甘粛省から甑が出土夜須との関連が裏づけ

古代シルクロードの重要な一部となり、社会と経済が栄えた。

甘粛省は黄河上流域に位置し、古来よりシルクロードに通じる交通の要衝である。
4000年前の大型史前集落遺跡を発見 甘粛省河西回廊に4千年前、高度な農業文明が存在が確認できた。
陶窯9基と精美な陶器、物を焼いたり、あぶったりする「焼コウ(火+考)坑」430カ所余りを発見
その焼成法は硬質土器に酷似したもの。
この土地は古来、ここは長安から西域へ入るための黄河の渡河点、つまりシルクロードの宿駅として栄えてきました。

甘粛省でこのほど、約2800年前
の甑が見つかった



c0095642_13242730.jpg



c0095642_13252423.jpg

セットで見つかり筑前夜須との関連が、尚且つ鮮明に浮き上がってきた。


夜須での甑は北部九州でも先駆けて西新遺蹟でも出土していて、稲作が中国からもたらさせられた事も証明された。
筑前夜須の甑を見てみようこれは文化財で最近撮影したものである。


c0095642_13371596.jpg




c0095642_13375674.jpg



米などを蒸すために使用された土器。底に穴が開いており、そこから蒸気を取り込み、蒸し器のように使ったと考えられる。
上帝様は、宇宙の主宰者、三界大権の主宰者です。
‘上帝’という言葉は東西文化の神観、世界観、宇宙論の特徴を分け隔てる
帝とは、上帝様の帝、天帝の帝を示します。“天帝が辰方、即ち東方の地に降誕なさる”、という意味です。秋の開闢を強調なさいます
ここでの秋の開闢とは稲の収獲のことです。
次に出てくるのが、火と水のものがたり、夜須では炭焼き長者伝説で、あまり、地元では馴染んでいないが、時期が古代であるゆえ、文化財は知らないようである。
この伝説は、力の事ゆえ、目で確かめられないが、いろんなものに変化している。
稲作では蒸して食べるまでの経過を表わし、ているのが、各地に伝わる長者伝説である。
今は、天と地と人が、開闢する時稲の収獲のことです。
[PR]
by kouhoka | 2006-11-04 13:53 | ヒルハタ遺跡
<< 古代米赤米の開始と弥生 耶麻台の鉄が鋳造されていた >>