<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本の茶道は佐久間信盛開眼によってはじまった

茶道の開始は、戦国時代の後になってから、で戦国武将には、まだ茶道は於かれていませんでした。
室町茶は武人のたしなみとしてだけ、あったようで、絵画は鑑賞として、用いられていました。
この背景には、桃山期をあげることができよう。
茶の開催は、武人と町衆の出会いから、おこったようです。
特に織田信長の今川戦の後、戦乱も収まったのには、裏で手を貸した町衆にあり鉄砲という武器の、手配に、佐久間信盛との出会いがあったようです。

ここから、武士と町衆の関係が結ばれたのに、端を発していたのでしょう。
ここに、まだ茶道は、開かれていませんでした、茶の心という、すじは、なかったという事です。
この武士でも、すじは、なかったし、ありません、では何故茶道がはじまったのか?

ここが途切れて、語られている、だけにしか、過ぎないようで、これといった、確証と裏付けはありません。心の開闢は当然この時にもありません。(手法は、「神仙思想邪馬台」による)

武士と町衆の関係が結ばれたのに、端を発していた人物が、茶の、かかわりが、あるのです。
桃山期といえば、戦国武将織田信長であることは、知られています。
この織田信長の幼少頃後継争いに、佐久間信盛が、織田信長推薦の一言で決まったとあります。
ここで佐久間信盛について、あまり知られていないようですので、茶道を語るにはこの佐久間信盛を、於いて他には、いないようです。

この佐久間信盛は南北朝の児島高徳を祖として、備後の国と深いつながりがありました。
児島高徳が築いた、西広瀬城を佐久間信盛は居城としていました。
ここに茶の、つながりが見えています。
茶は栄西上人が宋から持ってきたといわれ、栄西上人の生まれがこの備後の国でした。

茶のほかに、備後の国には古代に、第二にあたる墳丘墓が築かれていました、ここには茶に関る、「神仙思想邪馬台」に出てくる神山のひとつである墳丘墓があります。
桃太郎神話はここから作られていたのでしょう。
そうこの神話も、「神仙思想邪馬台」なのです、これから茶の心は始まっていたのです。
ここに佐久間信盛は特別な、天皇との、かかわりが、あったのです。
こんな話しものこされています。
あるとき、織田信長が香を開催するによって、織田信長さえも手を出せなかった奈良東大寺正倉院の扉を、開くのに、織田信長は佐久間信盛の身分を知っていたのでしょう、佐久間信盛奉行に命じて、らんじゃたい、香を一部切り取らせたと記録しています。

こうして、町衆に佐久間信盛あり鉄砲という武器との拘わりから、茶会が開かれたのでした。
茶会は町衆と武士との、神仙思想から、生まれたとしても、よいでしょう。
町衆と武士との寄席に際して、ここにしきたり、という、気難しいという織田信長の記録にもあるように、佐久間信盛は神仙思想のしきたりを、茶席で、指導したのが、茶道の始まりなのです。
あの織田信長でさえ、茶壷に、のぼせたくらい、佐久間信盛宮家に伝わる、天皇家の、「神仙思想邪馬台」しきたり伝統文化は定着していたのです。

茶会には茶人によるとしているのは、誤りで、町衆には、「神仙思想邪馬台」等ある訳はありません。
ここに、佐久間信盛が頻繁に茶会を開いたのが、茶道の始まりなのです。
佐久間信盛と茶道の関係は、佐久間信盛宮家に伝わる、天皇家の、「神仙思想邪馬台」があったのです。
茶道の心の真髄はこの、「神仙思想邪馬台」からおこったのです。児島歴研会著作

茶道には、江戸時代には、町衆がさかんに、茶をもようしたと、あるように、地域的連帯のな. かに、ふくみこみ、ながら千利休へと発展した。
日本で江戸相撲が始まったのは、佐久間信盛子息甚九郎信栄、「神仙思想邪馬台」からおこったもの、でした。
ここにその方形が、見えているのは、古代弥生の、「神仙思想邪馬台」墳丘墓と同一の方形に、あります。
日本の茶道は佐久間信盛、「神仙思想邪馬台」開眼によってはじまった。
子息ハビアンこと、甚九郎信栄も、、「神仙思想邪馬台」で林道春と宇宙観で対決したのは有名な話しです。

京都、堺の町衆の間から「下々のたのしみ」としての茶の湯が流行した。茶を飲み茶器を鑑賞しあうことで、主客の融合をはかったのである。
このように日本の文明伝統文化しきたりは、児島宮先人なくしては、語れないのです。

いま、そのしきたり道徳は、教育でも、阻害しされ、ています、人権は人間を荒れ果てさせてしまいました。
人権には道徳は無用とされたのです。
今日本社会のすべてが、失われました、今あるのは憲法だけの社会なのです、ここにはしきたり、伝統は、まったく除外されています。
このしきたりこと、伝統文化は今の日本には少しもありません。
[PR]
by kouhoka | 2008-12-17 18:01

伊勢神宮が一番古い神社というわけではなく

伊勢神宮よりも熊野神社のほうが、もっと古いが、それよりも、もっと古い神社が筑紫の筑紫城、ここが、松峡宮である。
この松峡宮が遷宮したのが現在の松峡こと松延のことで、今は慶長六年に、篠隈と改められた。
この篠隈に慶長六年甚九郎正成が、祖にのっとり、社殿を造るのが今の児島宮である。
甚九郎正成父甚九郎正勝は江戸城にいて、三代にわたり、徳川の安泰を見守っていた。
徳川家康とか、うわさされているが、記録では三千石とされているのが?どうも、間違いのようである。
甚九郎正勝の一族にゆかりの、天海僧正の母はこの、甚九郎正勝分家の女であった。
家光が、秀忠の後継になったのも、甚九郎正勝こと徳川家康?の力ゆえか?
またこれを、裏付ける、背景が狩野孝信の室に、妹が嫁いだことから、探幽が狩野孝信に連れられて、登城して、徳川家康と対面したので、あれば、筋書きは、つながる。
またこれに相して、狩野孝信が、天皇の御用絵師について、いたり、春日局が天皇から名前を拝したのも、これなら、うなづけられる。
天皇の縁戚関係にあった、甚九郎正勝は、宮家本家であった、ことから、三位のくらいが、あったのは、甚九郎正勝父佐久間信盛が、信長の御香に際して、正倉院開封のらんじゃたい、という、歴史で知られる足利義満くらいしか、開封することが、できなかったと、いう事からも、判るように、正倉院開封は天皇でも、開封は出来ない決まりが、あった事からも、関係が伺いしれる。

このように、愛知でも、佐久間信盛は五器所に神社をたてた、札書きが、残されている。
これには佐々家も連座していた。
この佐々家には、佐久間信盛女が鷹司家に嫁いで、生まれた女が、佐々成政の兄に、とついでいた。
この関係からも天皇家との繋がりが佐久間信盛に、あったことが、裏づけされている。

ここに甚九郎正勝長男、甚九郎正成は宮を造り、伊勢神宮の建物の構造「唯一神明造り」平山大明神としていたのを、現祭主が、祖に因み、児島宮とし、遷宮させた。
甚九郎正成弟、助九郎長興は、黒田長政から、養子に向かえられ、て、後継ぎのところ、忠之の抵抗にあい、やむなく、長政遺言の通り、秋月に分藩された。
この助九郎長興男長重の鎧には、秋月郷土館に展示されている鎧に、宮家の紋章が、記され、助九郎長興が、黒田長政から三番目養子に向かえられた事を、現している。

又天草四郎の乱に、犠牲にされたのは、天海僧正の男であったので、秋月藩の天草四郎の乱に奮闘したのが、秋月郷土館に展示されている、御用絵師斉藤秋圃の手になる、屏風が、それを物語るものである。
[PR]
by kouhoka | 2008-12-06 20:55 | 伊勢神宮の総本社児島宮