<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

須恵器と土師器、土器は江南から渡来した紀元前百年前の陶工作によるとする

須恵器と土師器、土器は江南から渡来した紀元前百年前の陶工作。

印紋硬陶。富有越紹興市區大雲橋出土

全国教育委員会の日本の須恵器の始まりは朝鮮半島五世紀後半渡来は、全面ありもしないねつ造で、説明できないのに、決定基本に、している、するとは、古代は全面くるう。絶対許せない犯罪にあたるだろう。 犯罪とは、日本は朝鮮人国家と侮辱、している?
ここに提言する。すべて撤回して改めなくては、ならない?

捏造と、するのは、
私と、十年ほど前に千葉の国立歴史博物館、の今村峰雄教授との、電話で何回か対応していただいた、弥生年代は、五百年遡るマスコミ共同通信社、件に関して、私の弥生年代は、紀元前百年より卑弥呼神宮皇后の三世紀までと、訂正提言したのが?、今の弥生年代となっている。
今沖縄博物館の、洞穴から、二万年前の生活道具が確認したと、憶測で、共同通信が元になり、困惑させているのに、どこか似ている?

卑弥呼神宮皇后の三世紀までと、訂正提言したのが?、今の弥生年代と、なっている、を説明できた、からかも?これは角があるからである。角は説明できるという意味。

※これは角があるからである。角は説明できるという意味。

須恵器年代の角△も、元は同じになっている。
元とは始まりの事?

※浙江紹興市發現的印紋硬陶器が須恵器のはじまりで、朝鮮半島からではない
紹興市區大雲橋出土 紹興市文物管理局藏

紹興印山越國王陵出土印紋硬陶罐(戰國)



繩紋陶是出土. 數量最多的 .... 浙江紹興市發現的印紋硬陶器和原始宵瓷豔
約3000年前に遡る最初の西周王朝に名前

長沙の街として、約2400年前、春と秋の期間に始まった。
長沙新石器時代の文化Qujialing段階に;、母系社会の段階には約2500年前、長沙新石器時代の龍山文化は、原始的な農業、狩猟と釣りで、今回は、まだ生活の重要な手段であり、元のシステム陶器、石の加工技術をさらに開発し、繊維や生のヒスイの加工技術を生産している。 傳說時代傳說炎帝和黃帝都曾來過長沙。 伝説タイムズヤンディと始皇帝の伝説は、長沙に行ったことがある。 司馬遷《史記·五帝本紀》說,黃帝曾“披山通道,南至於江,登熊湘”,後來就把長沙這片地土封給了他兒子少昊氏(宋朝羅泌的《路史》記載:少昊氏“始於雲陽,胙土長沙”(胙即賞賜之意),據此,傳說中的少昊氏是遠古長沙的一個氏族首領,是開發長沙的第一人。炎帝最終也葬在長沙茶鄉之尾。夏商周時期長沙,夏屬三苗之地;到商、周時代,三苗消失了,但三苗後裔仍然在這片土地上生息繁衍,這時長沙屬“揚越”(又叫“荊蠻”),史稱“揚越之地”,作為古越人(古長沙越人為揚越的的一支)到這時創造和形成了富有特色的越文化,以拍印的幾何紋飾硬陶即印紋硬陶是其最有代表性的特征。商、周時期,北方中原王朝對南方“荊蠻”、“揚越”的戰事頻繁,雖未能在這裏建立起他們直接的統治,但“揚越之地”一度成為商周的“南服”,迫使“荊蠻”臣服納貢。《逸周書·王會》記載,周初營建雒邑告成,各方諸侯來賀,貢物中有“長沙鱉”一種,這是“長沙”一名見於史籍的最早記載。古越文化與中原文化商、周時期中原文化的傳入,長沙進入青銅器時代。長沙古越人仍然是居住在茅草覆蓋的半地穴式房屋,過著氏族生活,主要以石器作為工具,生產上依靠刀耕火種。商代中期,中原的青銅鑄造技術傳入,開始使用和制造青銅工具銅斧,到西周後期出現了銅制大鋤(一種重要的松土工具)、銅插(即耙,用於松土和起土的農具);而且還制造出了形制考究、紋飾精美的青銅容器、樂器。長沙出土的300多件商周青銅器,大多具很高的工藝水平,富有鮮明的越族風格,是南方出土青銅器最多最精美的。1938年寧鄉縣出士的著名的四羊方尊,是商、周青銅器中珍品;1959年以來寧鄉縣、長沙縣出土的十幾件銅鏡,一般重70—80公斤,最大的221.5公斤,為中國到目前為止發現的最大的商代銅鏡。1983年在寧鄉出土一件重達220.75公斤的銅鐃,是中國目前發現的商代最大銅鐃。長沙也為中國出土戰國銅鏡最多的地區,共出土楚國銅鏡470面;為出土戰國琉璃器具最多的地區,共200多件。荊楚文化與中原文化東周以後,進入春秋時代,也是中國曆史上的動亂年代,春秋末期,楚國(荊楚)的勢力進入長沙。戰國初期,越國滅吳,楚、越對峙開始,長沙成為楚國東南邊睡的要塞。戰國中期,楚國實行變法,國力強盛,對南展開大規模的軍事行動,湖南全境納入了楚國版圖,長沙成為楚國南部的軍事重鎮,包括湘北、湘中、湘南廣闊地域的政治軍事中心,楚國在長沙建立了城邑。楚人對長沙的進入,加上經過數百年的戰爭,古越人逐漸在文化和血統上(待證實)被同化,長沙古越文化被楚文化替代。楚人的南侵,帶來了中原和江漢地區的生產工具和生產經驗,使長沙地區進入了鐵器時代,長沙也由此進入了封建社會。楚國至楚懷王時國勢日弱,諸侯各國特別是秦國對楚國多次發起戰爭,前222年,秦國大將王翦帥軍南下,打敗楚軍在江南的餘部,楚國以長沙為政治軍事中心的江南之地被秦國所征服,楚國滅亡。長沙(湖南)作為楚地和楚國軍事重鎮的時間長達800多年。秦漢時期秦代長沙郡之郡治秦國滅掉楚國,在原楚江南之地設立“長沙郡”。隨著秦王朝的誕生,長沙郡為秦代36郡之一,郡治湘縣,即長沙的在秦朝的稱呼。從秦代開始,長沙開始納入中國統一的政治版圖,並第一次明確地以一個行政區域載入史冊。秦代長沙郡涵蓋今湖南大部分、湖北省以南、江西省西北和廣東省的連州市、廣西壯族自治區的全州市等地,面積幾乎相當於今湖南全省。漢朝長沙國王都秦朝滅亡,漢朝建立。劉邦稱帝之後,公元前202年封西漢開國功臣吳芮為長沙王,以原秦長沙郡建長沙國,將“湘縣”改名“臨湘縣”為國都,長沙國是湖南省曆史上第一個諸侯封國,長沙王為最高統治者(最高官員),王位世襲;自東漢時期朝廷對諸侯王國改變體制之後即公元前144年,長沙王實際成為有名無實的番王。長沙國從前202年始封至7年廢除,存在200多年,長沙國先後分為“吳氏長沙國”和“劉氏長沙國”兩個時期。公元8年,王莽篡位建“新朝”,長沙國改名“填蠻郡”,國都臨湘縣改名“撫睦縣”。公元26年(建武二年),東漢皇帝劉秀遙封西漢末代長沙王劉舜之子劉興為長沙王,複建長沙國,公元37年,又將長沙國廢除,改為長沙郡。三國兩晉南北朝時期湘州改制為湖南和長沙行政建制史上的標志。由於長沙地理位置的重要,長沙作為地方行政中心,其地位與作用更加鞏固。三國的長沙郡,行政範圍基本局限於湘江以東地帶,隋朝的長沙郡跨越湘江至整個湘中地區,從而基本上奠定了從此直到清朝長沙建置的規模。隋朝的統一,湖南重歸統一的中原中央政權管轄之下,與全國其他地區的往來與聯系不斷加強,獲得了一個廣闊和相對安定的空間。東吳荊州長沙郡三國時期,從219年孫權奪取長沙,直至279年西晉滅吳,長沙屬於孫吳之地。孫權稱帝後湖南政區發生變化,今湖南的大部大致屬當時的南郡、武陵郡、零陵郡、桂陽郡、長沙郡、臨賀郡、天門郡、衡陽郡、湘東郡、昭陵郡共計10郡,隸屬荊州。 257年,長沙東部為衡東郡(治所翻縣,今衡陽市),西部為衡陽郡(治所湘鄉縣),益陽縣南部之地析出新陽縣(今寧鄉縣),治所在溈水河上遊(今寧鄉縣橫市鎮一帶),屬於衡陽郡。 265年,長沙郡的安成縣(今屬江西省)和豫章郡、廬陵郡幾縣設立安成郡,長沙轄地進一步縮小,共轄臨湘縣、測陽縣、恢縣、醒陵縣、羅縣、吳昌縣(漢昌改)、建寧縣、下集縣、蒲沂縣等共計9縣,包括今長沙市、嶽陽市、株洲市3市地以及今屬湖北省的通城縣、崇陽縣、赤壁市3縣(市)地。三國時期的長沙郡,上有州(荊州),下有縣、鄉、裏,為孫吳時代的行政體制。除行政長官外,長沙郡屬諸曹的設置(官名)已經頗為全備,有掌“選署功勞”的功曹、管賦稅的田戶曹、管造船的船曹;有負責由貯租米、布帛的倉吏,收貯租錢的庫吏。縣以下的鄉也設有屬吏,簡胺中就出現了“東鄉勸農摻”、“南鄉勸農撮”的名稱。此外,還有“司馬”、“關丞”、“倉田曹”、“錄事”等。(資料來源:依據“長沙走馬樓”出土的簡牘整理)。西晉·南朝之湘州治所臨湘西晉統一中國後,沿襲漢代分封制。280年(太康十年),晉武帝封其第六子司馬乂為長沙王,以郡為國。

夏は3苗土地であり、殷と周王朝に、3苗は消えたが、3苗の子孫がまだ住んでいて、土地のこの部分に掛けて、その後、長沙属」ヤン越古代の越の人々(古代長沙、ヤン越越の男性)作成し、ビートに、より特徴的な文化を形成しするように、ヤン越の地""として知られ、「(ジン·マンとも呼ばれる」)」

長沙を発見した最古の記録の一つ「沙」が「長沙の亀」1種類で、敬意を祝うために王子。チャン越の人々まだ、ツールとして主に石に、一族の生活をし、茅葺きの半地下の家に住んでスラッシュに頼ると中央平原に生産。

長沙。チュー長沙へのアクセスに加えて、何百年もの都市で楚の建国戦後、徐々に文化や降下中に古代の越の人々は(を含む都市、同化すること)が確認されるように、長沙チュー越文化は代替文化です。チューの南下ので、長沙の鉄器時代に、制作ツールと中央平原と江漢地域の生産経験を持って来る、長沙は、このように封建社会に入った。

国が弱い場合チューは孫潜在的な日付に、国の王子、特に秦チューを繰り返し王建秦の将軍ハンサム軍隊南チュー、チュー長沙南部の残党を倒すために、222年前に、戦争を行う政治的、軍事的、土地の中心の南に秦に征服された。

国が弱い場合チューは孫潜在的な日付に、国の王子、特に秦チューを繰り返し王建秦の将軍ハンサム軍隊南チュー、チュー長沙南部の残党を倒すために、222年前に、戦争を行う政治的、軍事的、土地の中心の南に秦に征服された


楚文化と中原文化
東周以後,進入春秋時代,也是中國歷史上的動亂年代, 春秋末期,楚國(荆楚)的勢力進入長沙。東周王朝の後、春と秋の期間を入力し、不安はまた、中国の歴史であり、 春と長沙遅くまでチュー(朱)力。 戰國初期,越國滅吳,楚越對峙開始,長沙成爲楚國東南邊睡的要塞。 戦争初期に、呉越楚の征服は、より対決は長沙南睡眠のチューGuodongの要塞となって、始めました。 戰國中期,楚國實行變法,國力強盛,對南展開大規模的軍事行動,湖南全境納入了楚國版圖,長沙成爲楚國南部的軍事重鎮,包括湖南湘北、湘中、湘南廣闊地域的政治軍事中心,楚國在長沙建立了城邑。戦国時代、楚政治改革、国家の繁栄、南に楚の国の領域に大規模な軍事作戦、湖南省全体の領土を開始しましたが、長沙軍の町になっ楚国南北湖南などの部門、湖南、湘南の広い地理的、政治的長沙楚の都市に設立され、軍センター。 楚人對長沙的進入,加上經過數百年的戰爭,古越人消失了,長沙古越文化被楚文化替代。チュー長沙へのアクセスに加えて、戦後何百年もの間、古代の越の人々は、楚文化の張越の文化を交換しなければ、姿を消した。

楚人的南侵,帶來了中原和江漢地區的生產工具和生產經驗,使長沙地區進入了鐵器時代,長沙結束了商周以來延續了1000多年的原始狀態,直接進入封建社會。チューの南下は、その長沙の鉄器時代に、制作ツールと中央平原と江漢地域の生産経験をもたらし、殷と周の長沙の終わりには、元の状態から、直接、封建社会に千年続いた。





古長沙越人為揚越的的一支)到這時創造和形成了富有特色的越文化,以拍印的幾何紋飾硬陶 即印紋硬陶是。





印紋硬陶。夜須町文化財課蔵須恵器は同一である。



c0095642_20455265.jpg" target="_blank">



c0095642_20442130.jpg


中國南方長江流域楚文化圈中,其文物的美感朝精





これら須恵器は、大阪陶邑に移動した土師氏事前田氏、陶工の、前地は、北部九州であった。

土師氏族は、中華浙江省武夷より、十万の民で、船で、渡って、小郡の干潟に、着いた族の一部であった。
夜須の三牟田や曾根田の前田は、土師氏の拠点となった。七世紀の奏言郡大領の菅原道真公の祖は前田臣、といい土師氏であった。
土師氏族は朝鮮半島から五世紀にやって来たというのは、捏造である。


土師氏族は中国の浙江省武夷宮の、祭祀の土器を製造していたのであり、
浙江省から、ねずみ色の硬質土器椀等が出土しているのは、須恵器と同じで、紀元前百年前、漢の武帝が、越王丑、の十万人が、土地からいなくなって、無人となったと、記録している。
甑が城山遺跡から別府大学考古により、調査で、浙江省と同じ甑の天円地方の文化が、見えて゛いて、北部九州の天円地方の文化が、受け継がれている。



[PR]
by kouhoka | 2014-02-14 20:42

須恵器土師器陶工の渡来は、朝鮮半島からでは、なかった

須恵器土師器陶工の五世紀渡来は、朝鮮半島からでは、なかった。

すべてのモノには代名詞が、ある?

朝鮮半島からは、無紋土器である。

が、?須恵器、土師器、陶工の渡来は、紀元前百年前だった。

ここに北部九州渡来の、代名詞は?漢族である。
中華とも、華夏族の代名詞は、漢字を使う事からきている。

見てほしいのは?この写真?




c0095642_205466.jpg


にもあるように、九州歴史資料館学芸員の、小田和利学芸調査室長の、祭祀楽器の可能性もありえるとしている。大いに期待されるだろう。
ラッパは、朝鮮半島からは出土していない。

写真でラッパの、先に△の切れ込みが、あるのが注目される。
三角は神の印で、音を出すのに、関係するのは儀式が行われていたという事実が出ている。

土器は祭祀に用いられるというのが、土器の代名詞でもあった。


筑前町文化財室保存の、須恵器壺に、印紋硬陶と同じで、夜須の窯でつくられている。

c0095642_2085292.jpg


このように、土器は江南から渡来した紀元前の工人陶工作によるとする。


中国江南地方から発掘された須恵器と同じであった。



c0095642_2012242.jpg


廣州浮扶嶺古墓群發掘と一致している。

このように、土器は江南から渡来した紀元前の工人陶工作によるとする。

次に、土器に刻印されている文字は古代中国春秋時代からの、象形文字が小郡からも出土していて、武夷越宮から十万人がいなくなったのに、相応していた事が象形文字が小郡からも出土で判明している。

何故に学者は、須恵器土師器は、五世紀朝鮮から渡来した、としているのか、不明確である?
日本の歴史は一からやり直せ?

赤土色の土器は野焼き、ではない。
[PR]
by kouhoka | 2014-02-14 20:13