カテゴリ:夜須弥生民族の正体( 5 )

日本の始まりはこの夜須からだった

人々は「理想の王」と崇めた
醜いアヒルの子と同じで 実は白鳥だったから空を飛べましたそしてつづきが
「いちだんと輝いていました」これが
この原型は、角力にあり、禹に角天に委ねるモノらしい。
静と動が入り混じると書いたが、静はまるで誰かに語りかけるような美しい音と規制を利かせた不協和音を上手く取り入れなければ、ならないのです。      

それは中心に心地よく目元に、輝いてきます。に類比している。
規制を利かせた不協和音を上手く取り入れなければ、ならないのです。
尭・舜に、禹を加えた三人を、後世の人々は「理想の王」と崇めた。 ... 大自然の道を悟って、在りのままに、委ねる。 という事を世人に知らしめしました。
この話の原型は?
道を悟って、在りのままに、委ねるという意味。
五帝、三王は皆仁義を以って而して(王)化をし,而して能く肉刑を用いて以って俗を正した,是ぞ勇を為したというのである也
天は五刑を以ってして罪有るを討つ,五刑を用いるは必当であることを言う也
「尚書」
イエスは「ユダヤ人の裁きをシュメールの神の御手に委ねる」と語ったのだ。

天下は聖人に功績を帰するが、聖人は天下に功績を委ねる。 だから尭・舜・禹・湯の天下の治め方は、どれも自然であったと言われる。

c0095642_2042469.gif




古代まだ未開地だった夜須に、ウガヤ王が降臨しました。それを示すかのように、この夜須に角力にあり、といわしめた、二代民族がいました、いつも争いが絶えずにと卑弥呼が、居たとして、原型の角力でもって、王ウガヤは、たちまちにして、これを、治めました。
それからというものは、倭人たちは、道を悟って、すべてを在りのままに、委ねることと、なりました。大木遺蹟にはそれが、甕棺に線刻されて、残されていました。
それから、二代民族は王によるすべてを在りのままに、委ね、稲作を作ることを与えられました。そのほか道具等も、方法を与え惣利遺蹟では木製工房を造って、やりました。又ヒルハタ遺蹟では、青銅器鍛冶工房を造り与えて、鏡など工法を与えていました。
ウソのようなほんとの話です。


c0095642_20582483.jpg


角力とは児島宮の神様の、相撲が日本で一番最初に取り入れられた跡になっていて、江戸末期までは、相撲御用という、角力で行われていました。
吉田司家から、児島宮に向かえを差し向けてから、角力で行われていました。
この原本こそ、日本人のルーツが、わかる角力で、物語にもなって、かぐや姫や鶴の恩返しの、神話にもなりましたのは、ここ夜須が、なければ、日本の歴史は、なかった事にもなるでしょう。




c0095642_2192126.jpg

[PR]
by kouhoka | 2007-08-23 21:09 | 夜須弥生民族の正体

夜須人の源流は何処から来たのか? 

夜須人について述べよう。
弥生の名は土器から付けられた名で在るゆえ、ここでは、年代を取り上げてみました。
起源は紀元前200年前の頃、中国では丁度秦時代の頃、秦の始皇帝が除副仮の名で記されていました。
この一団が住み着いたのがここ夜須(この頃はまだ夜須とは呼んでいません、では何とつけていたのか?
皆さんは祝詞のことは、ご存知であろう。この祝詞の中にちゃんと、記憶されていたのです。
何と呼んでいたのか?それは祝詞を見れば、正しく記されていました。
ら豊葦原の国をと、とよあしはらの、国と記していました。
これが二度目の中国からの渡来と同時に、天子の一団が住み着いたのがここ、夜須の地でした。 どうして夜須なのかと、思われるので、ここでは夜須の名の語源について述べておこう。

夜須の名の語源
このやすと発音している源は、天すなわち、宇宙に基点を置いています。七夕で知られる宇宙の、住いが野洲の原としています。是すなわち北斗七星にわし座が、並んでいます。
ここが発起点で、この時点でメソポタミアに神々が現われたのです。
それで神々の住いはこの野洲の原という事です。
これが紀元前3、000年前に中国に移動してきました、これがあの夏王朝の姿なのです。
幾多の長い年月が過ぎて、夏王朝の天子は、この時は会稽の安邑に都を受け継いでいました。
この安邑の語源はというと、
メソポタミアの天子がそのまま、引き継いでいたのは言うまでも、ありません。
ここに天子は都と神々の住い神殿を造りました。これが中国の最初の歴史と言われています。

ここで付けられたのは、神々の住いの野洲の原をそのまま、類比していたのです。
ここに会稽の安邑が起こりました。
すべては類比するという自然の法則に従い、天子はその地を安邑やすむら、としたのです。
凡そ検討が付いてきたと思い、ここ弥生の南越王は豊葦原の国をたいらけく、やすらけく、安
と名づくとしています。
ここに始めて、夜須の名の語源となったというわけです。
それと同時に、夜須の名の語源は神殿に捧げる器を作る黄土土を、はに夜須彦神、と名づけています。

こうしてこの夜須では稲作農耕がはじまったと言うわけです、それに付随しているのが、農耕の祈願する為の祭祀も、はじまったという訳です。
夜須町教育委員会が調査して、これらの出土品土器は、会稽の安邑の土器と類比していたのですが、この理由がわからず、二年前から、児島宮歴研会により論文が公開されて、インターネットを通じて、みんなが知るようになりました。
いまだに夜須町教育委員会は出遅れております、がプログで論文が出てからは、盛んに聞き入れた方々が、プログに載せて説明していますが、根幹がないままて、考古学者はやはり出遅れていますので、まだ実情がつかめていない、となるでしょう。

それは考古学者が知らないのに、外の盛んに聞き入れた方々には、神の定義さえわかっていないでしょう。
最近になり星座や神々の正体が取り上げられてはいるが、どれも盗作したものに、なるでしょう。


c0095642_22142135.gif

[PR]
by kouhoka | 2007-07-21 22:14 | 夜須弥生民族の正体

夜須の弥生人の暮らしが見えた

これこそ、弥生のはじまり、
それ以前縄文人の名で知られる民族の生活とは、狩猟で、家がまだ定着したくらし、ではなかった。
男たちは、集団を組んで、住いから離れて、獲物を探しているのは、現在のアフリカ集落に見られるような、くらし方を、していました。これは原始的、ないとなみを、
していて、現代日本人は、現在これに近い暮らし方に転向している。
原始とは人間の眼に見えないものの事で、人間が感性が備わっていない事、のようなもの。
つまりは現状を感じる事が出来ないこと。
人はこれを知恵とよんでいる。
現代では便利な暮らし方をしていると思っていますね、確かに便利な生活ではありますが、
この便利な生活の裏には、私たちが感じていないものと、取引により、この便利よさが、なりたっています。

取引により、この便利よさがの感じていないものとは?お金がかかわっていますね。
こうして便利の代わりに、とられる、はらう、ものが犠牲になっていて、この犠牲にされるのは、
自身の身にふりかかります。
この事で犠牲とは、失うばかりで、ふえる事はありません。
これは倍働かなくてはならないという意味が根底にあります。
こうした繰り返しの、現代ですから、お金がかわりに、ふえていき、借金が増え続けているのです。これが縄文(この名まえは、土器に付けられた縄模様から、きています)原始的暮らしの原理なのです。(つまりは何かに縛られているようなものの事なのです)

夜須の弥生人はどんな生活なのかと、いうと
文明の創設者となり、この地に開いたという、稲作農耕と宇宙天文学から、数々のものが生み出されました。
これが弥生のうむ、力から付けられたのでしょう。
原始的暮らしでは、
便利の代わりに、とられる、はらう、ものが犠牲でしたが、
この弥生開始では、新しいものが次々と生み出され、現代の元になっているのですが、
残念ながら平山神に感謝すらする事はしていないのです。

ここで、その証しを、文化財調査書鳥巣遺蹟・来る町遺蹟で、知られていないものを見つけました。まだ文化財調査書にも、書かれていないもので、
この鳥巣遺蹟や夜須広域遺蹟でも、同じものが発見されていたが、ここに人間が感性が、失われている為に、この事さえ、発見できなかったのです。

それは竈跡が夜須の遺蹟のあちこちから、出土しているので、容易に見えているのですが、ここにも、失われている感性が備わっていないので、見つけても、稲作と関係しているとは、鑑識できなかった。
これには、一つだけではありません、他にも
いろんなものが、生み出されている事を知らねばなりません。
竈跡には、何に使うのか感じられ、ここには煮るという事が連想されますね。
煮るという事が連想されると、果たして何かそれが答えです。
煮る為には鍋のようなものが必ず要りますね。
この鍋の元が、土器で焼成されて作られたかたい、甑(こしき)というものです。



これは同じ形の、こしきです。
c0095642_15573589.jpg




それは米なのです。米を食べる為に煮るのがこの容器甑。かまどにかけて、煮る。
[PR]
by kouhoka | 2007-02-22 15:59 | 夜須弥生民族の正体

夜須の宮ノ前遺蹟に見られる遼寧人の足跡

夜須の宮ノ前遺蹟に見られる遼寧人の足跡は、夜須全体広がる遺蹟からも、似たよなものが、沢山出土しています。これは夜須町文化財が調査したもので、佐藤正義氏がまとめられ、配布したもので、
これによると、宮ノ前遺蹟特版となっているが、夜須の全体像もしめされており、
これによるところが大きいのも、氏のまとめられた内容が、三部構成になっていて、出土品の監察が、容易に出来る特典となっている。
これで、今日まで不透明だった夜須の弥生の住人が何処からきたのか、似たよなものから、発見できた次第である。
ひいては、日本の古代の姿が確実化したわけになる。
遼寧省の春秋時代は夜須の遺蹟と、似たよなものがまだ他にもあり、
古代文字は夜須の鳥巣窯で焼かれた土器で、土器に刻印された、これと似たよなものが、遼寧省の春秋時代に見られる古代象形文字であり、今日まで、解明されて、いませんでした。


春秋時代に見られる古代象形文字
c0095642_16381429.jpg


この中にたまわるの文字があります、これが夜須の鳥巣窯から出土した、この
c0095642_16395179.jpg


椀や
壷の首のところに、刻印されて、とてもよく似ています。


c0095642_16413741.jpg


一つでは証明は無理でしょうから、
此れも、
c0095642_1644191.jpg


これは出雲文字とされるもので、夜須と出雲との関わりが似たよなものとなっています。
これは出雲で出土した刻印です。

c0095642_16465110.jpg



そしてこれは、夜須の遺蹟から出土した穴窯式土器に刻印されたものです。


c0095642_16485122.jpg


似たよなものが明かすものとは、実は再生していたことの明かしでもあり、それは民族が受け継いでいる証明でもあります。

ではここで、宮ノ前遺蹟から出土したものが、遼寧省にも見られるでしょうか。


c0095642_16535549.jpg

器台が多く見られ、これは食生活が始まり、火と竈と稲作開始の似たよなもので、宇宙天文学が、夜須に始まったことを、表わしています。
c0095642_16542488.jpg


次に131の画像の上に模様がありますね、この模様は山形を表わし、宇宙天文学の標です。
c0095642_16544872.jpg

相変わらず器台が多いでしょう、これは何を表わしているかと、云えば上に器を乗せる、為
に用いる、台なのです。弥生には煮炊きが竈を用いて、つくりますから、盛る為の台として用いたものでしょう。
c0095642_16551447.jpg

次は水に関わる容器で汁や、水分のあるものを、入れる容器として、使われたものでしょう。
c0095642_16553775.jpg


次に中央に柄杓か、しゃもじ、なのが見えていて、煮炊き時期なので、掬うための用具です。
c0095642_1656015.jpg

ここでは、お椀も見られ、竈を使い煮炊きしたものを、入れておく用具みたいな、容器でしょう。

c0095642_16563676.jpg

c0095642_16565327.jpg


c0095642_1657214.jpg




戦国時代には燕国に属し、秦では遼東、遼西等の郡を設置。
6000年前の新楽遺跡の発見により、この地に古代文明が栄えていたことが判明した。
遼寧省地図
c0095642_1782491.jpg



中国遼寧省羊頭窪遺跡. 黒陶系土器 石器(石包丁 磨製石鏃) 紡錐車 卜骨
中国遼寧省牧場駅東墓. 明器(耳杯 尊鼎 かまど 燭台 井戸 家屋)
6000年前の瀋陽の新楽遺跡、阜新の査海遺跡、朝陽の牛河梁遺跡などの発掘
文物により、約5000年前から6000年前、この地に古代文明が栄えていたことが立証された。
戦国時代には燕国に属し、秦では遼東に属した。
近年、資料が増加しつつある中国・遼寧省の三燕時代墓葬出土遺物に注目
遼河上流の遼寧省朝陽市喀左県では商末から西周前期の青銅器が数多く出土する。
河南省の王墓から出土した漢時代の金縷・銀縷の玉衣は、名品中の名品です
1996年河南省出土
商丘市博物館蔵

c0095642_1719920.jpg



中国産の鉛を使った銅剣の産地は遼寧省である
荒神谷遺跡から発見された銅剣は「中細形銅剣c類」または「出雲型銅剣」と呼ばれ、発見された358本の中で朝鮮半島産の鉛を使っているものが1本、残りすべてが中国産の鉛を使って作られていることが判明。

夜須吹田遺蹟からは、銅剣が出土している。

c0095642_18234950.jpg




中国本土東北部に位置する遼寧省の査海で発見玉耳飾

c0095642_17294950.jpg




太陽や鳥それに蛇を信仰する太陽族・鳥族・蛇族が明白にすみわけて存在していた。
太陽や鳥はメソポタミア都に住んだシュメール王が、始めたものと、云われています。

中国最古の約七千年前の漆遺物が出土している長江下流域の河姆渡遺跡をはじめ黄河中下流域の遺跡 遼寧省など調査 中国遼寧省本渓県で中国遼寧省で漆文化の調査始まる 。


遼寧省・凌源牛河梁の新石器時代遺跡、河南省・鄭州大師姑の夏代城跡
河姆渡遺跡は河姆渡鎮にあり、7000年前の新石器時代の文化遺跡
遺跡は寧波市に25キロ離れている。面積が4万㎡あり、1973年11月と1977年10月二度に渡って発掘された文化財は7千点余りある。木造の高床式建築が多く発見され、長いのは25mもある。寧波市
半坡遺跡は陝西省西安市郊外の、仰韶文化前期(B4800頃~B3600頃)を代表する遺跡。
環濠集落跡で、住居は半地下式の竪穴住居。堀は幅・深さとも5~6mあり、区画された共同墓地を伴う。仰韶文化と竜山文化の相関関係が初めて確認

竜山文化 B2500?~B1700?

黄河の中流~下流域を中心とし、類似の文化は遼寧・江蘇・甘粛各省に及ぶ。還元炎による黒陶・灰陶を特色とし、後期には銅器の鋳造も見られ住居は円形の竪穴住居が主

長江文明
黄河流域の麦作農耕に先行する稲作農耕が確認されたことで水稲農耕、
水稲農耕のほか黒陶・玉器・漆器・竹工芸・磁器・養蚕製絹・茶など中国を代表すると認識されてきた文化伝統の多くの源流が確認され、中国最古の都城跡も長江流域で発見された。その伝統はのちの楚文化に継承されて大型の青銅器やすぐれた漆器が多数出土している。
越の国の頃にあたる。

石家河文化 B2800?~B1500?
湖北省天門県石家河で発見版築城壁をもった都市土器は小型で楕円形のものが多い。灰陶器を主流とし、銅器もみられる。城壁の基底幅50mで、造形には竜・鳳凰などのほか人頭像(神像)・獣面など独自のものが看られ、玉器の加工技術があった。城外からは夥しい紡錘車のほか石器や玉器などの工場址が出土銅片の発掘によって冶金が行なわれていた?
。『呂氏春秋』などで、堯~禹の時代に中原と抗争を重ねたとされる伝説三苗部族と地理的にも時代的にも重複する。。『尚書』には、苗民は祭祀より刑法を重んじた。東アジア史データーより。
河姆渡文化
長江下流域最古の稲作文化。浙江省余姚市で発見稲籾の堆積があったことから、稲作を行っていたことで知られる。木造の高床式住居に暮らしていた。
[PR]
by kouhoka | 2007-02-06 17:32 | 夜須弥生民族の正体

弥生王国の遼寧人の姿が見えた

弥生王国の姿が見えた、それは之までの、朝鮮から渡来したとされる、ものが一転して、覆される証拠が、確実なものに、なった。
これは夜須全体に広がる、遺蹟の状態から、確認できる。                       
はじめに、
日本の開花となる、暮らし方が、これまでの常識をはるかに超えることになったのだ。
中国書等が記す、この国の生い立ちが、確実なものとなりました。
これは夜須に於いて神の登場が、第一歩で此れなしには、語られない。
神とは農耕から起きたもので、神が始めに誕生したのでは、ありません、そこには世界でいち早く、文明が王によって開かれました、これがメソポタミア文明です。そしてこの文明の創設者が、ウル王といいました。
このウル王の名は世界に神を印象付け、そしてここに人間という、名前が始まりました。動物から、人間へと変化の時がこの、今から8000年前におこったメソポタミア文明です。
そして長い年月が過ぎて、いますが、今も変わらないのが、神の存在感です。
ここに当社歴研会が、発表する人間と神とのかかわりが語るものとは? 似るという、親子が似ているの、似るに根幹があり、私たちはかけ離れていて気づくきませんが、日本には似ているという文字がありますね、この似ているが明かすものとは、
親子関係のようなものに、根幹がありました。
ここに、夜須の弥生人から見た、似ているの語源に、挙げられるものが、夜須の遺蹟に眠っていました。
まず似ているから取り上げたいと思います。
弥生といえば銅矛、銅戈の原産地から、この夜須内の弥生人が似た、銅戈で暮らしていたという事は、似ているのではなくて、民族そのものが、この夜須に居ることの証明になります。


c0095642_15263291.jpg


この銅戈は夜須の勝山というところの遺蹟から出土したものですが、まだ他にも似たものが、


c0095642_15295643.jpg


遼寧省に見えるのが、この銅戈の一番古い土地とされています。
ここにも似たものが、揃っているのがあり、日本に古代の昔からつくられていた下水菅の施設は天智天皇の頃にも見えてきました。
この下水設備が始めて登場したのも、日本と似たよな、メソポタミア都に住んだシュメール王が、始めたものと、云われています。
ここにも似たよなものがありますね。
この似たものが中国でも、古代の遼寧省に住んだ民族の他を於いては、みられません。
これは似たよなものとは、受け継いだから、似たよなものが再生しているのです。
現存して似ているものは、再生の外にはないのです。
昔の日本では土管で造られた、下水があちこちに、ありましたが、現在は似たものから、かけ離れているとしたのが、ここにあるのです。


c0095642_15512479.jpg



c0095642_15522812.jpg



まだ外にも似たよなものがあり、
これは
c0095642_15541939.gif



土偶にも見えるが、殷の後の時期になるので、同類の民族ともとれますが、これは焼き方が
素焼きではなくて、登り窯で焼かれているのです。
この技法は、火と関わる民族にしか、似たよなものとはならないのです。
竈に関わる民族は、似たよなシュメール人にしか、受け継がれていないのです。
それはすべての似たよなにかかわるもので、人間でも白人と黄色人とは、似たよなものには、ならないことを、明かしています。
それは受け継いでいないという現実です。
このままいけば半永久まで、このすべてのものは、再生しないでしょう。
それは現在の下水道のあり方にも、問題を残しています。
このこのすべてのものは、再生しないでしょうのことば、の中にあるものは、
二度と再生しないという、事は似たものが続くことには、ならないという、神の教えです。
今民営化ということばがあり、改められていますが、これも、このままいけば再生は不可能となるでしょう。
これは人間の根幹を失わせる行為となるでしょう。
後で生まれてくるものは、それまでのすべてのものと出会うことは、出来ないという事を示し暗示ています。

貝い合わせや鋏もこの似たよなものとして、昔の日本にはありました。倭鋏の原産地はメソポタミアと、云われているのがそれです。c0095642_164173.jpg


こうしたものは、とてもよく似ています、それはこの鋏が明かすものには、日本だけの特徴の着物の絹織物は、このメソポタミアの宇宙農耕天文学を説いたシュメール王の他を於いては、似たよなものとは、ならないのです。ここに機織りと宇宙農耕天文学が結びついているのです。


この似たよなものの原点はすべてこのシュメール王に集約されているのです。
[PR]
by kouhoka | 2007-02-06 16:10 | 夜須弥生民族の正体