<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

古代の倭国を知るための秘策をお教えいたしましょう

古代の倭国を知るための秘策をお教えいたしましょう。
邪馬台国に行き着くまでにはこれなくしては解読不可能
といえるくらい大切な事柄なのです。
考古学協会もこれを解読出来なければ、年代測定も
正確だとはなりません。すべてが解決されてこそ
始めて見える古代の日本へいざ.....
古代中国夏王朝の都を安邑(やすむら、夜須村もこれが由来で
   今まで誰も気がつかず、これから倭国が始まっていた)
この鍵は夜須の児島宮とその祭神がかかわり、ウガヤと天満神
から始まり桓武から後鳥羽、児島へと続く流れは誰も関れない
秘密に覆われていました。ここでは土地名から来ていた、古代
項について語ろう。
中国先史時代王朝は黄河文明から春秋戦国と魏へと続き秦により
滅ぼされ魏が又取り戻し三国時代を迎える。日本の北部民族は
ここから起源前210年以降渡来し、ここからが倭国の始まりである
が、歴博の行過ぎた年代の測定は矛盾をきたしたが、誰もこの
事に気がついていない。人がいないのに稲作があったと発表した
のは遺憾であると指摘する。 ここでは少しこれについて触れて
おきたい事がある。始皇帝は会稽山に夏王兎を祀らせ天満神とした
が、日本の天満宮の成り立ちである。ではいつ頃始まっていたのか
思い起こせば、古代中国が判る人ならば容易に見えるであろう。
秦が滅んでから倭人は渡来しているのに、その以前に倭人が居たと
解説した歴博は思い違いであり、訂正せねば疑惑失態の連続で信用も
落ちるであろう。
稲作はどうして始まったのか、戦乱の中稲作等出来る訳はない、戦乱は
何故起こったのか? これを検討しなければならないし、本質の古代へは
たどれないのは必死である。戦乱は秦が滅んで、渡来したにはいいのだが
食べ物がない、これが主な原因であった。
『古事記』の編纂者は思い兼命といい秦の始皇帝後裔でありました、それで
詳しかったのだ、これを参考に神の世界は正統王朝後継者ウガヤが国を
統治していて、諸々の神々が登場しているのは、兎を先とするウガヤが
これを倭国に広め今日に至っている。それが夜須である」

児島~~Link(13 Mar 2004 17:54:34) http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/bbs/20043.html
考古学が叫ばれる中、考古学にたよるから間違いがおこると提言する。
邪馬台国が解決しているのに、学者が認めないと真実にはならないのか?
これが実に可笑しい、学者が全てではなかろう、実際系統の自らがいるのだから
、これが邪馬台国を知る児島高徳家一員である鷲が居るから。
歴史はこれらの秘密を探し出すのは到底無理であろう。
邪馬台国の実情は熊野神社や家紋により判別出来、古代書『梁書』は阿部仲麻呂が
伝えた大和政権から桓武に至る記録なのである。
先ずこれを理解しないと、日本の歴史の承認は得られないだろう。
むりやり学者だからとした、これまでの古代史はもう古くなりつつある。

相似性で見つけよう、似ていなければ、
これは2004年記載と同じ相対している?
すり替えても元と同じにならない、のです。

「古事記文中」にある?福建省の「武夷の城村」と同じ、相似が見えて、きませんか?
日本とそっくりですね?
近年福建省の「武夷の城村」は龍窯やお茶の産地でも、似ているのは?はじまりだからなのです?

「太平記」こじまたかのりは、日本の先祖を知って書いた?越王勾賎の祖は夏王朝でした。

安本美典氏も古田武彦氏も、日本の原点にぱ、いたって、いられ、ないようです。
歴史も基本が大切です。
日本の歴史は、児島宮の、歴史にあると、
いうのは?間違いでしょうか?

夏王朝を調査したという早稲田大学ですらも、児島宮の歴史は、何も知られて、いないようですが、ここに日本の歴史との関係が何故、判るのか?
基本は知らないでは書けない?が原点のはず?
宮内庁ですら、児島宮の歴史は、何も知られて、いないようですが、何故天皇と関係しているというのか?

それは児島宮と児島高徳を抹殺したという、久米論は、同じなのでしょう、批判ではなく警告です。
1452夜『四川と長江文明』古賀登|松岡正剛の千夜千冊も盗作?同じなのでしょう、批判ではなく警告です。
http://1000ya.isis.ne.jp/1452.html早稲田大学 アジア研究機構 OAS|OAS研究最前線 | バックナンバー
その個々の調査内容は早稲田大学東洋史懇話会が刊行している雑誌『史滴』や研究所の年報である『早稲田大学長江流域文化研究所 ..http://www.kikou.waseda.ac.jp/asia/oasresearch/index.html河姆渡遺跡博物館 ? 早稲田大学長江流域文化調査隊のレポート
早稲田大学文学部長江流域文化調査隊は、中国古代文明の源流とその成立の過程、 およびそれと日本の基層文化との関係を明らかにするため、 四川省をおもなフィールドとしてその考古学・歴史学・民族学を総合した地域史研究を進めております。とここに?早稲田大学文学部は、児島宮も知らない?日本の「接点」と、しないで、
されるのか?盗作としかならないでしょう?

日本の「接点」とは?つながりの事?他にはないのですが?
http://www.kikou.waseda.ac.jp/sougou/houkoku/2000/Cont05_Vitality/A7_2000/A7_2000_a.html
早稲田大学は今の皇室在日韓国北朝鮮人の、先祖大隈重信が建設したそうである。これと?日本の歴史は[接点」は、どこにも、ありません?
今の伊勢神宮ですらも、今の皇室在日韓国北朝鮮人の宮内庁組織スパイ工作は、在日韓国北朝鮮人池田厚子と黒田清子、に、国民が知らないのを、よいことに、役に就けている。恥ずかしべき行為です?
勿論黒田も、日本名の在日韓国北朝鮮人?松平も、断絶していて、すり替わった?日本名の在日韓国北朝鮮人?松平が暗躍?している。


夏王朝 - 中国基本情報
献上で商(殷)が夏を滅ぼした記述と符合し、二里頭文化が夏王朝の存在を証明することが明らかになりました。
[PR]
by kouhoka | 2012-07-29 08:46