<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新年の間違いで禍降りかかる、まつり事を間違うと、わざわいが降りかかる

c0095642_1338449.png


まつり事を間違うと、わざわいが降りかかる
事を間違うと、わざわいが降りかかる(相対性の論理)

事を間違うと、わざわいと、なって、帰ってくるとしています。

間違うとその後の過程も誤る?
人にわざわいをもたらす目に見えない隠れた者が 鬼(隠オニ)と呼ばれていた。 中国
間違えるなんてとんでもない事なんです。
本当は何にもわかってないんじゃないの?

膿んだ物は潰せ. 災いのもとになるようなものは断ち切ったほうが良いということ 。

「中身は何もないからアイドルだ」と本音を吐く。
本当は何にもわかってないんじゃないの?
原発アイドルは売らんがために中年男たちが「作った存在」だったのだ。
マスコミの功罪は、政治が「作った存在」だった。

衆議院選挙は、自民党が圧勝は?在日韓国北朝鮮人政財界が、「作った存在」だった。
中身は何もないから、選挙だ。
垣間見える日本社会の表と裏。
政治?「中身は何もないから」本当は何にもわかってないんじゃないの?

国民は、?「中身は何もないから能無し」本当は何にもわかってないんじゃないの?

『新年の間違いで禍降りかかる』
借金の保証人にはなっても、人の保証人にはなるなということ。「金請け」は借金の保証 人、「人請け」は奉公人などの身元保証人。借金の保証は契約金額だけにとどまるが、 人物の保証にはここまでという限りがない。うっかりすると、どんな迷惑が降りかかる事になる。

選挙に投票とは、人の保証人と同音。
行くなとしたのはこの為なり。人はあてにならない。
天下大乱になると、国も家も ..... たとえば、山から一土一石を 取ってきて、「これが山だ」と言ったら、それは間違いだ。
人選に誤りがあれば、他日、禍は諸君の身にも降りかかる。
本当は国民は何にもわかってないんじゃないの?

災難がふりかかる以前に、それに対する備えをしておかなければ ならない。
事のおこりは 自分に直接降りかかるということで、「雷吼の如く」驚くことになるとされます。

原発事故や敦賀原発破壊 の何千万何億倍もの禍が人類に降りかかり、地球の生きとし生ける物を絶滅させるだ ろう。

高校授業料無料化の功罪は、他人の保障をするという事になり、何千万何億倍もの禍が人類に降りかかる。なんでそんな事するのか?国民は?本当は何にもわかってないんじゃないの?禍は全国民の身にも降りかかる。政治家に投票したのが、?他人の保証人にはなるなということ。
生活ができないのは、国民が、他人の保障、政治家に投票保障したのが、間違いで禍降りかかる。


ここで憲法とは、他人の保証人に国民が、なるという事である。

やめるのが得策である。

資本主義、と社会主義とは、他人の保証人に国民が、なるという事である。

国民を苦しめる憲法を何故守る?本当は国民は何にもわかってないんじゃないの?

そんなに、したけりゃアー、他人の保証人に国民が、なるという事である。
[PR]
by kouhoka | 2012-12-28 13:08 | 日本人の素質がなくなった