<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

祭祀武夷君

東越王
印璽,擁兵自立為東越武帝
西元前110年

武夷君 「武夷王」。武夷君是武夷山地方的居民對盤古的尊稱

《武夷山志》說法,彭祖長子彭武、次子彭夷到武夷山開墾,彭武與彭夷打敗了妖怪,招安了當地的夷人,於是不分華、番都順服他們,於是治理該地井井有條。彭武、彭夷歿後,民眾合建一祠:曰「武夷祠」,祭祀彭武、彭夷,二人被合稱為「武夷二真君」,簡稱「武夷君」。

汉武帝曾以魚乾祭祀武夷君
福建省武夷山市傳說,武夷君原先是閩越當地的一個貴族,為了離開政治鬥爭的紛擾,率領軍民來到武夷山隱居開拓,為民所重,人稱為「武夷王」。




武夷君,又稱武夷王、武夷顯道真君,是中國福建武夷山的山神、鄉土神。武夷山因此神而得名。古時,凡福建人,入武夷山之前多半會先向武夷君祭禱。

中国の歴史戦国王による暫定勾践はこの時まで回復、浙江省、 紹興の面積は国が 、再び国から災害に会った。 紀元前334年前 、Goujian 7子孫のない強いとチュー魏王の操作、故障殺さは、国が審議されたチューは破壊された。 だから、キングファミリーセーリング福建、より国民はXijuある移動山 (現在、福建省長楽市 )。 後はより多くの人が北部の福建省に定住する、地元のアボリジニMinyue B​​aiyueの人への段階的な統合、Minyue諸国の設立。

紀元前232年前 、福建キング-ムー(検証対象)が死亡し、息子のような王位継承が王になるためには、王となった「Minyue国を。 " 紀元前222年前 (秦G二十五年)、 秦が解消チューは 、Minyue行進を始めた。 翌年、中Dongye 」を設置し、中央福建郡を " [1] 。 離れて中央平原秦王朝が中央福建見なさからその時点で、「だっ不足衣類の国」、遠隔、保険を見つけることに似て、支配することは困難で、多くの人が厳しい。 それは秦王朝40郡、形成されたが、同一ではないの一つですがそのため、「中央福建郡」は、寿魏秦だけの賛成ですべて王の王位ずに離れて渡すために、中央福建省に限り、送信しませんでした」 長い王 。 "無朱の名前が中央福建省を支配し続けてみましょう。 したがって、秦王朝は、実際には、中央福建省のルールを実装していない、名前だけで中央福建郡を確立した。

後期秦、 チェンシェン 、 呉広蜂起の後、王はもう朱続かない呉ルイを中心諸侯諸国は秦を破壊支援するために北へ。 秦王朝の後、 項羽は 、そのようなパケットは王ではないされていません。 紀元前206年、 楚戦争は HW北方再び、そのような助けを勃発ませ劉翔覇王の戦い。 AD 202は、楚と漢の間に戦争の終わりには、自殺した項羽、劉邦は漢王朝の皇帝を設立しました。 劉建国、気まぐれにパケット英雄の後。 202年BC(ハンゴッティ5年)は、このようなナイトの称号福建王、風水福建国、首都Dongye 、回復しMinyueの国を支配し続けています。 紀元前192年、ないような死は、40年福建省のために国を支配した。

王の子孫はMinyueの競合のための激しい競争のビットはありません。 紀元前155年前 、 英は王位をつかむ。 漢呉とのような弾圧7カ国の混乱は 、王の劉バイの息子劉チュは、福建省に逃亡英説得する十字軍反乱ドン王を 。 だから英138年(チェン元三年)の資本に囲ま旧東王の国に大規模な攻撃は、東王王チン複合体が死亡した。 漢ドン王国は支援します。 ヤンと漢皇帝は海からHueiji東奥羽補強するので、助けるために彼の軍隊を送った。 英漢の兵士は、退却の家を確認します。 それ以来、国は漢ドン王は、福建省や近隣諸国が卑屈である福建省の漢王朝の江区域、南東に移動し、最も強力な国になるだった。

135年前(チェン6年)は、福建王英は攻撃するために軍隊を送った南ベトナム 、南ベトナムハンティン王趙胡テーブル要求増援。 天皇は王輝の彼を非難するので、彼の軍隊を送ったゆう張出発、大型農業ハナン郭自己Hueijiの出発、土地と水の攻撃Minyue。 英はすぐに軍が保険を拒否した送信します。 彼の兄、私は善良漢は強力だと思うではなく、敵とし、大臣は漢王朝に降伏し、英を殺すコングと共謀。 福建省はまた、一時的にその国の野心や意図の外側への拡張を終えた。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=http://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=/search%3Fq%3D%25E6%259D%25B1%25E8%25B6%258A%25E7%258E%258B%26biw%3D1149%26bih%3D754

135年前(チェン六年)、英、漢軍が北を撤回した後、漢王朝シールが南ベトナムアクションMinyue国八尾ジュンの侵入に関与していなかった殺された醜いその支配Minyueを命じた」、八尾王」として国。 しかし、英の暗殺の成功ゆうシン長いMinyue国藩や貴族サポートされている、国のWeixing、八尾王よりもはるかに多くの電力。 このように、ハンティンゆう新はその後」として列聖された東王八尾王福建国と一緒に判決を下した」であるが、国の力が東福建省、より王余善手の中にはまだ基本的に。 120年前、醜い死は、彼の息子が株式ランク八尾王タイトルを継承する。

いいえ朱の死は、別の後に内紛の息子たちは、頻繁に戦争を挑発。 かつて北課税東王 、南ヒット南ベトナム (すなわち南の国のを )、 白越降伏朱ミン、したがって、劉近隣諸国がプロパティ宝物お願いMinyue国である、福建省の国になってい前漢の 、南の強力な力王朝。 福建王東岳朱子孫いいえ良いより開発「皇帝」西、皇帝のための自立、同時反中国兵士の最後の瞬間まで。 前漢王朝静養、富裕層と強力な国、特にのほぼ一世紀後の今回は、 漢漢の治世中には、最盛期に入って、彼はますます強力な政権各遠隔地を容認することはできません。 天皇は北部敗北フン族の軍隊Minyue諸国を包囲40万人の合計を守備、フロンティア上北部トラブルの解除後に。 私は漢ビング良いビルドを6要塞を拒否。 また福建省のリゾートの中国省の漢王朝は、福建省(のための戦い、崩壊する越八尾 )王は、 株式をランク付けし、貴族の一部が韓愈の余波降下を殺す。 完全にトラブルを解消するために天皇、Dahir JAC軍が福建省の本土と全国に移動し、国はMinyue市内の宮殿を燃やした。 シティパレスは、古代とADの村にある前110年派遣天皇の軍隊によって破壊れた。

税関や儀式[ 編集 ]

部族の物理的特性や生活習慣や中原華夏大きな違い。 中等度以上の人体、短い顔、あまり髪、広い鼻、大きな丸い目、慣れBangshui隣人、良いシンク、良い行ボートいかだ、ならびに「入れ墨オフ"カスタム[要出典] 。

キングシティタウン村福建[ 編集 ]


Minyueキングシティには、モデルの遺跡
1958年、 福建省の古代都市の遺跡公式が発見され、文化的な遺物が多数出土掘るしようとした。 48万平方メートルの総面積を持つ長方形、約860メートル、南北550メートルの幅のような古代の飛行機。 で発掘されたことが高い湖フロア 、大宮殿の複雑な、正確なレイアウト、構造的完全性を発掘するだけでなく、スムーズな排水システムの下に敷設。 内側と都市の外にも、多くの住宅のサイトと鉄製錬のサイトを見つけましたが多数出土した鉄 、 陶器 、建築材料や青銅 。 どこ陶器、形状やパターンシステムのいずれか、および中央平原は、強力なローカルスタイル(唐宋ユンウェブ2004B)と、明確な「中国風」の陶器です。

紀元前206年、 秦滅び、 チュー戦争が勃発、そのような平原北向き、助けた劉邦は敗北項羽をとして、 漢王朝が設立に貢献した。 202年紀元前、劉鳳朱は福建省の王、風水福建国、首都ではないDongye本当のルールMinyue古いたまり場。

福建省の間でそのような死、王位王子競合せず、しばらくの間、そして最後に非朱の息子によって続いた- 英王位チャンピオン。 しかし、英北話し合う東王の国を 、ナンチョンNaYueGuoの原因ハンティンの介入。 最終的には、福建王英漢鳳が変更され、殺害された醜いとして八尾王のために私は良い、 東越王の名の廃止以来、福建省のではなく、東王のため、実際には。

楚に敗れ、江南の海岸に散居して王や君を自称していた越王の後裔には、まだ歴史が残っています。 越王無彊の七代後の騶無諸と ... した王弟、騶余善にあり、漢も後にこれを公認せざるを得なくなって、余善を東越王と為しました。

李寄の話を聞いた東越王は、彼女を召し出して后とした。父親の李誕は将楽県の知事に任命され、母親と姉達にも数多くの褒美が与えられた。


以後、この地に禍を引き起こす妖怪は二度と現れなかった。

八尾(もろもろな)
[PR]
by kouhoka | 2014-09-29 16:53

福岡県朝倉郡夜須のはじまりについて、由来

福岡県朝倉郡夜須のはじまりに、ついて、由来はあるのか?

やすとは、誰がつけたのだろうか?
日本の始まりは朝鮮半島と文部科学省や学者はいっているが、日本とのかかわりは、五世紀後半としている大阪陶村の前田氏が磁器須恵器開始は、正しいのだろうか?
これが違うと日本の歴史は、根本から、こわれてしまう。

それが神宮皇后が奈良地方の何処かに、いた事が、磁器との、かかわりが、無かったとしているのは、つじつまが、合わないのだが。この夜須と神宮皇后の羽白熊鷲退治は神話という、学界の研究の在り方は、間違っているのではないだろうか?そんな気がしている。

それは、三世紀に倭人伝に出ている、卑弥呼、の正体さえ、学界は、つかめていないのである。
邪馬台国すらまちお越しにも、
なっているが、架空での、卑弥呼、まつりも、架空という事になる。
ここに、至って、夜須の始まりは五世紀後半と学界が決めているのは、歴史さえ、空想扱いとなっている。
こうなると、夜須という地名の由来も、なかったとなり、
五世紀後半の北部九州開始とは、
いやはや、呆れたものである。
[PR]
by kouhoka | 2014-09-06 16:11