東寺長者道乗大僧正の妻は、上沢女とあり、姓に、よる、ところから、地名を、割り出す事で、埼玉の上沢中条と解る

東寺長者道乗大僧正の室が、児島宮歴研会から、ネットに向けて、明らかになりました。
後鳥羽上皇の子、頼任親王、が児島に、流された後
在地の、児島林、で、児島盛宗の女婿に、佐々木盛綱が、児島
と名乗り、息の加地信実が、担当していた。
加地信実の妻は、北条時政の女で、その女と、頼任親王が、結ばれ、生まれた子が、東寺長者道乗大僧正です。

東寺長者道乗大僧正は幼少の時、姻戚の二条良実の、子として、名があります。
東寺長者道乗大僧正の妻は、上沢女とあり、かばねに、よる、ところから、地名を、割り出す事で、埼玉の上沢の、北条時政に関係する氏は、その前に埼玉には武蔵七党の名が見える。
武蔵の国上沢中条氏は、北条時政の小野系、に列している、中条は、
『吾妻鏡』文治5年6月6日条によれば、田方郡内には南条・北条・上条・中条と呼ばれる地域が並んでいたという。

上沢の地は、鬼怒川のすぐ北に位置し、両側を山に囲まれた地域である。 しかし、上沢(うわさわ)地区は時代によって呼び名が異なる。
後鳥羽天皇─頼仁親王─道乗室上沢氏(中条家長、の女)の娘上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥 この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生んだ。
常光は白根氏より女を娶り中条新五有家と同新六家資の二人の子が居り、有家の子に中条 藤次(出羽守)家長がいる。また、横山党説によれば成田成任の次子成尋の子に出羽守 家長が居たという。

後鳥羽天皇─頼仁親王─道乗室上沢氏(中条家長、の女)の娘上沢姓は、現・塩谷町上沢発祥 この道乗が上沢氏の娘を娶って六子を生んだ。東寺長者道乗妻は上沢、中条家長である。ところで東寺長者道乗は、藤原関白良実の子となっている。

中条 家長(ちゅうじょう いえなが、長寛3年(1165年) - 嘉禎2年8月25日(1236年9月26日))は、鎌倉時代の武将。義勝法橋盛尋(中条兼綱)の子。横山党小野氏の出身。従五位下、出羽守。 八田知家の養子となり、道兼流藤原氏を名乗って苗字を中条と改名した。治承・寿永の乱では源範頼の配下に藤次家長の名前が記録されており、おそらく中条家長であると推測されている。

平安時代末期、藤原常光は中条に館を構えて中条氏を名乗った。
建久3年(1192)中条家長が祖先の菩提を弔うため、館のを寺としたもので、現在も土塁・堀の一部が残っている。藤原常光の孫:
中条家長は鎌倉幕府の評定衆となり貞永式目の制定に加わった。
頼朝の死後政権を掌握した北条氏との関係は円満であったようで、評定衆が設置されるとその構成員に抜擢され、幕政の中枢に参画、御成敗式目の策定などに寄与した。
成尋の長男中条藤次家長は寿永3年(1184)の一ノ谷の合戦ではまだ20歳だった。
熊谷市上中条にある天台宗寺院の龍池山常光院の縁起と所蔵の文化財等を、新編武蔵風土記稿等からの引用を交えて案内。中條出羽守藤次家長が開基となり、祖父常光の菩提を弔うため、比叡山金海法印を迎えて、本人の館を寺として建久3年

中條藤右衛門尉家長が塩谷町上沢に、住んで上沢と名乗る。
本姓藤原氏を称して中条藤次家長










[PR]
by kouhoka | 2017-06-08 10:33
<< 天地がひっくりかえる、人間が犯... 「東_」に関連 治天の君である... >>