<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新しいものから先にして(行政)、昔からの一番大切さが、判らなくなっている

新しいものから先にして(行政)、昔からの一番大切さが、判らなくなっている
この意味が理解出来ない世界は、ずれている?!見分け方が、何か 世界の人間が崩壊してしまった。としよりを不幸にしている。

人間失格とは?一言でいえば?
親が子を作る、そして育てる、これが始まりで、最後は、子供が親のめんどうを、みる?これをつながりという。
つながりがない事が、人間喪失である。
人間はつながりによって、生まれるもの。
これがうまくいっていないのなら、人間失格といえる。

現代は、ひとことで表わせば?
【憲法と政治が、人間の適正】、であると、しているのが?日本人が読みきれない?部分で、
憲法と政治よりも一番大切な事?はじめとおわりが、つながって、いないと、児島宮家祭主はいう。
【憲法と政治が、人間の適正】、は人間喪失になるという。

人間として、あたり前の事をしていないという事である。人間失格とは?一言でいえば?

人間として、あたり前の事をしていない?
第一にあげれば、憲法は、人間には当たり前ではない。
政治にたよるのも、人間には当たり前ではない。すべて振り切れるか?きれない、ところまできている。
政治も憲法も、
人間から切り離して、しまわねば、ならないのである。
それは当たり前ではないからだ?
当たり前とするのは幻想にとりつかれているからである。

「人間は何に頼っていた」のか忘れてしまったので、騒乱がおきる?

「人間は何に頼っていた」それは生みの親、神々の恩恵を、
うけていたのに、ひとつも、参拝していない?参拝しているのは?各地の神社で?
神のよりしろではない?

よりしろとは、神の今住まう場所のことである。

今一口で表わすと政治と憲法は、馬鹿の集まり達でしかない?名誉教授ですら、今一口で表わすと政治と憲法と答えるだろう。
間違いである。
それよりも、神にまっさきに、感謝しなければ、現代に繋がらない?

地球と人間の始まりは、?政治と憲法ではない。
地球と人間の始まりが、うみの親で、自身とつながっている。
感じないのは、人間失格である。

現代は?今一口で表わすと政治と憲法と答えるだろう。で?すべて、ぶち、切れている。

政治なんてどうでもよいのだ。
それは自身を、政治は、大切に扱っていないであろう?
読みきれないだけである。
児島宮家祭主はいう。

相撲界は完全に感じないのは、人間失格である。児島宮家祭主はいう。

今の政治も人間失格である、人間失格が政治をしている?
終始が判る感じる、感謝を表わす者しか、人間とはいえない。

相撲とは勝敗を、きめる、としているが?
それは、しきたり、どうりには、
現代はなっていない。

しきり、
そろいふみ?
しこふみ?
は、相撲界は、おこなっていない。

日本古来から、相撲にかぎらず?
段取りを踏んでいく。
相撲協会なる組織が勝手に、している?
これは相撲とはいわない?それははじまりがないからである?
はじまりとは何か?

児島宮の意向に添う努力をすべきだと思います。

変化を嫌うという こと。にある?

昔の日本の原風景を表している。
今は皇室により、とりこわされました。
皇室は皇ではありません?洪湿です?
かつての日本がそこにある。

いかなかったりする場合、経験者に尋ねるしかない。
祝いは、
古来よりのしきたりです。
現代においては必ずしも、しきたり通りに 戌の日に行うのではなく、夫婦や家族の都合にしてしまいます。

しきたり通りに、戒名が西本願寺は書いていませんので、とむらいには、なっていません?

法要のしきたりと料理. なぜ七日ごとに法要するの? ... 三途の川というのは、渡り方 に3通りの方法があるからで、善人は橋を渡れますが、罪を犯した者は浅瀬の道(比較的 軽い罪)または深い濁流の道(重い罪)を通らなければなりません。

全てが「しきたり」で決められている。
この「しきたり」を全て覚えないと、国民 として受け入れてもらえない。
決められた「しきたり」通り生きて行けば良いの だから。 迷うことはない。

長く続いてきたしきたりには、それなりに人間の知恵が秘められている。

が今の日本人には、しきたりは全然なくなっている。

ここで相撲はしきたりの通りでは無い事が判りましたか?

それは現代風弔いと同じやり方です。懸賞金は、しきたりにはない?

茶道にもいえるが、しきたりどうりではないので?
茶道ではありません?

形ばかり整えてしきたり通りにしたり、 笑顔や言葉遣いを正しくて、心は醜い人がいる。 これを本末転倒という。

衣食を薄くして鬼神への供物を豊富にし、家室を質素なものにしてその費用を田畑のあいだの溝づくりにまわした。
「君王が君王たるにふさわしい道徳を誠実に行えば、臣下の考えは明らかになり、あい和して君王を補けるだろう。」夏禹
「ああ君王が慎んでその身がよくおさまり、思いを長久の道にいたしてすすみ、九族を正しくあつかって親しめば、衆多の賢人たちがその徳に感じて補翼するようになろう。

政治とは近きより遠きに及ぼすものだが、その根本は君王自身の徳にあるのだ」

着物姿を全く見た ことのない人が着物を着ようとすれば、いったい何を着れば良いのかと考えてしまうのも 道理です。
、「きもののしきたりが分らない」・・・おかしな話です。日本人の民族衣装であるきもののしきたりが分らない・・・、それはとりもなおさず日本人がきものを着なくなったからでしょう。
昔は皆がきものを着ていましたから、きもののしきたりは自然に身についていったものと思います。

しきたりは始も終わりも同じである日本 の道理の世界。 憲法はしきたりではない? ... 近年日本では、しきたりはありません、 ので、 しきたりの意味もわかっていない。
[PR]
by kouhoka | 2011-02-28 19:09