「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

伝えること、見習うこと 

年頭によせて
「伝えること、見習うこと」
それは憲法ではありません。
学問教育ではありません。

「すまひ」[末比]天」天の御中主、
 日本が閉鎖されるより遙か前のことだから、相当経過している。
伝えること、見習うこと。
どのような人の前でも、いつも真相を伝えること。

弟子は師に見習う。

モノづくり日本から見習うこと。

真似ること. 「学ぶ」ということばは、「まねぶ」が語源であると言われます。 全ての
学習は手本を見習うことから始まります。

《故事・ことわざ・四字熟語》 辞典・「ひ」

「鑑」は金属製の鏡、また見習うべき手本。

http://smokakhai.progoo.com/bbs/thread_1.html

今年もお祝いを伝えることができて、
うれしいです。

相撲は天に、[末比]之

末比の語源由来について、
振る舞いとも、之。

平安時代の辞書『和名抄』に「相撲 須末比」とあるように、古くは「すまひ」と呼ばれた。

「すまひ」 とは?
神ことば、である。

平安時代の辞書『和名抄』に「相撲 須末比」とあるように、古くは「すまひ」と呼ばれ、ここにも、「すまひ」 とは?

といろいろな字があてられていた。

天に習う、比べる事から、「すまひ」 という。
神ことば、である。
現代人には何であれども、解釈は出来ない。

角杯サイコロの数七に相応する?基準と同じ
女媧(じょか、Nüwa)伏羲図
角杯ってなんのこと ものさし 
リュトンと呼ばれる杯の原型「角杯」はまさに古代メソポタミア発祥。

イランの歴史は近隣のメソポタミア文明の影響を強く受けた文化が生まれた。

すえ【末】とは。意味や解説。1 (本(もと)に対して)続いているものの先端の方。

「すまひ」とは、ありさま。ようす。

今集や万葉集に憧れる古典的センスがどういうものかというとつまり枕詞のような年寄名が多いということで、枕詞とは例えば「黒」「髪」などに係る「ぬばたまの」や、「神」などに係る「千早振る」といったものである。

すまい 〔すまひ〕 【住(ま)い】 住むこと。また、暮らし。生活。

日本人が、日々の生活の中で何気なく感じた文化の違いをご紹介する。

アスナロの木. 中庭に2本のアスナロ(ヒバ)の木があります。 ヒノキに似ていることから、昔から「明日(アス)はヒノキに(ナロ)う」の意味があると言う説があります。

すまひ御覧ずる日……毎年7月、天皇が宮中で全国から召し集めた屈強の若者たちの相撲をご覧になる節日。毎年2~3月、左右近衛府から部領使(ことりづかひ)を全国に派遣、相撲人を徴発、7月15・16日ころ「召仰せ(相撲御覧を行うという勅命)」、7月26日に「内取り(仁寿殿の東庭で下稽古)」、28日に「召合せ(紫宸殿前で勝者選抜相撲)」、29日ごろ「抜き出し(前日の勝者から選抜し御前相撲)」と続く。

たづきなき旅の空なるすまひ……集まった力士たちが、故郷から離れた京にいて、しかも雨で相撲もできない、なすこともない旅であるのと同じように、宮仕えの宿直をする式部たちもまた、行事を見られず、することもなく旅の仮寝のような場所(宮中)にいる。「相撲」と「住まひ」を懸ける。
御覧とどまりにけり……「とまりにけり」とある

「神に見習うこと」であるが、
憲法下に、いては、何も、訳「すまひ」[末比]振る舞いは、通じないであろう。
何?「神に見習うこと」とは、いったい何?

「この現世の事は。よく神に見習うべきです。
人間的かケダモノ的か? 夏礼とは夏礼に見習う事である。継承にせよ 子曰く、殷は夏
の礼に因る。損益する所知るべきなり。周は殷の礼による。「子孫何。十世可知也。子曰
,殷因於夏礼。 日の丸は夏礼とは夏礼に見習う事である。




--------------------------------------------------------------------------------

[95] 憲法下に見習っては、 Name:児島宮歴研会  NEW! 2013/01/13(日) 11:27

憲法下に、いては、何も、訳「すまひ」[末比]振る舞いは、通じないであろう。

世界の現代は逆送している。
見習う3つのこと。
この現世の事は、よく神の教えを見習うべきです。
愛情豊かで、爽やかで清々しい神気を見習うことです。
日々の《気》持ちと《心》掛けが大事です。 心掛けには、《心をみがけ》と言う意味もあります。

私たちが見習うべき模範を忘れている。

崇拝
することではなく、神の摂理に忠実な生き方をした“人間の手本”として見習うことである。

売りにしている宗教団体、神社仏閣や霊能者は相手にしてはいけない。

主「天」に見習うことです。

天に、[末比]之


須末比とは?
相撲の由来古くは「すまひ」 禹はイラクメソポタミアのウ王が祖先でした。
サイコロ
[末比]天」
須とはしゅ、の事なり、然るに須末比とは?主は天なりの意味。

あめの御中主と同語。

日本のあるじは、児島宮。
平家と源氏の主は、後白河上皇と後鳥羽上皇である。

何故児島宮が平家や頼朝が、すまひ、ではないのは、[末比]天」のきまり事では、ないからである。
清盛も頼朝も、天から、ゆだねられて、なったのでは、ないのです。
まつり事の頂点は、天から、ゆだねられて、から始まる。

天子から奪い取るのは鬼、正しくはないという事である。



c0095642_11595760.png

[PR]
by kouhoka | 2013-01-13 11:58 | 日本はすべて一致