「ほっ」と。キャンペーン

秀満と三宅氏の関係は母方を継いだ

明智秀満三宅弥平次、明智左馬助実父:三宅秀朝(?)、義父:明智光秀

三宅 重利 みやけしげとし (三宅藤兵衛)

明智光秀の外孫にあたり、熊本藩主細川忠利とは従兄弟の関係、三宅重利、山崎の合戦後に細川家に保護される、のちに細川家を辞去し寺沢家に仕え知行三千石、天草の乱では富岡城代として一揆軍と戦い討死した

三宅重利(明智秀満の息子。天草富岡城代。天草四郎率いる一揆軍に敗死。) 細川忠
隆(細川忠興の嫡男。後、廃嫡され、子孫は細川家臣内膳家となる。)

島原の乱
10月27日には天草でも蜂起し、11月14日に富岡城代の三宅重利を殺した。
1637(寛永14) 天草・島原の乱勃発、城代の三宅重利討ち死に
熊本県苓北町富岡字本丸
重利は山崎の合戦後、細川家に保護される。
その数3万7千にもなり廃城となってた原城址に篭城します! これに対処出来ず自らの
失政を認めずキリシタンの反乱として幕府に救援を求めます!

明智滅亡後ガラシアに従って細川氏に仕官した秀満の子・三宅藤兵衛重利(のち、
寺沢氏に仕え富岡 城主)と、三宅一族(式部大輔綱朝・藤兵衛秀朝・周防守業朝・孫十郎光景・出雲守某))

秀満が三宅を名乗ったのは、母方を継いだものです(母は三河広瀬城主三宅高貞の娘)。秀満は、 秀満は、恵那郡の明知城主遠山景行(明智光安のこと)の長男として生まれ、最初は遠山景玄を称しています。

三宅出雲(長閑斎)は、秀満の実父ではなく、叔父(父の末弟明智光廉)で岳父
秀満と三宅氏の関係は母方との関連のほか、姉妹が三宅氏に嫁いでいます。

明智秀満は母方にいり、三宅弥平次を称す。
又天海僧正も、この三宅弥平次である。

ここで三宅系図
母は三河広瀬城主三宅高貞の娘であり、児島高徳の後胤とされる一族である。
三宅新十郎出雲弥平次(明智左馬之助)藤兵衛

三宅藤兵衛重利(のちに寺沢家に移籍して天草富岡城代。天草・島原の乱で討死。)



肥後細川藩侍帳

三宅平太郎 (南東50-1) 出雲 弥平太・秀満(明智左馬之助・光昌) 明智光秀女婿 藤
兵衛・重則(重利 初・与平次) (富岡城代三宅藤兵衛書状写) 1、藤右衛門・重元 人
持衆并組外衆 千五百石 (真源院様御代御侍名附) 千五百石 (真源院様御代御侍免撫 ...

三宅新十郎

1、新兵衛(二男) 御使番衆 七百石 (真源院様御代御侍名附) 
                七百石 (真源院様御代御侍免撫帳)
                有吉頼母允組 御番頭 七百石 (寛文四年六月・御侍帳)
                  **  ~ 寛文三年(病死)番頭
              細川光尚公御書出(正保二年)七百石
                  細川綱利公御書出(寛文元年)七百石
    2、新兵衛       延宝元年十二月~延宝六年九月 中小姓頭
                 延宝六年九月~天和弐年(病死)番頭
    3、九郎兵衛(養子 三宅加右衛門子)  
               人持衆并組外衆・金左衛門組 七百石 (御侍帳・元禄五年比カ)・・平八郎
              細川宣記公御書出(正徳六年)七百石
    4、権兵衛・重房(初・平八郎)
                 正徳元年 ~ 享保元年 中小姓
                 享保元年 ~ 享保九年 留守居番頭
                 享保九年 ~ 享保十四年 番頭
              細川宗孝公御書出(享保十九年)七百石
    5、八郎右衛門(養子 実・白木氏 初・丹弥 新兵衛)
             (1)七百石 御弓廿張頭御中小姓御留守居御番頭 屋敷・山崎
             (2)御町奉行 七百石外百石
                 享保十八年~元文二年 熊本町奉行、寺社奉行兼
              細川重賢公御書出(寛延元年)七百石
    6、平八郎(九郎兵衛)  御物奉行 七百石 宝暦六子八月十一日当役
              知行引渡差紙(寛延二年)七百石
                  知行引渡差紙(貞享三年)七百石
    7、栄喜(養子 伊兵衛)   七百石
              知行引渡差紙(明和六年)七百石
              細川治年公御書出(天明六年)七百石
                  細川斎茲公御書出(天明八年)七百石
    8、八郎右衛門    御物頭列・大頭組 七百石
              細川斎樹公御書出(文化九年)七百石
    9、新兵衛    七百石
              知行引渡差紙(文政五年)七百石
    10、九郎兵衛  須佐美権之允組・御留守居御番方 七百石
              知行引渡差紙(天保九年)七百石
              細川慶順公御書出(万延二年)七百石
    11、新太郎(新兵衛・新十郎) 七百石


■ 三宅勝之進
     左馬之介光昌
     藤兵衛重利
    1、庄之介
    2、善左衛門
    3、勝之進   三百石七勺五才  御小姓役


■ 三宅平次郎
     出雲守
     左馬之介光昌
     藤兵衛重則
    1、藤右衛門重元
    2、伊兵衛   御弓廿張頭・金左衛門組 三百石 (御侍帳・元禄五年比カ)
    3、平二郎   三百石 御番方九番 屋敷・京町


○ 三宅(八木)勘三郎  
          (1)供之者・御扈従与也 百六拾二石壱斗壱升弐合三勺四才 (於豊前小倉御侍帳)
          (2)御小姓組衆 百六拾二石壱斗余 (肥後御入国宿割帳)
○ 三宅亀之助(吉左衛門嫡子・午ニ三ツ)  十二番津田治左衛門組 十二人扶持 (御侍帳・元禄五年比カ)


■ 三宅作太郎    御船頭 (南東58-21 船)
    1、清兵衛  拾石二人扶持
    2、五郎兵衛
    3、新助
    4、兵左衛門
    5、兵左衛門
    6、伴助(兵左衛門・夘左衛門)
    7、伊吉(伊三太・伴助)
    8、夘左衛門(五郎左衛門)
    9、作太郎

三宅藤兵衛重利)は寺沢堅高の家臣となり、天草富岡城代であったときに、天草の乱の際
に天草四郎率いる一揆軍に殺されました。
南光坊天海の息子、三宅藤兵衛重利
明智秀満の子三宅重利の嫡子重元の子孫。光尚に召され1500石。
三宅藤右衛門重元
明智左馬助秀満の子で島原乱で討死にした寺沢志摩守家老三宅藤兵衛重利の子。
 自らも千石備頭、乱に当っては天草富岡城に籠城。寛永十九年長岡休無(忠隆)の勧めにより弟新兵衛重長、同右京と共に熊本入り、光尚公召し出し百人扶持。正保二年千五百石。上着座次席定席 の家格にて代々重職を務め明治にいたる。


三淵家・・・細川藤孝の実弟長岡好重の嫡子三淵重政の子孫。忠興に召され3200石。老中。

「遠山の金さん」は明智光秀の同族? ◆遠山左衛門尉景元
寛政5年(1793)~安政2年(1855)
通称金四郎。時代劇で有名な遠山の金さんが江戸北町奉行に任命されたのは天保11年(1840)3月2日。
遠山家は源頼朝の家臣・加藤次景廉が美濃国恵那郡遠山荘の地を与えられ、その長男の景朝が遠山荘にちなんで遠山氏を称して岩村城を築いて祖となり、その子らが三家に分かれ、その内の明智遠山氏が金さんに繋がる。

・岩村遠山氏(本家)
・苗木遠山氏(分家)
・明智遠山氏(分家)―直景(北条早雲に従って退去。以後相模遠山氏)―景行(明智家から光安が入って遺領引継?)―景重(江戸遠山氏)―景好―景晋―景元(金さん)

南光坊天海(実は明智光秀?秀満?)
秀満は、 秀満は、恵那郡の明知城主遠山景行(明智光安のこと)の長男として生まれ、最初
は遠山景玄を称しています。


幕末期に活躍した坂本龍馬の生家に伝わる伝承によると、坂本家は明智氏の親類である長宗我部氏を頼って落ち延びた明智秀満の子の末裔とされており、「坂本」は坂本城があった近江坂本に由来するという。
晴豊が秀満の妻に引き合わせた継子の一人が太郎五郎、もう一人が細川家に預けられた三宅藤兵衛重利。

富岡城代三宅重利は明智光秀の娘婿秀満南光坊天海(実は明智光秀?秀満?)の子供

三河広瀬城主三宅高貞
父は第12代明智城主(現在の恵那市明智町)遠山景行、母は三河広瀬城主三宅高貞の娘。
東広瀬城 豊田市東広瀬町 伝承では興国5年(1344)児島高徳が築城したといわれる。
三宅 高貞 みやけたかさだ. 三河・広瀬城主、三宅右衛門尉高貞、松平清康に居城を攻められ討たれた。
三河国広瀬城主佐久間全孝が遣わした岩松弥八に暗殺されたともいわれ、あるいは、病没 竹千代は、八歳(六歳四ヶ月)家康
西加茂郡広瀬城主佐久間全孝の謀略により岡崎城で家臣岩松八弥に 刺される。
岩松は加茂郡広瀬城主佐久間九郎左衛門に命ぜられてのもだとも言う
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%C5%B7%B3%A4/detail.html?

三河 広瀬城主佐久間九郎左衛門

1533年佐久間全孝が入る。1549年全孝は
岡崎に刺客岩松八弥(片目の八弥)を送り込み、松平宗家8代広忠は殺害される。1554年佐久間九郎左衛門重行(全孝)の子長七郎居城の時、御船、東広瀬城主三宅右衛門太夫貞保高貞、光貞らに攻められ、三宅帯刀が入る。1558年高貞は織田方に寝返り、松平元康に攻められ、1561年の再戦で大敗した。
岩松は加茂郡広瀬城主佐久間九郎左衛門に命ぜられてのもだとも言う(岡崎古記)。
天文十八年(1549)三河・松平広忠、佐久間九郎左衛門に謀殺された

1558年高貞は織田方に寝返り、松平元康に攻められ、1561年の再戦で大敗した。1560年「桶狭間の戦い」の際、佐久間信直は
信長方の善照寺砦を死守し、戦功を挙げている。1576年頃、佐久間信盛も居城したが、その後、信直、甥の正勝は織田信雄に属し、1584年「小牧、長久手の戦い」で蟹江城を護り、軍功を挙げた。
佐久間信直兄広瀬城主佐久間九郎左衛門(全孝)二男佐久間信晴始め左衛門尉盛光ー佐久間右衛門尉信盛

広瀬城主佐久間九郎左衛門(全孝)ー二男佐久間信晴始め左衛門尉盛光ー佐久間右衛門尉信盛ー

高徳ー高光ー正綱ー正光ー弥平次ー朝次ー信晴始め左衛門尉盛光ー佐久間信盛ー信栄と続く児島宮。

明智左馬助秀満は備前三宅氏、児島高徳の血統という名門の出。
旧姓 三宅。光春、弥平次。
光秀の二女(伊丹城主荒木村重の嫡男村安に嫁いだが、村重が信長にそむいたため離別され秀満に再嫁した)
この為佐久間信栄は子息秋月長興に命じ荒木村重女二人を信栄の世話で家臣田代に嫁がせたとある。荒木又兵衛姉二人が嫁いだ。


紫野大徳寺高東院の高徳廟は、細川三淵家家の佐久間信栄の死により殉死した一族の墓が同所高徳廟に、埋葬されている。
後に細川忠興も隣に、石碑が立てられたのは、姻戚からの、ことであろう。



c0095642_1449548.jpg




[PR]
by kouhoka | 2008-01-23 14:12
<< 広瀬城 西広瀬城 三河 児島高... 日光東照宮の建築造形方創設者は誰か? >>