<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

吾が奉事の根原を記せしむる也

吾が奉事の根原を記せしむる也
南北の郊外で円丘と方丘とをならべ、冬至と夏至の祭祀を南北二つの郊外に配す。
祭祀之以禮,此即節文,. 乃為人子之禮也。所謂禮者,無所不包,男女有別,長. 幼有序 ,作事有規,淫亂不犯,此皆莊嚴,中正之禮儀. 也。然國之四維,禮、義、廉、恥,禮字 居 .... 要以仁慈,子女奉事父母,要以孝敬,父母教訓子女. ,不可存偏私之心,子女奉 事父母,不可分貴賤之見, 此即性之根原也。

天即理也。
暢草は香ひ草で、祭祀に当り、酒に和して地に注ぐと気を高遠に達して神を降すの効ありと言はれて居た。
人神牛首(じんしんぎうしゆ)の神農氏(しんのうし)が赭鞭(かはむち)を以て草木を鞭(むちう)ち、初めて百草を嘗(な)めて、医薬を知ったという。
草木土石の性質を会得して医道の祖となった
長い間の経験と幾多の犠牲とを払ひ、其の間に或は他動物の本能的になす所を見た
現実の物象を器といい、その根原を道という。

山形来落有根原、山是真上ハ神在
[PR]
by kouhoka | 2010-06-10 18:53 | 吾が奉事の根原を記せしむる也