「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三種のじんき、等始からなかった

八咫(やた)の鏡・草薙(くさなぎ)の剣(天叢雲(あまのむらくも)の剣)・八尺瓊(やさかに)の勾玉(まがたま)。みくさのかんだから。みくさのたからもの。 天照大神から授けられたとする鏡・剣・玉を指し、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物である。ウィキメディア

じつに、いい加減な解説がしてある。
もともと、存在していません?
近年明治革命以降天皇により捏造されたのは、いうまでもないだろう。

神器とは神の依代(よりしろ)を意味する。とここにも、知らない人の解説がしてある、神器とは神の依代とは、いえません。
但し過去には後鳥羽天皇など神器がない状態で即位したケースもあり、必ずしも即位の絶対条件ではない。


ここで神の依代(よりしろ)を意味するのは神殿のことです。
草薙(くさなぎ)の剣は、百済から、送られた、秘剣です。桓武祖から、送られたと記す。
八咫鏡(やたのかがみ)は、小部落の王ですら、使っていたものである?天皇の神器ではないことは、これからも、判るのだが。

⇒児島宮だけ、天帝の座まします、ところに、神はおまします。

何せ神器が神器であるため精確にはどこからどこへ渡っていったのかが不明なので、最高でも定説と無理に、神社本庁の説明。神社本庁すら明治以降に出来た組織なのだ。

八咫鏡の出典はネットの、井上氏による解説は、あてには、ならないでしょう。
三種の神器とはもともと皇位継承のしるしとして天皇に受け継がれてきた3種の宝物(八咫鏡・天叢雲剣・八尺瓊勾玉)のことで、それを現代人の宝物という意味はまったくの、コピー。

神器無しでの即位は後鳥羽天皇が後白河法皇の院宣により即位したという先例があり、三種の神器は即位の絶対条件ではない。
明治以降韓国から、密入国したきた、奴婢の捏造が、明治天皇になったの、であるから、
今の日本は、韓国奴婢の三種の神器魔法憲法と、同じである。
日本の天帝には、三種の神器等、はじめから、ありません。

⇒日本の天帝が謂うには、正統の法則なら、あるという。得る法則

⇒北斗、北斗星、七つの星、七曜の星とも呼ばれる。中国名は『史記』「天官書」など正史説北斗七星延命経』の名。
、中国では柄杓の器の部分を作る、天枢、天璇、天璣、天権の4つを魁(かい)、柄の部分を作る、玉衝、開陽、揺光の3つを標または杓(ひょう)、あわせて斗と一字でよぶこともある。

⇒天枢は第1陽明星とし以下、第2陰精星、第3真人星、第4玄冥星、第5丹元星、第6北極星、第7天関星、第8洞明星(輔星)、第9隠元星(弼星)の魂神であるとする。
人間のルールのことなり

⇒北斗七星はひしゃくのような形をしており、ひしゃく星とも呼ばれます。七支刀の発祥はここから。
妖刀といい、天帝が、悪魔退治に使ってきた、宝刀。


⇒天帝が、悪魔退治に使ってきた、宝刀
伝家の宝刀
鍛冶の神ヘパイストスによって作られたもの。
先駆となった偉大な人 〔注〕皇孫では天帝の意。

これらが明治以降起こしてきた、のが積み重なって今に至る。その要因は?、「最後はどれも 他人に罪をなすりつける?」悪魔奴婢李氏朝鮮では、もっとも嫌われていた民族ツングースモンゴルの混血。
「蒙古」ってのは漢民族が使った蔑称。

神は△形で仏は四角形です。数で善と悪が、きまります。
四角形は何も変わりません。
三角形は変わります。

やはり判りませんね。

宝刀とは、昔は、純粋に名刀の事だけを指していました。
それでは名刀とは?
いよいよという時以外にはみだりに使用しない,とっておきの物・手段など」。
悪人が使うことば、では、ありません、善人が退治するときに、使う刀、越王勾践の宝刀が語源。

ここに、児島宮だけ、天帝の呼び名が、始まりです。
[PR]
by kouhoka | 2009-10-21 13:32

現皇室であっても、皇孫ではないので使用禁止です

明治以降菊紋章が、禁止としなら、乱発しているのは、後ろ盾に、
大物が、仕向けているとしか、考えられない?
何故そういえるかと、いいますと、
菊紋章が関係しているとしても、何の得にもならないからです。
それで得する者しか、使わないのです。

禁止礼があるのに、全国で使用しているのに、児島宮家では、明治から、乱発されているのと、
同時に、神に関係ない神社が、誘発されつづけて、作られていた背景に、原因していると、見ています。
天理教や金光教や天津教、等は神、即ち天皇とは、無関係です。

宗教団体は日本古来の、菩薩ではありません、何頭かに、かこつけて、いるものが大抵です。
推奨宗教団体(在日朝鮮運営)
霊感商法(在日朝鮮運営)
宇宙真理学会(在日朝鮮運営)
創価学会(在日朝鮮運営)
幸福の科学(在日朝鮮運営)
宗教法人「歓信寺」
神世界
紀元会
幸福会ヤマギシ会
国家神道
心霊会
生長の家
世界基督教統一神霊協会 (在日朝鮮運営)
天理教
オウム真理教 (在日朝鮮運営)
宗教団体アーレフ (在日朝鮮運営)
新宗連天皇陛下が「おことば」を述べられ、戦没者に追悼の意を表し、世界平和と日本の発展を祈られた。ここには原皇室が絡んでいる。

等は新興宗教です

すべては外国系の運営者を認可しているのは、政治団体や暴力団系列が、多いそうです。
ほとんどは、在日系なる運営となっているそうです。

県や府庁では歯止めが出来ないとしているが、
現実売買等で裏で手を引いているそうです。

ここに、うとまっている、新興宗教は (在日朝鮮運営)
菊に反対しながら、反対を行っているのです。これを、なりすましと、いう。
ここで正等な神と寺は、天孫以外には、作ることが出来なかったのです。
その裏づけが十六葉菊紋章なのです。
現皇室であっても、皇孫ではないので、
神仏は元々皇孫を使ってはならないのが、習わしです。

日本の神仏を歪ませている、宮内庁と宗教団体と皇室

神仏は元々皇孫の為の、神仏でなくては、ならないとしたのが、日本の歴史である。
だが、明治以降から、皇孫では無い?者達が、神仏を祀っている?
神仏を、遡れば、付随しているのが、日本古来の神仏混合であるが、明治以降は分離したのばかり、で、神仏混合集合とは、なっていません。
それらはほとんどが、外来人の手になるものです。
神仏は元々皇孫と一対しているのが、真実である。

ここに、十六葉菊紋章が元々皇孫と一対しているのです。
決して単独ではありません。
皇孫尊の子孫 神武天皇の御代から、天皇を崇めるのは神道的に当然でしょ う

統治の勅命を受け、高天原を出発すると上げています。
これが皇孫たる神仏は元々皇孫と一対しているのが、真実である
神仏習合 神を仏の化身として一緒に祀ること。

用明天皇の頃の「日本書紀」には、「天皇、仏法を信じたまい、神の道を尊びたまう」とあり
高御産巣日神は命(みこと)のため
に、皇孫の宮殿に匹敵する御屋(みや)を創建したと伝えられる。 これが寺の起こりである。

従って、神社とお寺とが同じ境内に建てられて共存している。
神仏習合を背景にして、記紀神話の上に創造されたものである。

今では
国家神道の嵐に押し潰されて、知る人もほとんどいない。

古代日本のなりたちから、人間育成とともに、歩んできた、神仏共存が、明治以降西洋の生態に毒され、心まで病んでしまいました。それは仏(人間のおわり)の宗教だけ、蔓延しているという事です。
もはや、
人間界から離脱したとなるでしょう。

だから、憲法の原点は西洋人の、生態の事が、主体として出来て、いるのが、キリストという信仰で、日本の仏教と類しています。この中にあるのは、仏の教えとも驚愕とも、言え、それは仏(人間のおわり)の宗教だけ、蔓延しているという事です。
ここで終わりについて?
終わりは10を数字でいい、自由につながって、います。
神の世界は1から9まで、を、神の九と、いい、ここから、当社の先駆者佐久間甚九郎とも、不干斎とも、名を変えていますが、皆重なった、音訓から、名乗っていました。
この佐久間甚九郎とは、号甚九郎とは神の御子(皇孫)という意味、のことです。

この号甚九郎が、甚句を、広めたと、されています。

これは神の、相撲となり、江戸初期から、始まりました。
庶民には、祭を、皇孫が許可して、これより、日本中に広がり、この甚句調を、祭囃子と、呼ばれるように、なりました。このように、神の子は、いろんな、神の習慣を庶民にも、分け与えて、宮廷の祭祀を、庶民にも、許可したのが、おまつりの始まりでした。
この先人は、不干斎の先祖である、後鳥羽上皇の、宮廷だけの祭祀を、武家源の間に、武士に、取らせたのが、始まりで、宮廷でしか、行わない、神の神事から、武家の間にも、後鳥羽上皇が、隠岐に流された、後も、武家は、娯楽として、持続していたようです。

戦国時代も、祭祀という容ではなく、武家の憩いとなって、いました。
戦国時代が、織田信長により、終息すると、後鳥羽上皇後胤、佐久間信盛父子が、神の、祭礼を、茶の容を、堺の商人を、集め、茶会?を、頻繁に開き、茶の道とされていますが?
これは、神の人間の作法として、植え付ける為に、始めたとあります。

茶道ではなく?人間の善悪の中心の宇宙の世界を、容としていたのです。宮主識

まだ他にも、神ものがたりを、庶民の為に、教えて、平家ものがたりや、イソップものがたりの、原点は、日本の宇宙神が原点になって、いたのです。
すべては、人間の道として、作られていたのを、日本人は、知りません。

現代は神の容のない、嗜好で、いろいろな、日本の風土が、行われているのは、残念としか、いえません。その一つは、明治からの、偽証天皇主体とも、国家憲法が主体としていますが、大元は、、偽証天皇主体のままに、放置していたのが、神の容が宗教に変えたりして、庶民の楽しみだけに、皇孫の世の中では、無い世の、あわれさ、が、鎌倉以降と、同じ現象となっています。
特に吉田 兼見吉田兼右・兼和(よしだ かねみ、天文4年 (1535年)9代当主(卜部氏25代)。吉田 兼倶(よしだ かねとも、永享7年(1435年) - 永正8年2月19日(1511年3月18日))は、室町時代中期から戦国時代にかけての神道家。は織田信忠をそそのかした、とされています。
織田信長や明智光秀と親密であり、比叡山焼き討ちのとき、延暦寺を焼く事に不安を抱いた信長が相談に訪れたとされる。また、本能寺の変の時は、明智光秀に会いに行き、銀50枚をもらったという。後に羽柴秀吉にそのことを指摘され、その銀50枚を秀吉にあげたという。

部氏(うらべし)は古代の祭祀貴族の一つで、卜占(ぼくせん)による吉凶判断を業としていた氏族である。 神祇官の宮主など下級職員として任じられ、亀の甲羅(腹の部分を使用)による卜占を行っていた。平安時代前期、伊豆国の卜部氏出身である卜部平麻呂(神祇権大佑)(807年~881年)を実質的な祖とする。、『徒然草』の作者吉田兼好は吉田社系の人間である。そして吉田社の系統は南北朝時代の吉田兼煕が吉田を家名とすることになる。ここから、神との断絶が始まる。

卜占(ぼくせん)による吉凶は古く縄文時代にすでに、占っていました。これは人間の生殖器を模して作った祭祀で、下部底面の中には亀裂状の窪みを見せる例が多く、占いの根源となる。生殖器のシンボル化、独鈷石の名の由来になった「独鈷」とは、密教の法具の「独鈷杵(金剛杵の一種)」のこと。金剛杵はもともと古代インドの武器で、転じて、仏が煩悩を打ち払う象徴として持っていた。

縄文時代中期の環 ... 陰陽
師とは、古代日本の朝廷における天皇政治に関するあらゆることに吉凶あるいは災害予想をした。

道具には、|、骨という鹿の肩甲骨や亀の甲羅で吉凶. を占ったものや、木や土でつくられた、穀霊を運ぶと信じた。
卜骨(ぼっこつ)亀甲(きつこう)・獣骨などを焼き、その亀裂によって吉凶を占う方法。古くは中国で用いられた。参照「儀式」



皇孫が降臨した時に携えていた矛である。
こういう矛があることは、「旧事本記」や「古語拾遺」に書かれている。ここに皇孫と見える。
この天祖は日本では天皇の祖を意味し、皇孫、彦火瓊々杵尊を指しているが、中国では何を指すのか不明となろう。

天というものを生んだ祖先とは児島宮家のことである。
児島宮家と現皇室のつながりが、ないのは?元来歴史で合致するのであれば、相対していなければ、ならない。

ゆがまされてきた、日本の神仏は外来より、持ち込んだ宗教に、閉じ込められているのです。
外来より、持ち込んだ宗教とは?憲法である。
この憲法により、
「神仏が歪んだもの」となっています。
「神仏が歪んだもの」それらを、新興宗教という。

いまだにもって、日本の神仏が解明されていないのが、歪ませられた痕跡である。
神道と仏教は密接な関係でした。

皇孫でないものが皇位が継ぐことはならない。」
成立することが多 く,そ のほとんどは神仏習合の形態 を採る。

明治の神仏分離までは日本第一熊野十二社大権現宮と称し、先の五流尊瀧院と一体であった。
後鳥羽天皇皇子雅成親王墓参拝。一礼して退下。雅成親王(六条宮)もまた、承久の変により配流され、異郷に薨じられた御方である。
岡山(吉備津彦神社~吉備の中山~大吉備津彦命墓~吉備津神社~賴仁親王墓~五流尊瀧院~熊野神社~櫻井塚~後鳥羽院御影塔)
関連が必ずでてくるのは、桓武天皇等、児島宮天皇の皇子及び嫡男系の皇孫のみが親王と呼ばれる。

宮家は然るに、児島宮天皇の皇子及び嫡男系の皇孫のみである。

江原氏といえば、最近は霊能力がなかったことは明快となっている
やめろというのに、運営者がやらせている?
元々憲法の中に定められている項目。 これが現実には無意味でしかない、事を日本人は
知らない、のは無智になった証拠
。 人間なんて動物の一種である。

蓋し『日本紀』神代神武巻を稽うるに,天照大神 八坂瓊曲玉・八咫鏡・草薙剣の三種の
神器を以て,皇孫瓊々杵尊に伝え,天位を譲る。故に饒速日尊を載せず,十種の ......
木津川の近く男山にあり神仏習合時代は多数の僧坊があった。
西暦860年に宇佐神宮より
八幡神を勧請して創建された。祭神は八幡大神(誉田別尊、応神 ...... 九天九地神神功
神帝 鯨呑神功元々神功の由来は河南河南省禹州に伝わる伝説の神功神帝が元になる。

現皇室であっても、皇孫ではない
現皇室が本者であるというなら?児島宮と祖相対しないのか?
日本の歴史も「太平記以外は、ゆがまされたもの」である。

「太平記以外」は載せていない項目がない?なければ、歪ませたものである。
魏志倭人伝には漢の武帝と、日本の皇孫を記しているので、信用される。
南越王の祖は夏王朝であると載せているように、すべての項目が相対している。
[PR]
by kouhoka | 2009-10-02 15:30