<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

平山とは天空とある事から天の神という

>天空を耶麻という。
解釈では平山とは天空とある事から天の神という
だから耶麻台も天空の事になるのですね?早くいえば
「天(あま・あめ)」=「邪馬・邪靡」
神々の住まいは、天空にあり、宇宙万物すべてを支配している
これでいいでしょうか?
神話上の神々が住まうとされた
女神の住まいである天空を目指し成長を続ける。
天空の城は、神々の住まいである
天空です、空想のことでは、ないのですよ。
邪靡は天空にあります、すべて三神は天空にある。
yam天空部落 とかいいます。
天空神のことを、天神とかいいます。
これらを相して平山とは神の王と言われていました、ゆえに、天皇の総称ともなります。
ウガヤ、神武天皇、舒明天皇、天智天皇、桓武天皇、後鳥羽天皇皆、王の名ひらやまと、いふ。

「天草」(あまくさ)の由来「苓州」

苓北という名前は天草全島が「苓州」と呼ばれていたことでつけられました。 「苓」は「あまくさ(甘草)」を意味し、苓州の北部に位置する町ということで「苓北」と名付けられました。
由来は天草の別称「苓州」の北側にあることから。
テングサ・天草(てんぐさ)
天草の別称「苓州」
天草100%のところてん
天然天草を使用し、市販の寒天よりも柔らかいです。
天草の主流であるマクサ
「晒し天草」としてトコロテンの原料となっています。
平安時代から日本人に親しまれてきた海藻で、かつては天草に混ぜる配合藻として寒天製造によく使われていたそうです。
テングサ科のオバクサ属に属するオバクサは、ドラクサとも呼ばれ、マクサに似た形をしていますが、枝そのものがマクサよりも太いのが特徴です。
天草れいほく由来
実のところ中国古来の三州の一部にはいっていたのでしょう。
「苓州」「泉州」「越州」が三州です。
造園策定でも使われています,何が大切なのかと?

中国古来の三州
中国古来の神仙と同列に表現されていました。
「苓州」「泉州」「越州」が三州です。
中国古来の神仙、鬼神

中国では五代十国の時代に焼造された、越州
中国古来の思想・道徳
日本古来のアニミズム信仰に関係するもの
中国古来の霊山であり、神仙への信仰の対象となった「崑崙山」である。

中国南方諸国の崑崙人には、貴州、雲南省の民族を当てはめることができます

勾践、諸侯と徐州で会同し、覇者となる. 越王允常が没して、子の勾践が立つ。 ... 古来、 臣下のあり方としてこの両者は例にあげられました。

これはシュメール信仰の表現したもので,中国の西湖にも三州庭園 があり,有名です。 ですから,三州の内のれいしゅう,というものが,一番大切な宝物という意味が込められています。
中国の西湖をモデルにして造られた大濠公園。

中島には、中国で仙人が住 むと云われる山、蓬莱山「崑崙山」
この形式が、三州の由来となっています。
金閣寺もこの西湖のことを知っていた人が、模してつくりました。
正式名称を臨済宗相国時派鹿苑寺といいます。
中国の西湖を模して創られたものです。小石川後楽園西湖の堤と園路をはさんで向かい側に位置しています。
蓬莱形式の枯山水庭園


「黄帝封禅不死」や「渤海に蓬莱・方丈・瀛洲の三神山がある」とした伝承
東方にあるという不老不死の妙薬がある。 三神山の一つ。



c0095642_1256475.jpg

[PR]
by kouhoka | 2007-11-14 12:16 | 平山とは天空とある