熊野伊勢の本宮児島宮

熊野伊勢の本宮児島宮にあたるとは?知られていらいが、児島宮といえば、別名頼仁親王とも、呼ばれていて、鎌倉時代の後鳥羽上皇の子息にあたられます。
児島宮が実在するのは、此処一箇所で、福岡県朝倉郡夜須町篠隈前田に、神殿で、あります。


母君は、七条の防門家の女で、

藤原殖子(ふじわら の しょくしまたはたねこ、保元2年(1157年) - 安貞2年9月16日(1228年10月15日))は、高倉天皇の妃。坊門殖子とも。守貞親王(後高倉院)、後鳥羽天皇の生母。父は従三位藤原(坊門)信隆。母は藤原休子(大蔵卿藤原(持明院)通基の女)。内大臣坊門信清は同母弟。院号は七条院。

高倉天皇に召され、典侍に任じられ、第二皇子守貞親王(後高倉院)、第四皇子尊成親王(後鳥羽天皇)を産む。
建久元年(1190年)准三后、ついで女院となり、七条院とも呼ばれる。承久の乱の後も、後堀河天皇(守貞親王の皇子)の祖母として、京都に留まる。

後鳥羽院の生母七条院の里方は藤原氏北家の水無瀬家。

院は隠岐へ行く途中、城南の鳥羽殿
で落飾し、烏帽子姿の俗体を写させそれを生母七条院に贈り、水無瀬宮で一夜を明かした。

後鳥羽院は隠岐に配流の後、水無瀬父子に遺詔(御手印御置文)を残された
御諱(いみな)は尊成(たかなり)

後鳥羽上皇の生母(七条院殖子)の弟の坊門信清
作者:七条院大納言 出典:[新古今和歌集4]402

藤原北家道隆流、右京大夫藤原信輔の子。母は橘家光の娘。室は藤原(持明院)通基の娘、及び平清盛の娘。

従三位、修理大夫、伊予守、因幡守。七条修理大夫と号す。坊門家の祖であり、坊門信隆とも記される。

尊瀧院に居られた。その兄宮の頼仁親王こと冷泉宮も、この地に配流され、兄弟一緒に住居された。

承元4年(1210年)、親王宣下。母の姉妹が源実朝の室だった
建保7年(1219年)の実朝横死後は一時後継の征夷大将軍候補に擬せられていた。
承久3年(1221年)の承久の乱の結果、父の後鳥羽上皇らが配流されると、親王もこれに連座して備前国児島へと流された。同地において死去したとされ、一説には児島高徳の遠祖であるとも伝わる。

岡山県倉敷市にある修験道の寺院五流尊瀧院の歴代大僧正は頼仁親王の子孫が務めていると伝わる。

後鳥羽院の生母・七条院殖子の弟なので、実朝室と後鳥羽院は従兄弟同士になる。
また、姉妹が後鳥羽、その子の順徳の後宮にそれぞれ二人ずつ入っている。
1204年、実朝の御台所となるべく関東へ下向。12才であった。


千葉介胤綱
千葉氏五代。四代千葉介成胤の子。母は不明。妻は佐々木信綱娘。
一族が後見人になって胤綱を助けた。
三浦義村が先年の和田合戦のとき、従兄である和田義盛に味方すると約束していたにもかかわらず、北条義時に寝返ったことを皮肉ったものであった。義村は何も言えなかった

千葉介胤綱が小侍に着した。この時、胤綱十三歳。

北条義時と後鳥羽上皇との軋轢が次第に大きくなり、ついに承久3(1221)年5月15日、京都守護のひとり伊賀太郎判官大夫光季が、高辻北京極西角の屋敷を後鳥羽上皇方の兵に攻められ、自刃を遂げるといった事件が勃発した(『百錬抄』)。そして5月19日、後鳥羽上皇方は兵を集めて北条義時追討の兵を挙げた。これを「承久の乱」という。

祖先は七条院家から親秀に嫁している。 田原親宏 ( たわらちかひろ) 大友宗麟を支え
た田原氏 (『 耶蘇(やそ)会士 ... 親宏が豊前 筑前の大身と同盟して豊後の王となる準備
をしたというつまりはハビアンとのつながりがあるから、類比する関係。

承久の乱の直後、生母である七条院に送るために藤原信実に描かせたものといわれてい
ます。後鳥羽上皇死後、旧水無瀬殿の地に御影堂が建てられ水無瀬信成・親成父子は隠岐
からおくられた「御手印置文」と修明門(後鳥羽院後宮)から寄進された。

頼仁親王は備後の児島の尊瀧院の於いて、熊野本宮から、同じ神殿を儲けられた。
ここに、後鳥羽上皇からの、熊野本宮並びに伊勢本宮との、拘わりが、頼仁親王に受け継がれた事により、これより、宮家の名が始まり、神社の創建の第一家と、なりました。
この宮家は高徳胤へと、受け継がれました。

高徳胤の宗家は、佐久間家へと、受け継がれました。
佐久間家と申しても、三浦家系の佐久間家も同伴していますが、本流は、近衛助安一家になります。
この胤が佐久間信盛子息、信栄の子息、甚九郎正成に託されました。
ここに、熊野伊勢の本宮の宗家として、児島宮がその本宮に、託されました。



c0095642_14573938.jpg

[PR]
by kouhoka | 2008-03-22 14:58 |
<< 夜須の意味は、天空という意味が... 広瀬城 西広瀬城 三河 児島高... >>