「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:タコシ遺跡( 1 )

呉人の埋葬方タコシ遺跡

曽根田常円寺裏の「タコシ遺跡」では中期初めの竪穴式住居跡一軒と貯蔵穴8基(第20図)が見つかっており集落の一端が窺える。
夜須町曽根田の「常円寺」の裏にあり基盤整備の工事人から聞いた話しだが役300個の甕棺が認められたと語る。泉組

c0095642_175576.jpg


お墓は、かめ棺墓4基、土抗墓や木棺墓が11基ありました。これは呉人の埋葬方である。

2 甕棺墓; 3 支石墓; 4 石棺墓; 5 木棺墓; 方形周溝墓(方形低墳丘墓)呉人の埋葬方


呉人の埋葬方
木棺墓. 木棺墓(もっかん
ぼ)は、木製の棺を用いる墓である。近畿地方や伊勢湾沿岸部での主流となった。
支石墓(しせきぼ)は、数個の支石の上に天井石を載せる墓である。呉人の埋葬方
木棺墓(もっかんぼ)は、木製の棺を用いる墓である。近畿地方や伊勢湾沿岸部での主流となった。呉人の埋葬方
橿原市の弥生時代
特に弥生時代前期末~後期初頭の甕棺墓(かめかんぼ)、木棺墓(もっかんぼ)は10以上の
群を為し、総数1200基にも及びます。吉武高木遺跡呉人の埋葬方
須久岡本遺跡福岡県春日市の春日丘陵一帯は、弥生時代の遺跡が非常に密集合わせ口甕棺が出土呉人の埋葬方
参考湖南省長沙曹[女巽]墓 長沙王呉氏の夫人 呉人の埋葬方
三雲南小路遺跡甕棺墓璧というのは中国ではひじょうに尊重されたものなので、ガラス製といえども璧が出土今のところ、この一号墓と上の須久岡本D地点甕棺墓に限られている 呉人の埋葬方

原の辻遺跡安国寺前A遺跡・安国寺前B遺跡・鶴田遺跡北部九州系甕棺片・瓦質土器片・無文土器片 朝鮮半島系住人の居住域の可能性・12基の甕棺墓の確認 車出遺跡銅鏃・獣骨・貨泉・方格規矩鏡細形銅剣・石製剣把頭飾・ココヤシ製笛
中国朝鮮産陶磁器・ベトナム系陶磁器呉人の埋葬方 
原・高元・池田大原・原ノ久保B(H9)甕棺墓・濠・溝・竪穴住居跡呉人 不條・高元(H17)呉人
原・高元・石田高原(H16土坑・竪穴住居呉人不條・八反(H15)土坑・甕棺墓呉人
古賀市馬渡・束ヶ浦遺跡弥生時代中期以降の土壙墓・木棺墓・組合せ式木棺墓などが発掘呉人石蓋土壙墓(せきがいどこうぼ呉人の埋葬方

藤崎遺跡(ふじさき いせき)早良区百道二丁目、藤崎百基を越す甕棺墓地呉人の埋葬方

土井が浜土壕墓呉人の埋葬方
ここでの埋葬のタイプは3つ <石棺墓><配石墓><土壕墓>
大分県地方の弥生社会
日田 玖珠地方や宇佐 安心院(あじむ)地方において 舶載鏡 の破片や 鉄器 を副葬する 石棺(せっかん)墓 や 石蓋土壙墓呉人の埋葬方(せきがいどこうぼ) が出土大野川上 中流域-墓地土器棺墓呉人の埋葬方 が出土千歳村 平石遺跡 では壷棺(つぼかん) と甕棺呉人の埋葬方13基日田 天瀬地域成人甕棺呉人の埋葬方が出土天瀬町 五馬(いつま)大坪遺跡 の調査例が知られている。遺跡の約半分を発掘した結果、弥生時代中期中ごろから後期初頭の 土壙墓 木棺呉人の埋葬方(もっかん)墓 石棺墓系 甕棺呉人の埋葬方など75基の墳墓群が密集宇佐市の 駅館(やっかん)川 東岸台地には、弥生時代前 中期の拠点的集落 野口遺跡 御幡遺跡 樋尻道遺跡 など300基~80基石蓋土壙墓呉人の埋葬方が主体である15基うちの1基に中国後漢代の 内行花文鏡(ないこうかもんきょう) の破片呉人の埋葬方

佐賀市金立丸山遺跡弥生時代前期の墓は、支石墓呉人の埋葬方、甕棺墓呉人の埋葬方、石棺墓ビン民族の埋葬方。などで約130基がある。 このうち支石墓呉人の埋葬方が最も多く、100基以上検出されている。


ビン民族の埋葬方
遺体埋葬地に土で塚を築く墳丘墓(ふんきゅうぼ)は、弥生時代中期から見られる。ビン民族の埋葬方。
石棺墓(せっかんぼ)は、板石を箱状に組み合わせて棺とする墓である。箱式石棺墓ともいう。ビン民族の埋葬方。
石棺墓は北部九州から中国地方西半部まで広がったが、内陸には見られず、海岸地域に集中していた。石棺墓の分布の中心は中国地方の瀬戸内沿岸となった。ビン民族の埋葬方。
平原周溝墓ビン民族の埋葬方。
平原遺跡では、方形周溝墓三基、円墳二基が見つかった。ビン民族の埋葬方。

石棺墓は四川西北の茂県・ビン川・理県の三県に密集して分布している特殊な墓葬である。

県府鳳儀鎮の羌族博物館で石棺墓

吉野ヶ里遺跡(弥生時代)石棺墓
石棺墓の分布の中心は中国地方の瀬戸内沿岸となった。
松延吹田周辺は石棺墓が300個確認できた。
八並畑島赤坂でも石棺墓は確認されている。羌族ビン民族の埋葬方。

箱式石棺墓と
もいう。石棺墓は弥生時代前期に、支石墓に伴う形で現れた。石棺墓は北部九州から中国
地方西半部まで広がったが、内陸には見られず、海岸地域に集中していた。

堂ノ山箱式石棺墓(どうのやま はこしきせっかんぼ). 東区勝馬もとは3つの墳丘があったと
いう。細形銅剣鋳型(県指定文化財・志賀海神社蔵)の出土地である。羌族ビン民族の埋葬方。

沖縄ではじめて「箱式石棺墓」が発見日本では弥生時代の墓制羌族ビン民族の埋葬方。
阿嘉島の古墳(箱式石棺墓)慶良間諸島羌族ビン民族の埋葬方。

佐賀県東松浦郡呼子町大友遺跡支石墓8基、甕棺墓4基、箱式石棺墓2基などを発見羌族ビン民族の埋葬方。

産島古墳(うぶしまこふん)3基の箱式石棺や人骨・鉄剣などが発見羌族ビン民族の埋葬方。

天草郡倉岳町棚底
宮崎石棺墓群に残る箱式石棺は22基羌族ビン民族の埋葬方。

福江島農耕文化弥生時代の遺構は板石積石棺・箱式石棺であり、支石墓の外観をもつ遺構も存在する。の流入羌族ビン民族の埋葬方。

原の辻遺跡原ノ久保A(H8)竪穴住居跡呉人・濠・溝・甕棺墓呉人・箱式石棺墓ビン民・土壙墓呉人・集石遺構 閨繰遺跡(H10)箱式石棺墓ビン民・甕棺墓呉人・土壙墓呉人
原の久保・大川(H16)土師器・須恵器・陶磁ビン民

山口市白石茶臼山石棺墓群弥生時代終末期から古墳時代前期計9基の箱式石棺が発見ビン民

小郡市大刀洗町甲条神社遺跡甕棺墓呉人(かめかんぼ)・石棺墓ビン民(せっかんぼ)がある
粕屋地域原石棺群13基の箱式石棺墓と1基の石蓋土坑呉人が発掘粕屋地域では多くの箱式石棺墓があったビン民

山口市朝田の丘陵朝田墳墓群発掘調査により、木棺墓6呉人、箱式石棺墓ビン民
13、壷棺墓呉人4、周溝墓呉人(浅い溝を巡らし封土をもたない墓)8、石蓋土壙墓呉人(せきがいどこうぼ=地表面を堀りくぼめて造られた墓穴)8、が確認された。

東脊振村戦場ヶ谷遺跡甕棺墓160基呉人、
土坑墓87基呉人、石棺墓ビン民5基の252基の墓と、 ... この墓地群では、甕棺墓呉人2基、石棺墓ビン民31基、
土坑墓呉人13基が見つかっています。

原石棺群(はるせっかんぐん)は、犬鳴山塊の南側箱式石棺墓ビン民が16基、土を掘り窪めて石で蓋をした石蓋土壙墓呉人が1基確認された。

佐世保高島宮の本は弥生時代の埋葬(まいそう)遺跡その多くは箱式石棺ビン民という埋葬様式を主体として、多数出土している。
下本山岩陰の弥生人骨 四反田遺跡の支石墓呉人

古代西南諸民族
禹之九州西羌伝太古より甘粛・青海地方から四川に向かって南下遷徙し、雲南・貴州、さらには東南アジアへ移動していった古代西南諸民族の移動ルートキョウ・キョウ都古代四川の非漢族『後漢書』南蛮西南夷列伝成都平原の新石器時代後期の遺跡と古「城址」は強い地方色をもっている時期的には中原の竜山文化期に相当する。成都平原では現在知られているうち最古の文化中原でいえば二里頭文化の第四期
中国西南地区の石棺墓は岷江・大渡河・雅?江・金沙江・蘭倉江流域の川西高原及び?西北高原に広く分布する。岷江上流域のものであり、従来の研究では石棺墓群の年代と分期、文化的特徴、族属などが問題となっている。岷江上流域における典型的な石棺墓は、茂県撮箕山石棺墓群・茂?県営盤山墓群・牟托一号石棺墓・茂県城関墓群・理県佳山墓群の5つである。石棺墓群は1~5期に分期され、墓葬年代はそれぞれ春秋前期・戦国早期・戦国中期・戦国晩期・秦~漢初期である。岷江上流域の石棺墓群の早期には甘青地区の馬家窯文化・成都平原の古蜀文化の影響を、戦国期には甘青地区の寺窪文化・巴蜀文化の影響確認される。

中国先秦時期の西南地方一帯には、蜀と羌という2つの比較的大きな族集団が分布
羌は蜀よりも更に広範に分布し、多くの部落が西南から西北地方の各地に広く存していた。
蜀族の来源は?羌系民族と関係蜀族は新石器時代晩期までにはすでに成都平原に蜀王である蚕叢の事跡 古代の?羌系民族先秦時期の蜀族及び蜀国の王室は?羌系民族の出自
戦国秦は黄河流域の諸国に遅れて成長したが、巴蜀と楚の領域を占領楚の故地からは戦国資料が出土 巴蜀から文字資料が出ない
早稲田大学文学部長江流域文化研究所
[PR]
by kouhoka | 2006-10-20 17:31 | タコシ遺跡