<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 「小隈窯跡群」における初期須恵器の生産に携わった工人

二号窯跡の断面を見ると、床幅は1.5mであり、側壁は現況で高さ0.9m
三基も確認されている、(2012)
この窯跡について、生産に携わった工人は工人は朝鮮半島から渡来した集団と佐藤正義氏は、検討されているが、
朝鮮半島ではなく、
丘陵斜面を利用した登り窯の構造は、中国浙江省会稽安邑が最も古い。

c0095642_8593559.jpg

一号窯跡の東の灰原から出土した
c0095642_905062.jpg


初期須恵器の生産を行った窯跡が二か所知られている。  三並の鳥巣池の北岸に立地する「八並窯跡」がその一つである。

児島宮歴研会では、平安時代に至る祭祀磁器は龍窯(のぼり窯)としている。
武夷城村の武夷宮には、山裾に龍窯(のぼり窯)が、確認され、武夷と文字が「古事記」に流れ
(系、トーテム)と記している。
今までの歴史はすべて憶測によるもので、書き改め、直しが求められる。
猶、著作権は児島宮にある。
児島宮でなければ、解説は不可能である。

5〜6世紀の大阪陶邑産須恵器の分布夜須-3-小隈窯跡群( 福岡県甘木市)周辺の古墳出土須恵器の産地。

平安時代に至る祭祀と関わるのは、天皇家でもなく、初代から延々と続いている児島宮家だけしかない?
児島宮家とは?
児島宮は承久年時の後鳥羽上皇の息、頼任親王(児島宮)とあり、冷泉宮呼ばれていた。
頼任親王(児島宮)後胤児島高徳が、宮家の祖となっている。

私達が知っているのは、天皇の後胤と、しているが、
宮家の由来は、日本がまだ始まる前から、あって、古代中国なくしては、語る事はできません?
天の宮が宮家の由来で、
是と関係しているのは、今から5000年前の夏王朝の、夏后、だけである。

天皇後胤が天皇家なのか?
これは、中国の王朝の夏王朝、の王女と結ばれて生まれた子が、殷族の、周王朝、で、息は七国に分かれ、春秋時代へと移る。
周王朝の王の室となった、国王が覇者となり、呉国と越国が、覇者闘争になるが、
覇者になっても、
強国だけでは、天の祀りは、行えませんでした?それは天子ではないからです。秦の始皇帝話

言い換えれば、
天の流れを汲んでいなければ、天皇ではないのです。ここに天の宮家が、本来の天皇にあたるのです。
天皇に関わる社は日本に残っているのか?
大覚寺、仁和寺、大徳寺が、天の宮家とその臣下となって伝わって、いるようです。

祭祀磁器は龍窯(のぼり窯)との関係が、おわかりになりましたか?
天の宮の流れを給(たまわる)んで、龍窯(のぼり窯)が営まれていたのです。
給(たまわる)という象形文字が、壷に刻印されていて、八並窯跡から出土している。
ここに龍窯の由来が、?のぼり窯は、天から賜わる磁器となっていた。
ここに三角法則が出ている?
三角法則も?天から賜わるである。

今の神社仏閣、にはそれが当て、はまらないようです。

現代日本人が知らない日本語?は天から賜わる方式である。
[PR]
by kouhoka | 2013-04-17 09:01 | 夜須小隈窯は日本最古