「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

天王史観を植え宮家先祖になりすまし、国民をあざむく

皇位は、皇宗の神裔(しんえい)安国と夜須国は比類している。是太一事也。
神々が記載されている「古事記」における、はじまりは、あるモノのはじまり、からである。神々の多くが万物の神となって、いるのは、みなさん知っていましたか?まだ解明されて居ないようですので、幕開けにならないと、何も始まらないでしょうから、こちらで進めていきましょう。これらの神々は、あるモノに宿りそれを、古代の人達は神に例えていたのです。

人々は「理想の王」と崇めた醜いアヒルの子と同じで 実は白鳥だったから空を飛べましたそしてつづきが「いちだんと輝いていました」これがこの原型は、角力にあり、禹に角天に委ねるモノらしい。静と動が入り混じると書いたが、静はまるで誰かに語りかけるような美しい音と規制を利かせた不協和音を上手く取り入れなければ、ならないのです。

夜須人について述べよう。弥生の名は土器から付けられた名で在るゆえ、ここでは、年代を取り上げてみました。起源は紀元前200年前の頃、中国では丁度秦時代の頃、秦の始皇帝が除副仮の名で記されていました。この一団が住み着いたのがここ夜須(この頃はまだ夜須とは呼んでいません、では何とつけていたのか?皆さんは祝詞のことは、ご存知であろう。この祝詞の中にちゃんと、記憶されていたのです。

夜須という呼び名 の言語 日本語は語彙にある。古代語原型について、どうして出来たのか? それから調べてみよう。古代語の語と彙 文字、絵文字、記号、亀甲亀裂等に伝達形式が残っている。語彙は音韻変化語と彙が結ばれて出来た。語はあいうえお、彙は語の複合したもの。で語彙が出来ている。神はかとみの語彙なのである。

日本人が知らなかったこの神社が、この国で神様の始まりの地だという事が、夜須の地名の夜須は夜須礼祭りの名前の始まりだそうで、ある事が最近判りました。 この神社には神武天皇父から皇統すべての祭神が祭祀されています。 をはじめ、桃山にも書物を書いたハビアン事信栄作いそぼ物語も残されています。 私たちの誇りを大切に未来へのこしましょう。

火とかまどの縁起物はどこの国でもみられるが、わが国に於いても、伝承している。 帝禹神話古代中国 特に多いのが、神話形態の台にまつわる形式で記されている。台知らずして、耶麻台なし。 火とかまどにまつわるものと云えば? 「炭焼き長者」ものがたりとして、広く分布している。これは火にかかわる、はなしで、鍛冶のようなものも、含まれている。

北部九州の弥生における都の存在はまだ、解明されていなかったが、児島宮歴研会により、解明にいたる。新たな証拠が確認でき、そのもの、とは形に見られる。出雲文字の原型は、中国王朝の春秋時代にも見られ、象形文字との関係がこの夜須で見られた点に注目したい。形は縄文時代と呼ばれる時期とは、くいへだたりが、あり、それはロクロ台を用いて造る土器で、弥生後期になり始まったと見ている。

今は誤った天王史観を植え付けられ、宮家児島の先祖になりすまし、国民をあざむく、ふとどきな、皇室は、反省の色も示さず、天の神々は之を、許さないだろう、天が怒るのは、もうすぐそこ、迄きている。

c0095642_20935100.gif




c0095642_21274276.jpg




この文字は古代中国の春秋時代の象形文字でかかれた、出雲文字と言われた祝詞である。
この中に神の記しがいくつも、記されている。
耶麻台祝詞です。
180通伊勢神宮に保管されています。

これは、児島宮家の紋章として、今も見られます。
[PR]
by kouhoka | 2007-10-02 20:09 | 皇宗の神裔