「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

宇宙の太源

それは、はじめ天地創造(地球だけでなく、この宇宙の創造にを、ご覧になればの事です。
ほとんど同じなのです相関関係というものです。
「カオス」の世界というのは、とにもかくにも、真っ暗で、だだっ広くて、ごちゃごちゃした、まるで真っ黒い、もやもやとした煤(すす)の煙の中のような世界であった、相関関係というものです。
宇宙の創造ということに対して、人類は?
真っ向から妨害し、邪魔するような行為を始めるようになっていった、ということなのです。しわよせは来る起きる。

宇宙の歴史というのは、サイクルの繰り返しが起きているということなのです。マヤは知っていたのです。受け入れるか受け入れないが?

反創造主(いわゆる、偽神や悪魔のような存在)が出てきては、それを即座に壊したり、なし崩しにしたりするのが現代です、沢山の事書いてきました。歴史のサイクルの繰り返しになっているようであった。といっています。

「宇宙の太源」

「創造主なる神」によって天地万物のありかたを、
創造主である神様に反し創造主(いわゆる、偽神や悪魔のような存在)が出てきたイエス、アッラー、統一教会、などです。それを即座に壊したり、なし崩しにしたりするのが現代です、掲示板でも、沢山の事書いてきました。
やはり、サイクルの繰り返しが起きているということなのです。ということは、今の世界観が見える。閉じられる時。
大洪水のとき地球の両極付近から起こった冷却は通常考えられるものよりも瞬間的だったとする。

サタンにまどわされたアダムが罪を犯して堕落し、人間は罪の刑罰として死ぬ。宇宙の穴ブラックホールの中へ。

つまり、地球人の創造主は宇宙人アヌンナキだという事です。
地球に来訪していて、やはり地球人を創造していたという事です。ひとりでに、はじまることは、ありません。
シュメール語訳『古事記』で見てみよう。
「ニビルと言う星からやってきたアヌンナキと言う人々が人類を作り、そして、地球文明(シュメール)を興した」と。

シュメール神話に出てくる説話と同じものが、『記紀』にも登場する。日本とシュメールは同祖だった。

「天地開闢」

天地開闢(てんちかいびゃく)とは、世界の始まりのこと。 天と地はもともとは混沌として一つであったのが、天と地に分離したとする中国の古代思想を背景にこの表現は
成り立っている。

天地がその姿かたちをなす前、全ては卵の中身のようにドロドロで、混沌としていた。その中に、天地開闢の主人公となる盤古開天(ばんこかいてん)とも。が生まれた。伏羲 女?
[PR]
by kouhoka | 2011-06-15 16:56 | 宇宙の太源