氏朝鮮の中の燕の国の内の中に、移動してその地を、しろう郡としました。新羅や百済の前身でした。高句麗の前身も、周の楚国の後です。
ここで、周の王は、みな、姫氏でした。
この姫氏を、倭とか和氏といいました、倭人とはつまり周の王下の人々の事をいいます。
[PR]
by kouhoka | 2015-07-19 08:18