「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本の始まりはこの夜須からだった

人々は「理想の王」と崇めた
醜いアヒルの子と同じで 実は白鳥だったから空を飛べましたそしてつづきが
「いちだんと輝いていました」これが
この原型は、角力にあり、禹に角天に委ねるモノらしい。
静と動が入り混じると書いたが、静はまるで誰かに語りかけるような美しい音と規制を利かせた不協和音を上手く取り入れなければ、ならないのです。      

それは中心に心地よく目元に、輝いてきます。に類比している。
規制を利かせた不協和音を上手く取り入れなければ、ならないのです。
尭・舜に、禹を加えた三人を、後世の人々は「理想の王」と崇めた。 ... 大自然の道を悟って、在りのままに、委ねる。 という事を世人に知らしめしました。
この話の原型は?
道を悟って、在りのままに、委ねるという意味。
五帝、三王は皆仁義を以って而して(王)化をし,而して能く肉刑を用いて以って俗を正した,是ぞ勇を為したというのである也
天は五刑を以ってして罪有るを討つ,五刑を用いるは必当であることを言う也
「尚書」
イエスは「ユダヤ人の裁きをシュメールの神の御手に委ねる」と語ったのだ。

天下は聖人に功績を帰するが、聖人は天下に功績を委ねる。 だから尭・舜・禹・湯の天下の治め方は、どれも自然であったと言われる。

c0095642_2042469.gif




古代まだ未開地だった夜須に、ウガヤ王が降臨しました。それを示すかのように、この夜須に角力にあり、といわしめた、二代民族がいました、いつも争いが絶えずにと卑弥呼が、居たとして、原型の角力でもって、王ウガヤは、たちまちにして、これを、治めました。
それからというものは、倭人たちは、道を悟って、すべてを在りのままに、委ねることと、なりました。大木遺蹟にはそれが、甕棺に線刻されて、残されていました。
それから、二代民族は王によるすべてを在りのままに、委ね、稲作を作ることを与えられました。そのほか道具等も、方法を与え惣利遺蹟では木製工房を造って、やりました。又ヒルハタ遺蹟では、青銅器鍛冶工房を造り与えて、鏡など工法を与えていました。
ウソのようなほんとの話です。


c0095642_20582483.jpg


角力とは児島宮の神様の、相撲が日本で一番最初に取り入れられた跡になっていて、江戸末期までは、相撲御用という、角力で行われていました。
吉田司家から、児島宮に向かえを差し向けてから、角力で行われていました。
この原本こそ、日本人のルーツが、わかる角力で、物語にもなって、かぐや姫や鶴の恩返しの、神話にもなりましたのは、ここ夜須が、なければ、日本の歴史は、なかった事にもなるでしょう。




c0095642_2192126.jpg

[PR]
by kouhoka | 2007-08-23 21:09 | 夜須弥生民族の正体