<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

天の邪鬼語源

あまのじゃく. 【意味】 あまのじゃくとは、わざと他人の言行に逆らうひねくれ者。天の邪鬼。あまのじゃこ。 【あまのじゃくの語源・由来】.
天の邪鬼とは 飛んだやぶへびの事無意味無価値をいう
上のことばかり見ていて、下のことが判らないこと
下とは足元

天邪鬼像天の邪鬼(あまのじゃく、あまんじゃく)
あまのじゃく
とは、わざと他人の言行に逆らうひねくれ者。

あまのじゃく
の語源・由来. あまのじゃくは、「天探女(あまのさぐめ)」という悪神の名前が転化したもの
『古事記日本書紀』人の心の内を探り意に逆らうひねくれ者

仏教では人間のぼんのうの象徴としている
解釈と評価の違いで、仏教とはに、根拠が出ていて事無意味無価値をいう
天の利のほうが自然で、足で踏みつけているのが、仏教誤りを認めないので、足下になる意。

わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ。

当て字 言葉の元になっている
ヘソ曲がりな人を指す言葉
鬼がひねくれ者だったところからきている
仏教の教えを無学としたもの
神話とは「古事記」のことで天探女が出てくる段神話に登場する「天探女(あまのさぐめ)」という意地悪な女神からきた。
踏みつけられている
「瓜子織り姫」の昔話姫に化けたアマノジャクは人をだます。

屍体の中から再び芽生えるという、大自然の死と再生を現したもの。

つまり原点にはんするものは、皆踏みつけられる見本。

スサノヲがオホゲツヒメに食物を乞うたところ、女神は鼻・口・尻から種々のおいしい食べ物を取りだし、さまざまに料理し整えてさしあげた。これをのぞき見たスサノヲは、けがれた物を食べさせようとしたと怒って、女神を殺害してしまう。すると、殺された女神の頭から蚕が、二つの目から稲種が、二つの耳からアワが、鼻から小豆が、女陰から麦が、尻から大豆が化生したと古事記にある。

縄文人は土偶のかけらを土の中に逆立てて埋め、そこを聖なる場として祭っていた
瓜子姫は必ず食べられなければならなかった。アマノジャクは必ず細切れにされ、畑にまかれ肥やしに、しなければならなかった。

神や人に逆らい意地が悪く、人の心を探り、姿や口真似を得意とするが最後には滅ぼさ
れるという悪者の典型。天探女(あめのさぐめ)との共通性がある
人の思っている事の反対の事をしては人々を困らせる、それが天邪鬼。
天邪鬼には、人の
心を読みとる能力があり、その力二枚舌を使って悪さをする。

人間に知らなければを問うている神話
伝型的な悪人のこと
全然知らない人が、知る事は出来ない例えの教え。
現代日本と似ている、本質と知りながら、二枚舌で認めない事。
物事をよく見てると思い
きや、都合の悪い事からは目をそらしている。
いろいろと想像たくみ、なことを考えつくから頭がいいのかと思いきや、実に簡単に騙される。
物事をよく見てると思いきや、都合の悪い事からは目をそらしている。
真実を隠して、裏腹に偏屈事をいう。
原始時代の伝型的な象徴。
現代日本人に、相似する。
真実に相似しない事。

真実に添うのが、原理。

一言で云えば神に添わず、仏憲法に、添っているのが現代日本人。
今考えければ、自分は何に、動かされているのか?見ないで、動く事。
ほとんどの日本人が、知らないで解らない有様。

「天」は記紀の由来にもとづく。
今の日本人は、天皇を知らないで、又関係ないから、知ろうともしない事の表れ。
当者の、大室明治変天皇は、日本の天皇とは無関係としても、関係ないからと、知ろうとも、せず、見向きもしないのは、現代日本人は皆天の邪鬼といえる。
[PR]
by kouhoka | 2012-08-08 06:55

ならわしの、とおりにしない、現代人

日本には、むかしむかし、より、
なわしの、とおりに、すべて
やりなさいと、語り次がれていました。

昔々物語も語り次がれていました。
最初のならわしの とおりに行なっている。
主を恐れているのでもなく、主にすりかわり、その名をなのっている。日本名在日韓国北朝鮮人?
慣わし の通りにしない明治以降の日本人は、神々に背いているようです。

習わし通りに食べたことは. ありません。 方角などは気にせず。

商人が軒を連ねる通りーそれが、下土手町通りの古くの姿でした。


習わしって言いますが絶対にそのとおりになるのでしょうか ...

昔からのならわしである屠蘇を、ならわし通りに器に入れて飲んだ。
今はぜんぜん、していません、すべてが、していません。

各地の神社に風習として伝わっているようですが出雲大社でも、いただいた人形に、自分の名前と数え年を書き身体をなでて、息を吹きかけ、邪気を移しかえます。
この土地の慣わし通り、33日目でお宮参りをしました。

人々は習わし 通り、親戚回りをし、友人を訪ね、温かい雰囲気が満ち溢れる。 山西省では、6月6日に、嫁に行った娘とその夫を家に迎えて団欒する。この日は「姑姑節」と呼ばれる。

大豆をまく習わしがあり、. 「福. は内、鬼は外」 土地土地の習わしも引き継いでいかないとね。 児島宮では、ただ日本で一社だけ守り受け継いでいます。 信じる信じないは、 そちらの勝手とかいう習わしのとおりです。http://inublo.jp/blog/may158/180182

「ウが開いたのが、神社の習わし」探索してください

使った盤は神地に残すのが習わし。
正倉院はこの習わしがあった。
消えると、戻ってくるのがいつもの習わし。
もともと日本人の霊は里帰りさせる習わしになっている。
形骸化した風習や習わし
「分け合えば足りる、奪い合えば足りない」 昔の人は偉いなあ。「ネット上の参考文」

拾った餅は焼いて食べると火事に遭うと言い、煮て食べると水難に遭うといい、
そのまま食べるのが習わしとされていた。棟上祭

日本国の日本人の行儀や習わしを、間違いなく行う事。それてる現代日本人。
嘘か真か?

誰が務めたかは秘密にするのが習わし
言い習わし、諺(コトワザ)、 格言 ★ 類語 ⇒という 言い習わしを守っていますか。
大豆をまく習わしがあり、. 「福. は内、鬼は外」

土地土地の習わしも引き継いでいかないとね。
児島宮では、ただ日本で一社だけ守り受け継いでいます。
信じる信じないは、そちらの勝手とかいう習わしのとおりです。
居住地で式をあげる習わし になっている。

男神の名前には木(キ)、女神には実(ミ)と付けるのが習わしになりました。
最初の祖は一般に
オホヒコとするのが習わしです。

今の日本では憲法に変えられ、ならわしは廃されてしまいました。
おしまいです。
http://blog.livedoor.jp/kojimalekiken/archives/2012-08.html
[PR]
by kouhoka | 2012-08-06 19:34