「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夜須という呼び名 の言語

夜須という呼び名 の言語
日本語は語彙にある。
古代語原型について、
どうして出来たのか?
それから調べてみよう。
古代語の語と彙

文字、絵文字、記号、亀甲亀裂等に伝達形式が残っている。
語彙は音韻変化語と彙が結ばれて出来た。
語はあいうえお、彙は語の複合したもの。で語彙が出来ている。
神はかとみの語彙なのである。
花 ハナ は語彙なのである。
語はハとナが結ばれて語彙になったもの。

この事は非常に大切なことです。「日本語の基本」

「最初の中国人は、長江、淮河の流域に都市文明を作った夏人
漢字を発明したのも夏人
その夏人を征服して黄河を南に渡った殷人
もともとインドラ系の言語を持っていたが、黄河の南で夏人から都市

生活を学んで、夏人の雅言を採用した
夏の王の後裔と自称するのが越人
夏王朝の始祖の禹の墓がある会稽山を聖地としている。
日本列島に弥生文化を持ち込んだのは、越人
夏王朝(東南アジア系)の後裔の越人が日本に渡来して、
弥生文化(水稲耕作など)をもたらした

夏(シュメール系) → 越 → 倭 → 邪馬台国 → 大和朝廷 → 日本
という流れにある。

「日本語の形成」は、ドラヴィダ系のタミル語いや、そうではなくて、
シュメールで学んだドラヴィダ系が新たに語と彙で方言としたもの。
がドラヴィダ語彙となっている。

基礎語彙同士のように一義的に意味が確定できる

満州語で書いた史書「満文老档」に最後、末、末端、終端などの意で
“dube”という言葉が登場
タミル語でも、[r],[l],[rr],[ll]は語頭には立たない。
朝鮮語でもr音は語頭に立たない。
唯一の例外が万葉集にある。(巻五、山上憶良の貧窮問答歌の「鼻ビ
シビシに」)
日本語では、本来r音は語頭に立たない。
古代日本語には「母音調和」があります。
日本語はどこの言語にも似ていて(特に音節が「子音+母音」の言語
)、どこの言語とも違う
音韻の単純さ・語彙取り入れてきたのが日本語の本質
日本語とアイヌ語との間にも、蒙古語との間にも、朝鮮語との間に
も、ポリネシア系言語の間にも、ありませんでした。
古代色(特に万葉言葉)が色濃く残っている
http://hexageon.cool.ne.jp/todofuken_link/dialect/dialect_sub3.html

格(かく)とは、名詞ないし名詞相当語句が文の中で他の要素と結ぶ

日本語古代語=他の要素と結ぶ?
古代日本で天地万物を産み出す神「産霊の神」
四つの語の中には、対義語あるいは類義語の関係になる組み合わせ
「結ぶ」という言葉に何か意味がありそう。「固める」という

「ピジンとしての大和言葉」
「異言語」
ルイジアナ州で話される、フランス語をベースにしたクレオール言語
基本的には、優位な言語の「方言」~「姉妹語」という

従来の比較言語学の「基層言語」の上に、「征服者」或いは「新参者」
の言語が、被さって⇒新参者の言語の下位区分の言語~方言へ。
hn2602 さん

ツマリ、「クレオール」や「ピジン」というのは、「2言語(以上)
」が接触して、どちらか優位な言語の「新しい方言」~「姉妹語(こ
の場合は、優位言語を「母語」~「基語」とする。 hn2602 さん

そうでしたか、
私の考えでは、古代語はhn2602 さんと同じように、2言語(以上)
がくっついて、+して出来ている。
あちがい文字でなければ、「ピジン」というのは、美と人がくっつい
て、言葉ができ、これが古代語原型としていますが。
美(うつくしい、きれいは、方言)でも古代語原型の解釈はまちまち。
絵文字もこれと同じょうな組み合わせで、出来ていたと、考えてい
ます。

主にに基層言語の相違がある。
半島を通過した「日琉祖語」自体、列島渡来税前に3~4の方言を含
んでいた可能性があります。hn2602 さん
基層言語の相違により、日琉祖語は方言分化して、少なくとも、4方
言(任那、加羅などの半島南部残留倭人語、列島内の九州・中央・東
国3上代日本語方言の前身)以上に分かれていた。hn2602 さん

基層言語とは何処に始まるのか?
敷き詰めれば、中国古代を築いた王国に基層言語があり、ここに単を
発し、
その基層言語の原点は?やはり絵文字に、行き着く?
絵文字といえば、シュメールに行き着くと、なりますね。

訂正

「クレオール」
本来は、新大陸や他の植民地圏で生まれた白人または黒人(さらに、
その混血)を指す。フランスのアメリカにおける植民地だけではなく
やがてその習慣や言語
クレオール語はピジン語がネイティブ・スピーカーを獲得した時に発
生する。 全世界の旧植民地に広く点在する。



ピジン語
共有する言語を持たない複数の集団が交易などの目的で継続的に接触
を繰り返す際に、相互のコミュニケーションの必要性から生まれた一
種の簡略化された言語。「母語」とはならない。言語の語彙を、力の
劣る集団(基層集団)が借用する。
混種の言葉。それがクレオール大半は発音が二重母音になっている。
(例)ああ二字体系のクレオール

もともとは植民地生まれの白人を意味
植民地をつくると、やがて本国を知らない子供が生まれる。その子を
本国生まれの子供と区別するためにクレオールと呼んだ。

遍歴した「移動性」と「交差性」と「流動性」によって言語も生まれ
ていた。

言語学
クレオール化する日本語
「純粋でありつづける言語」「純粋な日本語」「漢字
以前のやまとことば」本家本元は中国大陸そこに、漢字文明がある。

「けがされてしまったあとの くずれた日本語」クレオール化する。
俗論を展開することになる、ってカラクリのゴチャゴチャ つめこみ
「ニホンゴ」は クレオール化している
痛感するのは、ローマ字/カタカナがき周辺の 音素体系
ニホンゴを ローマ字がき するときの、ローマ字自体を どうよぶか?
大半の日本人は 「エー/ビー/シー/ディー……」これ自体が、ニホン
ゴが英語クレオール的
ほんとうは 「ア/ブ/……」と音訓ニホンゴ音素体系一字

『日本人の源流といえば言語語彙』
ことば、ははじめに、絵で表わしていて、音がいって
から、語が出来た。
それはイラクのシュメール人によって始まったもので、語彙(ごい)
とは何か
語彙とはあいうえお、の語一文字とのつなぎ「彙」合わせの事?
あ+うであう、となりこれのことを、語のつなぎという?
まずは「語」と「語彙」の違いから考えてみましょう。
 「語彙」の「彙」という文字を漢和辞典で調べてみると、この文字
には「集まり」という意味があることがわかります。
「語」は単語のことで、「語彙」は語の集まりだと考えられます。

(「彙」は「集まり」むすび、つなぎの意味)

日本はこのむすび、がある。
自民党のような単独では、まず無理がある。日本的なやり方ではない。
安陪晋三の言ってる事には、美しい日本とかは、美しい事ではない
ように、ことば、は語りかける。
西洋はビジン?
シュメール間では筆談?
いや、絵文字だから、絵語と絵語をつないで、語彙(ごい)を作り上
げた。
語彙はビジンのようなもの?
だから、よく間違われるのが言葉?
日本語と英語ビジンの違いが、間違われている。
シュメールの絵語が語彙になり、そこから、セム人が取り込んで
英語ビジンの始まりとなる。
英語にの「語」は単語?いえ其処にはビジンしかなかった?
すると古代インド、ドラヴィダ語は
敬語で話す?となれば
そこには、語彙しかなかったとなりますが、まだこの事は
はっきりとは、していないのでしょう?
殷時代か縄文かにヒントはあるかも知れないが?
タミル地方とスリランカはビジン語といわれるから。
でもビジンタミル語と一字日本語では違う音訓になっている。
語彙とは自然界で言う全ての物質を形成する「最小
単位の要素」である。
日本語の一字単語あいうえお。は語
Aエィ Bビィは語彙になってる。

語彙とは容を定義
するため用語の集合である。
文法が同じ
韓国語は文法がほとんど同じ
文法は決まっているが、語彙は自分で決める。
語彙を定義する=言語を定義する
日本語・英語などの自然言語には「文法」があり、その「文法」に従
って「言葉(語彙)」を並べることによって、相手に内容を伝えるこ
とができます。この「言葉(語彙)」は、言語によってそれぞれ違っ
ています。

韓国語は日本語と文法が同じなので単語さえ覚えてしまえば簡単です。
日本語と韓国語は文法が同じという

単語は地域ごと、個人ごとに違いがかなりあり、文法が同じようだ
文法が同じ名前で定義された複数のパターンを含む場合には、重複し
ている定義が
どのように結合して1つにするか、という情報をcombine属性を使って
指定する必要が
ある。
インドグローバル・ヒンディーでヒンディー語「アーイエ」とヒンデ
ィー語
ヒンディー語の親しみやすさはまず、日本語と文法が同じ事
「言葉(語彙)」と文法が同じ事
ハングル”は、日本語と文法が同じ
言語=言葉(語彙)

朝鮮語の違いはただ漢字を用いるということだけで、語彙も文法も全
く同じです。
韓国の言語は、日本と文法が同じです。懐かしさあふれる国です!

和文体と普通文とでは語彙が大幅に異なりますし、文法にも若干の違
いが見られます。
敬語を用いる対象は階級に限らず神者等尊敬すべき者に広げるのが妥
当かと考える。

夜須という呼び名 の言語の由来は?こにあったのです。

c0095642_18312890.jpg



京都紫野の夜須良居(やすらい)画像

語はあいうえお、彙は語の複合したもの。で語彙が出来ている。
神はかとみの語彙なのである。

すると、夜(や)+須(す)の彙は語の複合したもの。で語彙が出来ている。

ここで先ほどの、京都紫野の夜須良居(やすらい)に見える語彙はこの夜須
の神々の祭祀がそのまま、線上で引き継がれていた証しでもあるのです。
ここで夜須の語源の由来は、神々の起こりに関係していたことが、解る。




三福神にさしかける天蓋(てんがい=絹張りの笠)「博多松ばやし」


c0095642_18383692.jpg



天蓋(てんがい)はやすらい、のかさほこ

この笠鉾は神輿にも用いられている。
昔は御囃子隊が篠隈まで来てここから出発していたのは、黒田長溥公のキン
さんが児島宮だからか、或は神々の里のなごりで、ここまで神々を迎えに、来て
いたのかも、知れない。
女と三味線でしゃもじ、を鳴らしていたと伝わる。

「はかた」と言う地名が記録に現れたのは、「続日本書紀」の天平宝字3年(759)、
太宰府の報告に「異国の侵略に備えて博多大津の警護を厳重にしなければならぬ」
とあるのが初見とされる。
鳳が羽を広げたような地形から「羽形」と名ずけられた説。
これは羽はうとも音訓することから、神に例えられている。
神話むに羽があるカラスもこれに由来している。
とかくこの地名夜須は羽のうがやふきあえず尊の土地の名残りかも知れない。

8世紀頃には「ハカタ」は中国でも良く知られていて「覇家台」「八角島」「花旭塔」と
「ハカタ」という音をそのまま表現している。




c0095642_19135757.jpg



熊野の旗も羽のうを表現している

「八角島」に縁起するものに、「やたのかがみ」がある

京都紫野の夜須良居(やすらい)の夜須という呼び名 の言語
夜須は神ことば、だった
夜須は神言葉なのか?
そういえば、中国会稽の安邑も「やすむら」と音訓したが
中国では、あんと語彙で発音している。
大祝詞の安はやすと、原語語彙で発音している。「やすらけく」
この日本人に大切な地名の夜須を変更した、人間は
知恵足らずのしわざ、だった事になる。
神よりも他の地名の筑前を選んだのは徳田とか助役のしわざ?
神様よりも偉いとしているのだろう?
言葉遊びやすらいで意味が解る耶麻台
夜須良居は「やすらい」で台は神に捧げる台。
耶麻台国とは「やすらい」祭祀する国の名?
天蓋をかむる?
「やすらい」は別に太一也。
太一=夜須良居に戻る。
回転しているという意味の、耶麻台国とは?
天文学文字?

紫野に春を呼ぶ「やすらい祭り」の風景です。
今宮神社は、玄武神社と並んで「やすらい祭り」が執り行なわれている
風流傘に競って入る

桜が意味するものとは?清浄?このはなさくや姫?に関わる。
それの証が傘鉾の天蓋にあるんです。
天蓋は太一のことなんです。
博多どんたくも、傘鉾の天蓋があるけん。
これなかったら、意味ありはひません。
そやけど、
やす(夜須)の意味わかりませんと、いけませんな?
(夜須)という語は何かわかりませんと、いけませんな?
平安遷都後、都に疫病が流行、朝廷がこの地に神殿を 造営したの
が起源とされる。
そやから、
御所が作られはったんで、はじまったんでやすな。
やすらい祭りはその典型であり、語源としては「安居」とする説もある。
「花や咲きたる、やすらい花や」とか「やあすらい、ヨーホイ」とか囃しながら、鬼の扮装の氏子たちが、鉦や太鼓を打ち、ちょいと風変わりな踊りを見せながら町を練り歩く。
花傘巡行とは?
美しい花がさの周りを踊る。
「伴大納言物語」を意識したと思われる「やすらい祭り牛祭図屏風」
桓武天皇は造りかけの長岡京をそのままにして、平安の新京を造ることにした。うまいところにあったのが船岡山だ。平安時代 正暦5年(994年)御霊会(ごりょうえ)が、この船岡山の頂上で行われたそうです。
船岡山の北に、今宮神社があるんです
正暦5年、都で疫病が流行ったらしいのです。これを鎮めるために御霊会が開かれたそうですが、その際、船岡山に神社(社殿)が建てられたのだそうです。
それが、今宮神社の創建となっています。



かんがえといて、くれやす?


京ことばのやを強調する神ことば

京都弁はおくれやすとか、
おいでやすとか、
三重県の志摩国の方言。公家言葉
生粋の京都人は実にまろやかに、ふわーっと(ふにゃーっと)話します。

「まぁ、おあがりやしてお茶づけ(ぶぶづけ)でもいっぱいよばれておくれやす。」
「いやぁ、ほんまにあのひといけずやわぁ」

「きばっておくれやっしゃ」
「おきばりやすぅ 」

「よろしゅうおあがり」
「どうぞ、おあがりやす。」さらに丁寧な場合は「どうぞ、おあがり やしておくれやす。

おいやす( いらしゃる、居られる )
おいわいやす(いただきます、正月3が日雑煮を祝うときにいう言葉)
おはようおかえりやす (いってらしゃい )
これらは、神ことばでたいせつな時に使うことば。

やすらい祭りもこの神ことばでたいせつな時に使うことば。




c0095642_1535235.jpg






[PR]
by kouhoka | 2007-04-20 18:33 | 夜須の語源

神様の総本宮児島宮

日本人が知らなかったこの神社が、この国で神様の始まりの地だという事が、
夜須の地名の夜須は夜須礼祭りの名前の始まりだそうで、ある事が最近判り
ました。


c0095642_1710423.jpg



c0095642_1712686.jpg


この神社には神武天皇父から皇統すべての祭神が祭祀されています。


c0095642_17195383.jpg


をはじめ、桃山にも書物を書いたハビアン事信栄作いそぼ物語も残されています。


c0095642_17241699.gif



私たちの誇りを大切に未来へのこしましょう。
[PR]
by kouhoka | 2007-04-08 17:26 | 伊勢神宮の総本社児島宮