カテゴリ:神の手縛と表現した甚九郎( 1 )

神の手縛と表現した甚九郎

神に従属していた宮家ならではで、手縛とは自然に教える手立てなり。
教育とは意味が違い、憲法のような、ごり押しする事ではない。
これを取り入れたのがようやく、戦乱のおさまった、江戸になり家康の伽衆に居た佐久間甚九郎なる者によって、はじめ、られた。
甚句はこの相撲にも取り入れて、相撲甚句の語源はこの、佐久間甚九郎から、取り入れた名称なり。

このような、発想は神に従属していなければ、何も生み出せないのは、云うまでもありません。
この佐久間甚九郎はまだ他にも「平家物語」の作者としても知られている。
c0095642_13181377.jpg


佐久間甚九郎墓 京都大徳寺高東院宮家墓所 代々の墓が並んでいる。
現在は細川家で知られる。高桐院は、以前は宮家児島高徳から始まる。一休上人とは縁戚。

ここから神の法則が、江戸にも伝えられた。
天海も佐久間甚九郎の縁戚である。明智で知られる光秀の養子となり、本名三宅光綱という。
[PR]
by kouhoka | 2007-12-06 13:26 | 神の手縛と表現した甚九郎