カテゴリ:相撲と角かどルーツ( 1 )

相撲と角かどルーツ

抹茶を使う日本の茶道とはルーツからして異なると思います。 ... あ、あと、手乞についてご存じの方はいらっしゃいますか?相撲の起源らしい
日本の文化は日本のものです。
c0095642_1329227.gif
ルーツへの原点回帰こそ歴史そのもの
闘牛は、色々と考えさせられる所があり、ルーツ ... があっちにも、こっちにも、この角あわせ。
相撲と角かど
東と向正面の角西の角は原則になっているかたや、ひがし方まるまる山西方まるまる山。
耶麻と山のぶっつかりが相撲の起こり。

角力ともいう。

中国には、960年に書かれた『角力記』という書物がある。 相撲と?角との違い. 日本の相撲は江戸時代に土俵ができたが、中国には古来より土俵は存在しない。
古代より互いに組み合ってから、相手に投技をかけあう格闘技。

中国の格闘技で、漢書には手縛と表現されていた、後の時代によって角抵・角抵戯・角觝・角力・相撲・?角と表現が変わる。
中国の歴史角力は、また「角觝」、あるいは「角抵」とも呼ぶ。魏晋南北朝時代からは、「相撲」(すもう)http://peopleschina.com/maindoc/html/200406/fangtan.htm
春秋戦国時代の前は、角力は軍事訓練の一つであった。
前漢の正史『漢書』「武帝記」の元封3年の記録には、「春、角抵戯をおこない、三百里のうち、みなこれを観る」とある。

◇「角抵」「角抵戯」「相撲」等の用語の由来
相撲/頭からぶちかまして押し合う相撲の起源。
動物調教は、春秋戦国代以 来角抵や百戯からおきたものらしい。
相撲にあたる中国の格闘技で、漢書には手縛と表現され、後の時代によって角抵戯・角觝・相撲・シュアイジャオと表現が変わる。

角(しゅつかく)、シュアイ・ジャオ(''shuai-chiao''、シュワイ・ジャオ)とは、日本で言う所の相撲。相撲の源流。
歌戯・百戯・散楽・角抵 歌舞戯 等がある。

日本や中国では朝鮮相撲を相撲、角力、角戯、脚戯、角抵、角てい、高麗戯、僚こうと表すが、朝鮮語ではシルムである。自然と伝統文化
闘鶏、競馬、競犬、蹴鞠、角抵戯、呑刀、呑火、 魚龍、漫衍なども。 元封三年の角抵戯では、畿内三百里から観衆が押し寄せたという

中国の「摔角」(シュアイジャオ)(そうかく)である
漢書には手縛と表現されていた、 後の時代によって角抵・角抵戯・角觝・角力・相撲・摔角と表現が変わる。

「浙江余姚河姆渡」
農耕に従事させた。呉は気候が温暖で、土地が肥沃なので、三国から東晋にかけて、避難のため江南に移った。浙江はもともと経済が繁栄し、文化が発達していた上に、中原、北方文化の新しい要素が加えられて、内外が交流し南北が融合し、更に角抵、百戯も習った。
浙江余姚河姆渡で骨哨(骨笛)を139本発掘した。そのうちの1本は、長さ10センチ、横に6つの孔が開けられていた。ほかに孔吹きの陶?(陶土笛)があった。ここでは、骨笛や土笛は単なる労働や狩猟の信号だけでなく、簡単な音調があることから、原始的音楽・舞踊の独創の吹奏楽器になったのである。
河姆渡文化で残されている多孔骨笛と穴吹き陶土笛は、古越の肥沃な土地における音楽・舞踊文化の最も早い実証と見られる。古越舞踊に関する今までの最も早い文字による記録は、「祭防風氏舞」である。
http://www.zhejiang.gov.cn/zjforeign/japan/node248/node249/node255/index.html

仲尼曰く、『丘これを聞く。昔、禹、群神を会稽の之以に致す。防風氏、後に至る。禹これを殺戮す。その骨節を専ら車(けず)る。これを大と為すべし。』と。客曰く、『防風氏、何れの守や。』と。仲尼曰く、『汪芒氏の君なり。封の守。嵎之以の者なり。』と。

「封:封山。嵎:嵎山。現在の呉郡永安県にある。」永安県は西晋太康年間に武康県に改められ、現在、浙江省徳清県に属する。
。「昔、禹は塗山に集会した。玉帛を献上する者は万国を数えたが、防風氏は遅れて来た。禹は彼を殺したが、彼の身長は3丈もあり、骨をわざわざ削った。現在、南に防風という姓があるが、彼の末裔であり、皆成人している。越の風俗を守る。防風神を祭り、防風古楽を演奏する。竹を3尺の長さに切り、それを吹いてその音は吠えるようである。3人で髪を結わないままに舞う。」舞踊の歴史から

奴隷制政治と経済の現れとして、不可避的に祖先祭祀、神霊、英雄崇拝が一体に結び付いた音楽・舞踊は、浙江省の他の地方にも見られる。例えば、金華市磐安県深沢郷金溝遺跡から出土した商周楽器青銅鐃は、祭祀用具であると共に、士気高揚のための手柄者祝賀宴会のときの打楽器でもある。春秋戦国時代、浙江省は呉、越の覇権争いの地であった。呉が滅亡して越になり、後に越が滅亡して楚になる。秦が中国を統一してから、全国を36郡に分けた。その時期に、巫呪術的舞踊が流行した。「浙江の古百越人……先秦時期……祭祀は厖雑で、巫術が流行した。」(于?《浙江?俗概?》)巫の仕事は、音楽・舞踊で神様を楽しませることであり、また、巫術の中の巫舞は特殊形式の民間舞踊である。余杭良諸反山遺跡から出土した文物の中に、遅い、速い太鼓の音にあわせて歌い、袖を振りながら舞う絵がある。また、浙江省嘉興市海塩県長川?で戦国時代初期の原始磁質楽器45点、編鐘1組13点、及び紐鐘、勾?鐓于などの多くの楽器が発見された。それらの楽器の出土は、古越の王侯貴族、少なくとも資産家の当時の歌舞享楽を証明している。紹興306号戦国墓から出土した銅屋模型は、中に楽師が6人跪いており、前列東一番は太鼓叩き、西二人は歌い者、後列の三人はそれぞれ笙や琴を奏でたりしている。銅屋に舞う巫はいないが、歌舞で神を楽しませる儀式であることは明らかである。その文物は、奴隷社会から封建社会へと転換する舞踊には、楽器の伴奏及びある程度の体裁や儀式があったことを証明している。同じ時期は、民間と王室官邸の間で女楽倡優も活躍していた。彼らは民間で歌ったり踊ったりしたが、種々の原因で、王侯貴族の好みに合わせて民間の歌舞を作り直して、宮廷において新しい舞踊の形式を形成させた。伝説では当時、越国?蘿西村(今の浙江省諸曁南)の人施夷光――西施の舞踊がその典型の一つだと伝えられている。漢・趙曄著「呉越春秋」及び明・梁辰魚著「浣紗記」にいずれも西施が舞踊を練習した記述が見られる。紀元前491年、越国が呉国との覇権争いに敗れ、西施が越王に呉国に送られる前に、紹興土城で歌舞儀容を練習した。呉国に到着した後、美貌と歌舞で呉王夫差を惑わせ、呉王は「盛んに妓楽を楽しみ、一日中西施と歌舞や水遊びを楽しみ……国事を疎かにした。」
西施が「館娃宮」に入ってから、よく宮女たちを率いて、足に下駄を履きスカートに小鈴を吊るして木の板で踊った。明・張岱著「陶庵夢憶」で明の人が演じた西施歌舞を詳述している。長い袖と緩やかな帯、体を廻らして輪の如く、身を回すと、たおやかで、弱きこと秋薬の如し。
http://www.zhejiang.gov.cn/zjforeign/japan/index.html



相撲は後鳥羽上皇が民に取らせたのが始まりと言われる。
院が隠岐島に流されてから、
その隠岐でも、始められたのがこの、
牛相撲で、院の流れの児島高徳の後胤佐久間宮家は、江戸になり、現在の相撲を始めたと同時に、甚句も生み出して、相撲甚句は他に甚九郎甚句とも云われる。
[PR]
by kouhoka | 2007-12-06 13:34 | 相撲と角かどルーツ