「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

弓削氏が、上秋月の多々良に、鍛冶をおこなっていた

弓削氏が、上秋月の多々良に、鍛冶をおこなっていた事が、白木神社に、あり、守人の内田しげる氏の話により、白木(新羅)社が、妙見神社の起こりと、なったと、いう。
妙見神社は古く、雲南の浙江省、武夷山城村から渡ってきたという、ウガヤ丑尊によって、有明海の沿岸についた、地名にも、周辺には、
妙見に類するいわれが、伝わっている。
小郡にも妙見神社の起こりと、なったと、いう。

妙見とは、太陽信仰の北斗七星から起きていると、児島宮は、発表していた。

上秋月の多々良の伝説はこの、新羅との関係を、記しており、
新羅祖の王は、夜須のウガヤ丑尊と妻の玉依姫の間に、できた男が母玉依姫の里にいったと、「記紀」に記している。

タタラとは鉄や銅の鋳造のことで、
古くはメソポタミアで、始まったといわれる。
鉄や銅の鋳造は、朝鮮半島から日本に伝わったと、見識のない考古学者の、推察は、新羅祖の王は、夜須松延平山城のウガヤ丑尊と妻の玉依姫の間に、できた男が母玉依姫の里にいったのを、知らない。

白木神社に、あり、守人のしげる氏はさらに、
語り、この白木神社の真北の山には古代の、かたりつぎで、
鉄魂が、とれていたと、いう。
白木神社の近くの川の中から、鉄魂の鋳造が、行われていたことを示す、鉄魂を、守っていると語った。

この説話により、
弓削氏が鉄魂の鋳造をしていたことが、白木神社の解説板で、確認される。
この話に付属するのがメソポタミアの宇宙信仰と妙見の類関係である。

私が調査したところ、守人のしげる氏の案内により、
白木神社の神体が、石由来に、なっていた事が解った。

白木神社の由来は、
弓削氏が関わっていた。

弓削氏が製作したという鉄の矢じりが、発掘されているという。

平安時代初めの『先代旧事本紀』では物部尾輿が弓削連の祖である倭古連の女子、阿佐姫と加波流姫を妻としたとある。また尾輿と阿佐姫の子守屋は弓削大連と名乗った[13]。『日本書紀』でも守屋は随所で物部弓削守屋と呼ばれている。

白木神社の由来はこりの頃(平安時代初め)ということが解る。

物部守屋の後裔を称して河内国若江郡弓削郷を本貫とする。守屋の母姓弓削に因み後裔は弓削を称する。
 天平宝字五年、弓削道鏡は近江保良宮で孝謙女帝の病を癒して寵を受け、以後栄進して太政大臣禅師さらに法王まで昇るが、宇佐神託事件により失脚してその後下野薬師寺別当に左遷される。


八尾市東弓削町1丁目 (志紀駅の北側) 八尾市弓削町1丁目 (志紀駅の南側) 最寄駅:JR大和路線「志紀」下車、. 八尾市内には弓削神社を名乗る社は2社あり、国道25号線(というよりJR大和路線「志紀駅」の方が分かりやすいが)古代から近代までの資料が
付火により、八尾市考古資料が、消失廃塵に帰した。

この事件の背後には、明治以降の天皇が関係しているのだろう?

布都御魂神の別名と言われ、物部氏族の弓削氏との関係は、
弓削氏が鉄魂の鋳造をしていた事が相似している。

物部守屋は『日本書紀』等で弓削大連とも称されます。この一帯に縁故の人物だったようです。
『旧事本紀』は、彼の母が弓削氏のむすめだったとしています。

弓削氏(ゆげうじ、ゆげし)は、古代の日本で弓を製作する弓削部を統率した氏族で、祖先伝承や根拠地域が異なる複数系統がある。


72年)は奈良時代の高僧で、八尾市南部を拠点にしていた豪族・弓削(ゆげ)氏の出身です。「弓削(ゆげ)」という文字は、今も八尾市の地名に残っています。
[PR]
by kouhoka | 2013-10-28 19:57