「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

三足とは、天子や諸侯の権威を示す「シンボル」

児島宮監修

竜山文化の陶製品で、高さは29.2センチである。
古代中国では,いわゆる三 足土器で炊飯していました。
類似品に竃と甑がある。
鳥形土器
三足の烏とは. 三足の烏に近い言葉→三足土器|八咫の烏|

竜山文化期(前2900~前2000頃)には三足土器が出現する。

竜山文化とも呼ばれる。黒陶は黒色の薄手の土器 でロクロも使用され、鬲(れき)・鼎(てい)などの三足土器が特徴的だという。

シュメール人が、神殿を中心とし城壁を持つ都市文明を築いた。この文明は、青銅器を伴い、文字が使用された。
王権が強化されて王は最高の神官となった。

三足土器 これは“蒸し器”の一種であり、最も古い鍋とも言われています。

鬲(レキ=袋状の足を持つ三足土器)
日と月の三足

須恵器日と月の三足のことである。

干潟に上陸した夏后は城山遺跡に根拠を残し甑が城山遺跡から別府大学により、発掘されている。
同時期にあたるのが七板遺蹟の土器埋葬は日と月須恵器が、夏后を表わしている。
西へ一キロいくと、夏后のガラス壁峯遺跡(夜須町)が、出土した。児島宮監修
福岡県筑前町東小田七板出土, 弥生時代(中期)・前2~前1世紀,

篠隈「大木遺跡」 ... 弥生時代 中期, タコシ遺跡(曽根田) 惣利 遺跡(砥上) 出口遺跡(東小田) 七板遺跡(東小田) 東小田峯遺跡(東小田)

東小田峯遺跡

c0095642_21361751.jpg






夜須町文字朝日「宮ノ上遺跡」 福岡県朝倉郡夜須町・東小田峯遺跡弥生時代後期の ヒルハタ遺跡 · 吹田(ふきだ)遺跡(夜須町) 福岡県朝倉郡夜須町の大木遺跡の環濠跡から 見える土器の廃棄跡現在地JA夜須 福岡県朝倉郡夜須町七板遺跡



東小田峯遺跡弥生時代後期

c0095642_21373020.jpg



これらは夏后土器という。児島宮監修

「ビン越土器」天斎に用いたことから、鼠色の 土器の名称須恵器(越土器) 河姆渡土器 戦国時代越土器 甑腹釜 夏后土器ともいう。

帝位を譲られ、夏后と称した。その死後、子孫が位を継ぎ、中国史上初の 世襲王朝 となった。第17代目の履葵(桀王)は暴虐であった爲諸侯が背き、「殷」の成湯大乙( 湯王)に討たれ、「夏」 は滅んだ。実在説は夏王朝の文化として、河南省偃師の土器

夏后は彩文土器や黒陶を生み出した。
天子の位を引き継ぎ、夏王朝とした。河姆渡土器 児島宮監修
越王の武夷山から、硬質土器窯が発掘され、鳥の風習から窯の名が鳥淫?と夜須の鳥巣 窯の、土器が、同じ事が、解りました。
其の先は禹の苗にして夏后帝少康の庶子也 。會稽に封ぜられ、以て禹の祀を奉守す。文身斷髮し、草(そうらい)(稲作農耕)を 開始した。児島宮監修

河南省の仰韶 村で彩文土器を発掘した。翌年の発掘によって竪穴住居跡が発見され、また多くの磨製 石斧・彩陶などの土器が出土した。

龍山文化と 同じ特徴を示しています。早期龍山文化ですが、仰韶文化 ... また、『竹書紀年』に「 夏后氏、禹居陽城」とあり、『漢書・地理志』の『世本』には「禹都陽城」とあります。

中国最古の王朝で 、夏后ともいう。児島宮監修

そこで越王勾銭について其の先兎の苗で夏后帝少康の庶子也封於会稽、にて奉守兎の祭祀 とある。
会稽(かいけい=中国の紹興市付近)

夏 后少康の祖は『山海経』には、夏朝の創始者禹の後胤とされている 。

日本で夏 后を立証できるのは、児島宮だけである。児島宮監修

鳥をトーテムとしたビン越夏后、の用語。 想像上の鳥。 妙音鳥などと意訳する (1)想像上の鳥。
夏后氏太康、徳を失い、夷人始めて畔(そむ)く。少康より已後、世に王化に服す。 遂に王門に賓せられ、其の楽譜を献ず」 夷人が(賓客の様に)『夏の王門」で音楽、舞踊 を献じた。
土器の還元焔焼成の導入土器の大量生産

会稽を領土とし、祖先の禹の祭祀を行い守った。児島宮監修
これより文明が開けた。

夏は、三代の王朝、夏・殷・周の王朝の最初に位置する。十七代、四三九年続き、都は安 邑にあった。
「論語によると、孔子の門人宰我が『夏后氏以松、殷人以柏、周人以栗、曰、使民戦栗也 』と言ったという(論語・巻2-21)。 「正確には『再現土器』

すべてのまつりは庶民の娯楽ではない、夏后の天子が行なうとある今日本の津々浦々で 行なわれているおまつりは、まつり、では、ありません ... 「鳥金うもう遺蹟の土器」 は夜須の鳥巣土器の先である。児島宮監修
[PR]
by kouhoka | 2010-09-13 21:46 | 武夷山闽越王城遗址