天皇とは、を知らない現代人がほとんど、民がきめるとは 

日本で雲巻き模様平山天皇が三か所揃った  2016/7/17




日本で雲巻き模様平山天皇が三か所揃った、同時に岡山の吉備津宮が、平山天皇により創建されていた事が判った


日本で雲巻き模様平山天皇が揃った、同時に岡山の吉備津宮が、平山天皇により創建されていた事が判った。
桃太郎神話はやはり、菜根探(さいこんたん)から作られていた。

又、重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。


これで雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
ウガヤに始まる、日本の神と天皇、神武の出生地の不明だった、起こりに衝撃が走った。
北部九州は、日本の起こりになっていた事は、日本の歴史に、大きな発見となった。


日本の神と天皇と神社は平山てんのお、の、標識であった事が、判明した。
次々に発見を続ける児島宮歴研会は、日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
日本とは、が、始めから、やり直しが、求められよう、証拠も無かった、まちがっていた?日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。

今回は、岡山の吉備宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿のと一致、雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった、ここに、岡山の吉備宮は「平山てんのお」によって、吉備宮は、始まっていた事は確実となった。



桃太郎神話や日本の神話にも、「平山てんのお」によって、始まっていた、事が相似していた。
日本の神々は、この、「平山てんのお」以外には、なかったであう。

さて、この雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識とあるのは、
貝原益軒の書軸を知らなければ、解く事はできません。貝原益軒の書軸の内容が、日本人にとっては、日本らしさに、なっているからです。
http://www2.ezbbs.net/22/kojima/
この句は、菜根譚(天地有万古)である。

天地有万古、此身不再得。
人生只百年、此日最易過。
幸生其間者、不可不知有生之楽、
亦不可不懐虚生之憂。

天地は永遠のものであるが、この身を再び得ることはない。
人生はせいぜい百年で、月日はどんどん過ぎてゆく。
幸いに、この世に生まれた者は、生きている楽しみを知り、
無駄に過ごすことの無いように心得ていなければならない。

菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。

大きな手掛かりになった時。
2012年11月8-11日に工事が開始中国福建省屏山平山のビン越の治城が、発見され、そのビン越の治城の軒丸瓦当て、が最古とされていて、日本に伝達された経過が解明に至った、のは児島宮おいて外には出来なかったのは言うまでもない。
菜根譚の作者であるが、日本では、ありません、それは箱書きの標示雲巻き模様に、あるように、この標示雲巻き模様は、 に行き着きます。

ここに、岡山の国生みは、朝鮮半島には、関係していなかった事は確実となった。

三十年程前に、日本の天皇について、ウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇は、「かばね」が平山姓と、していたのが、中国福建省屏山の地鉄工事の時、平山駅から、ビン越王の治城が、発見されてから、いち早く、児島宮歴研会によって、解明された。
それは、児島宮の先祖は、華夏の越王の後裔のウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇や後鳥羽上皇の直系により、河姆渡遺跡の発見、に、つながって、いるのは、此れ無くしては、今解明は不可能となって、いたであろう。

天皇とは、を知らない現代人がほとんど、神社とは現代人は、考え違いがはなはだしい。
本当の天皇は創生者でもある、天皇はすべてをつかさどっている、
だから天皇という。
だから、ほんとうの天皇は、日本の、創生者でもある。
知っているから出来る、知らないと、創生は出来ない。
今の神社は何も創生とは、関係が見えません?無論出来ないのです?何創生していないで、神社を無断に建てていますね。
神社はてんのうにむ
よって創生、されたものであった。
神社には、なにがしかの、創生が秘められている。
それは、てんのうしか、創生は出来ないのです。
神社を無断に建てていますね、てんのうでもないのに?
太平記の作者は、児島高徳といい、天皇の末裔だから、中国の、越王勾践の事を、自分と、照らし合わせて、いたのです。
ここに上げたように、太平記の作者は創生主でもあるのです。
日本の古代天皇は創生主だからこそ、創生していたと言えましょう。
戦国時代が終わり、相撲、歌舞伎、甚句、和歌、昔々物語、茶、を創生したという、佐久間信盛も天皇又は創生主でもあったのです。それは、てんのうを、知っていたからこそ、創生出来たのです。

日本の農業は、てんのう、に、よって、創生されていたのです。
出土品が、天皇に無関係とは、言えないのです。

今の天皇は、創生してはいないでしょう、皇居とて、瓦が使われているので、天皇の創生に、携わって、いた人者だからこそ、教わって、建てられたのです。それは丸軒瓦あて、は、てんのう、と言われています。

織田信長も秀吉も、関白に、のぼり上がりましたけど、関白にあたい、できなかったのです。
名前ばかりの天皇は、てんのうとは、言えないのです。
信長を、させたのは、創生主が、傍に、いたから、そのように見えただけなのです。
[PR]
by kouhoka | 2016-07-17 07:23
<< 日本は神の国と言われたが、一致... 貝原益軒出身の備中国吉備津宮を... >>