「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

児島宮胤が祖先から受け継いだ、ものそれは楽市楽座である、楽市楽座とは

児島宮胤が祖先から受け継いだ、ものそれは楽市楽座である、楽市楽座とは、
楽市楽座」茶と町衆とは佐久間父子が発案して、信長を怒らせた。
今の茶とは違い、家元座ではない、楽を座とする。これが楽市となる。
今の相撲協会とは違う、楽市楽座にて執り行う。
「神を」間に於いて、競う、楽市楽座にて執り行う。
地域活性化につなぐ楽市楽座にて執り行う。

まつりは地域活性化につなぐ「神を」間に於いて、競う楽市楽座にて執り行う。

今の全国のまつりは、神社が座で、これは撤廃しなくてはなりません?神が楽座で楽市となる。
まつりの原点抜きで、まつりの原点は天子が執り行う、とされているのです。
相撲は熊本の吉田司が、座児島宮から代表が上座となり、執り行う、とされているのです。
それが今は相撲協会主催座で、行われているのを、撤廃するのが、競う楽市楽座にて執り行う。



洪範九疇、楽市楽座



当時は、「座」という商人たちの組合のようなものがありました。この組合があると、新しく商売をしたい人がいてもなかなか新規参入が難しい。

そこで、座を廃止し、うちの城下町ではどんどん自由に商売していいよ。しかも、税金も安いとした。
特に茶湯゛も父子は、町衆を誘い、大阪堺の経済発展に尽くした。茶湯を開催した元祖である。
これも楽市・楽座と同じ。
楽市楽座により城下に流通を集中させて、町を繁栄させ人を集めた。





c0095642_15501487.png

[PR]
by kouhoka | 2014-08-16 15:50