カテゴリ:白磁の壺は、茶壺であった( 1 )

三牟田前田遺蹟から出土した白磁の壺は、茶壺であった。

夜須の三牟田前田遺蹟の磁器から白磁壺関連は?越窯と弥生の鳥命が見える。
越窯の前身は、中国紀元前500年前越王勾践以降の民族の宮邸を、遡る。
漢の武帝による、侵略に越人は、海を越えて、東夷国に移った。
浙江省武夷山下的城村
武夷山下的?越王城

これ以降日本の開花に移る。紀元前111年である。

武夷鳥君、は夜須鳥君と鳥命する。

夜須の三牟田前田遺蹟は県道筑紫野の新規工事に伴い1994年、県教育委員会文化財、によって調査が行われた。
この中で古代の弥生の夜須と古代中国、漢の武帝前秦国と共鳴していた、ビン越国の窯跡と夜須三並鳥巣窯は鳥命していた。

この流れをついだのが、越窯と官窯、泉州越州へと移り変わる。
三牟田前田遺蹟は大和政権から、平安京にいたるまで、太宰府の役所が置かれていた事がわかった。
八世紀には、臣前田が、太宰府政庁へ投入していた事が、奏言郡大領から、木簡荷札が、太宰府政庁から出土している。
これが郡役所に任官していた、前田臣市成(菅原道真祖)であった。
、奏言郡大領郡役所の最後の任官は?
源成任(小野成任或は紀成任)で孫の栄西が、官窯から、船に積み込み運んできたのが、三牟田前田遺蹟から出土した白磁の壺は、茶壺であった。


泉州越州苓州
「苓州 」「泉州」「越州」が三州です。
武夷山天子神
「古は天子が3年に一度は大牢を供えて三神をまつったものです。三神は、天、
地、泰一です。」
と言った。天子はこれを聴いて謬忌の泰一とともにまつらせた

古は天子は常に春秋に神をまつりました。
夏、殷、周の三代の子孫を見つけ出して祭祀を行うのは難しいが、せめて周の
古都洛陽を通るのだから、周の子南君とし、先王の祭祀を奉じさせよう。」
と言った。

越は漢武帝に滅ぼされており、越の勇之が、
「越人は鬼を信じております。東甌王は鬼を信じていたので160歳の長寿を保
ちましたが、その子孫は鬼を祀ることを怠ったため、衰退しました。」
 そこで、天子は巫に命じて越式の祠を建てさせた。天子がそれを信じたので、
それからは越式の卜が盛んになった。

その後2年、太初元年、暦を推算する者が、正しい暦である太初によって計算
した。11月甲子朔旦冬至の日に上帝を明堂でまつった。
夏に漢は、正月を歳の始めとした。色は黄色をたっとんだ。
 年号を太初元年と改めた。

武夷故称天子地。


武夷君是地仙之主百越始祖
武夷?巫夷民族
也有?武夷本?无夷,是属水神之名。夏族先祖
風氏族”和“蛇氏族
古越族人民居住之地越人姒姓其始祖是夏代少康的庶子叫无余

后武夷。武夷巫夷民族是属水神之名。茶名也有
所以武夷茶古有称鳥余
古代帝王自命的化身
自命真天子所用物品
万乘之尊

武夷文化,?越王,之?.
除郢王以?天子

秦の始皇帝天下
故干ビン越君王揺高祖5年公元前(202年)ビン越王故地、都はじめ、
十年后、没恵帝又加封、揺東ビン王、
建元三年公元138年、ビン越王東ビン越王地。
建元六年公元前135年、南越に兵を出す。弟余善、
越揺王、余善東越王
公元前112年南越の后、
七世り至りビン君揺
高祖在任中ビン越王的后裔走(南山)武夷
故号ス越王。

皆勾践の后ビン君揺



武夷君之秦王朝除郢王以天子越社稷的。
《史記秦本記》
秦朝未没ビン中郡。
南不辺ビン越
秦始皇于二十五年(公元前222)没立了ビン中郡
已并天下”之后大概是在秦始皇二十七、八年左右。
秦平ビン越之事
秦之時缶越,越人逃入深山林込留牢屯守空地越出兵之秦兵大破。当是秦朝灰亡前的事。

秦始皇二年,武夷君魏王子三等十三仙倶秦時人。
武夷山下的城村。皆勾践之后ビン越之国之后


城村村落位于闽越王城遗址北侧,是一座紧挨闽越王城遗址边的古村落,方志中称为"古粤城村"或"粤城"、"崇文里",现名"城村"。该村古代属建阳,民国时划归崇安县(武夷山市),现属武夷山市兴田镇辖行政村。村子里有农户500余户,2500多人,大多以种水稻、做茶叶等传统农业为主。


武夷山と福州、泉州






c0095642_15581075.jpg





c0095642_1615114.jpg


城村 神秘的古粤王国

平安末と同時に、廃棄されていた。後鳥羽上皇の承久の変で終息した。

三牟田前田遺蹟、奏言郡大領郡役所は大和政権から、平安京にいたるまで、太宰府の役所が置かれていた事がわかった。
奏言とは天皇に上奏奉献することをいう。天皇御領地也。
奏言郡大領、郡役所は宮廷の御領地也。
[PR]
by kouhoka | 2010-10-06 16:02 | 白磁の壺は、茶壺であった