博多の松囃子が朝倉夜須村に残る 祭りのはじまりに習う伝承もある

博多松囃子 に よく似ています
やすらい を 「夜須礼」と書くそうです
『夜須に礼をつくす』という意味なのでしょうか
http://hisamitsu.exblog.jp/25115105/

明治以前においては 博多の松囃子が
朝倉夜須村に残る 宮家に参詣していたとする 伝承もあるのです
( 文献として 残っているかどうか 調査中 )
明治以前においては 博多の松囃子が、、、

朝倉夜須村に残る 宮家とは、天皇家の事で、その証拠が、京都の柴野大徳寺今宮神社隣りの、高東院(近代改名、高桐院)に、南北朝時代の、児島高徳末裔が眠る、意味という、高い東ので、太陽(天皇)で、高東院と、徳川家光の寛永系譜帳の佐久間氏系譜に載せているのが、高桐院ではなく、高東院とされています。
この佐久間不干斎の子孫某、甚九郎正成、と孫九郎と寛永系譜帳に、載せています。

高東院とは天皇宮家であり大徳寺の塔頭高東院(中心)と、昔は、そうなっていたそうです。


児島宮歴史研究室 はい、昭和の始め、福岡県朝倉郡夜須村篠隈の、天孫降臨地、に、博多どんたく隊、おなご衆が、隊の出発点になって、いました。
しゃもじを、踊りながら、鳴らして、いたのを、めずらしいので、その訳は、今まで、判りませんでしたが、ようやく、京都今宮神社のやすらいと、隣りの柴野大徳寺、高東院(近代改名、高桐院)が何故存在、していたのか、その謎が、京都の北に 《今宮神社》ページの説明で、一致したのが、福岡県朝倉郡夜須村(筑前町)篠隈の天孫降臨地、と相対していたので、古代の歴史が、関連している事が、これで判りました。

夏礼=夜須礼
夏礼とは
「礼」とは何

中国では古来から(音楽は夏王朝時代)

夏礼を継承して設礼を作った。

孔子はこう答えられました、
「絵を描くとき最後に胡粉(こふん)で仕上げをする様なものだ。」
「礼とは人間の仕上げの様なものですか?」と問うと、孔子は、
「これは私でも気づかなかった。これからはお前と詩経について語り合う事が出来そうだ。」
と答えられました。
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs/420

夏礼??夏王朝的大法-中国古代法制 - 古?文翻?
夏の儀式は、内容と形の両方から、神を中心にしています。 神の夏の奴隷君主は非常に畏敬の念であり、しばしば大事な儀式を開催し、それが国家であろうと個人的な生活であろうと、ウィザードによって神に「相談する」必要がある。 すべてが天国の名のとおりです。 王位は「運命」として知られる日までに与えられ、「議論する日」と呼ばれる軍事征服は、「日の罰則」として知られる犯罪を処罰する。 夏は典型的な神権法時代です。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=http://yw.eywedu.com/wenhua/HTML/4702.html&prev=search


「やす」は 「夜須」が語源だとの事

大切な、やすらい、資料を、ありがとうございました。
これで福岡県も、古代の歴史が、よみがえる、でしょう。
不明の邪馬台国がようやく、日の出となったようです。

[PR]
by kouhoka | 2017-09-07 14:35
<< どんたく隊が「しゃもじ」で踊る由来 考えも無しに、、お盆を過ごして... >>