<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あきれた学者の須恵器年朝鮮半島渡来五世紀後半で、このままでいいのか?

あきれた学者の須恵器年代朝鮮半島渡来五世紀後半で、このままでいいのか?

ここで、象形文字が五世紀後半に、朝鮮にあったのか?です。
三韓(さんかん)は、1世紀から5世紀にかけての朝鮮半島南部に存在した種族とその地域。朝鮮半島南部に居住していた種族を韓と言い、言語や風俗がそれぞれに特徴の異なる馬韓・弁韓・辰韓の3つに分かれていたことから「三韓」といった。

先史時代がBC100年で終わっている。それは漢の武帝によって、納められたから、これより、「三韓」といった。
BC100年から、
「朝鮮」は前漢の武帝が前108年に楽浪郡など四郡を置いた。

学者はこの期間何も日本には、何もなかった原始時代としているのは、大間違いである。
学者は弥生二百九十年?卑弥呼の朝鮮征伐は、無かったとしている。
学者は歴史さえ定着していないのである。
これで、年代ができる事はありません?何からさえ、解説できないのですから。
筋道というものが無くては、成り立たないのですから。

「日本人は昔朝鮮半島から移住してきた」は間違い。
衝撃ではなく、笑撃の間違い、それは答えが出ていて、目的?の為には平気でウソを吐く民族のやり方?
つまり日本は朝鮮人としたいのです。
今の憲法と同じになっている、何がなんでも、歴史から天皇まで、なり替わり嘘の歴史にしてしまうという目的の為には、筋道道理が、なくても、言い通すのが明治以降の憲法や司法や政治です。
法事国家というのは、筋道や道理が、ぜんぜん、無いということです。


紀元前二五〇〇年から紀元前三〇〇年頃に使われていたと思われる古代シュメール文字やバビロニア文字、ギリシャのピロス文字、中国の甲骨文字のルーツと思われる文字が、西日本一帯において、続々と発見されている。この系統は結ばれているつまり、道理があるという事実です。

卑弥呼こと神宮皇后も夜須に地名を残していたことは誰でもしっている?
天皇の地巡行に際して、突然の風つむじ風に、笠がとんだのでこの地を三笠となづけたとある。
文字があったからこそなのですよ、学者さん?
時期は朝鮮征伐の時期です。
筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。新羅は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという(三韓征伐)。


『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命皇后。父は開化天皇玄孫・息長宿禰王(おきながのすくねのみこ)で、母は天日矛裔・葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)。彦坐王の4世孫、応神天皇の母であり、この事から聖母(しょうも)とも呼ばれる。
[PR]
by kouhoka | 2014-05-30 13:04

しきたりが日本からなくなった

しきたりが日本からなくなったのは、日本の根底を大切に守らなかったからであろう。

しきたりとは?
しきたり【仕来り/為来り】とは。意味

しきたりとは、昔から“仕来(しき)たること”(=して来たこと)という意味です

しきたりとは、それまで行い続けている習慣や習わしであり、その民族が暮らす土地、気候風土に根ざして、歴史が培ったものです。

近年しきたりが、すっかりなくなっっている事を知っていましたか?
野菜つくりにも、ハウス栽培になり、季節はずれ、?つくるというのは、しきたりむのとおりむではない?

電化になり、かまど、がなくなりましたね?むかしのしきたりの一つが消えた?

いったい、しきたりとは、なんなのか?今わかる人はいないのでは?

しきたりとは自然のならい、なのです。

自然の習いっていうのは?
[PR]
by kouhoka | 2014-05-17 15:16 | 日本人の素質がなくなった

灰色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違い

灰色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮の百越民が、倭国へ、来たのが始まりである。
文化庁の須恵器開始は朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違いである。
この程度では日本の歴史の真相は、虚構に過ぎない。

箕氏朝鮮の後に、
漢の武帝が、新国を、破り、三郡としたのから、高麗新羅百済が始まったのであり、朝鮮半島はこの時期存在していない。
魏から晋になり、司馬炎が王になったが、このころには、日本の卑弥呼が使いを、晋に使いを出している。
さらに、五世紀後半というのは、魏も漢も滅んで、
日本と朝鮮の間は、途絶えていたのである。
このようでは、朝鮮半島は安定していず、無理がある。

武帝は朝鮮を帰服させようとし、紀元前109年-紀元前108年、遠征を行い、衛氏朝鮮は滅ぼされた。


そうして紀元前百年前、北部九州に渡来した中国江南の武夷邑の百越民による象を作る時に、はかるもので、この時用いるのが象の布江である。

神宮皇后の朝鮮征伐、神功皇后が新羅出兵を行い、朝鮮半島の広い地域を服属下においた。
新羅が降伏した後、三韓の残り二国(百済、高句麗)も相次いで日本の支配下に入ったとされる。

三韓とは馬韓(後の百済)・弁韓(後の任那・加羅)・辰韓(後の新羅)を示し高句麗を含まない朝鮮半島南部のみの征服とも考えられる。
住吉大神の神託により、お腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。新羅は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという(三韓征伐)。

中古の朝鮮は新羅・高麗・百済の三國に分かれてゐたが、その昔は「馬韓・弁韓・辰韓」の三國に分かれてゐた。

三国以前に、また三国と並行して小国や部族国家があった。扶余、沃沮、伽耶、于山国、耽羅国などである。

仏教は528年新羅の国教となった。新羅は唐と結んで(唐・新羅の同盟)、660年に百済を668年に高句麗を滅ぼした。
ここで、須恵器こと灰色土器は、作られてはいない?
仏教には須恵器こと灰色土器は、関係が無いからである。

灰色土器は、神の神事であり、五世紀以前でも奴隷の記録は神宮皇后の記録には、無い。

 (日本が、歴史の歪曲に加担するようでは、我が日本こそ、まともな人材は育たない。

任那日本府(369年~562年)が滅んで以降のものであることがわかる。 『広開土王陵碑』

任那日本府(みまなにほんふ)とは、『日本書紀』の雄略紀や欽明紀など[1][2]に見える、古代朝鮮半島南部の伽耶の一部を含む任那にあった倭国の出先統治機関。宋書倭国伝の記述にも任那という記述が見られ、倭王済や倭王武が宋 (南朝)から任那という語を含む号を授かっている。
宋(そう、420年 - 479年)は、中国南北朝時代の南朝の王朝。周代の諸侯国の宋や趙匡胤が建てた宋などと区別するために、帝室の姓を冠し劉宋(りゅうそう)とも呼ばれる。

『広開土王碑』に倭が新羅や百済を臣民としたと記されているなど、朝鮮半島での倭の活動が記録されている。
5.宋書倭国伝のなかで451年、宋朝の文帝が倭王済(允恭天皇に比定される)に「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事」の号を授けた記述や478年、宋朝の順帝が倭王武(雄略天皇に比定される)に「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」の号を授けたと記述している。



須恵器が朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違い
[PR]
by kouhoka | 2014-05-17 12:01 | 日本はすべて一致