愛知郡の豪族<御器所荘に佐久間氏

愛知郡の豪族とし、一柳荘荒子村に前田蔵人・菅原利昌(前田利家の父)、岩塚村に福富平左衛門、中村に中村弥右衛門元親、名古屋荘広井村に中村対馬守元勝、御器所荘に佐久間氏、鳴海荘折戸村に丹羽氏、岩崎村に川尻氏、山田荘上社村に柴田氏などが割拠し、守護代織田氏を盟主と仰いでいた。
吉乃は名を授けた。
「藤吉郎、これからは・・中村藤吉郎秀吉・・と名乗りなさい。中村はあなたの在所、秀は信長様の父上様の諱、吉はそなたの家に代々伝わる名でもあり、私の名でもあります。
信長様には私から御届けしておきます」藤吉郎は、吉乃の縁で信長に仕えるようになった。「寧子の嫁ぎ先は決まっているのでしょうか」
「寧子の母は杉原家利の娘、父木下定利は筋目正しき者でございます。浅野又右衛門夫婦には子がなく、妻七曲の妹朝日の長女寧子と次女ややを養女としていた。おね事

武功夜話には『木下藤吉郎様の妻女は、尾州丹羽郡浅野郷・浅野又右衛門の娘である。が、その実は同村の住人・林孫兵衛(木下家定)の妹なのだ。親の林弥七は、先年、上総介様の岩倉退治のとき、武運つたなくして討死したが、岩倉家でも豪勇比類なき武者であった』
木下定利は織田信賢に仕えていたが、信長勢との戦いで先年に戦死していたので、子供のいない浅野又右衛門夫婦が、二人の姉妹を引き取っていた。


盟主とは、
同盟の中で中心となる人や国。 盟主とは? 同盟の中で中心となる人や国。 「盟主」に似た言葉» 類語の一覧を見る主任 リーダ 首脳 リーダー
仲間のうちで中心となる人物や国。「―と仰ぐ」

アインシュタインの予言(アインシュタインのよげん)とは、アルベルト・アインシュタインの発言として流布されている約300文字程度の言葉である。「近代日本の驚くべき発展」を賞賛し、「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」と予言している。

古代丶諸侯たちが集まって何か約束するときには、そのうちの誰かが、生贄となる牛の耳を撫んでそれを切り、まずその人が血を綴り、諸侯たちに回して皆もこれを綴り丶国家間で侵略を行わないなどの約束を確認したのです。


命令を聞くことでその規模にあった働きを提供し、
とりあえず滅ぼされることは回避できる。
境界近くでは外部勢力が侵攻する。
在地衆の単独抵抗には限界があり、盟主は勢力範囲の中小領主を動員し、後詰をして外敵を駆逐してもらえる。盟主が他に侵攻し領域拡大に成功した場合、その働きによって恩賞がもらえる。
古くから各地に勢力を根付かせていた中小領主にとって、戦国大名の配下に付くのは、
以上の4つのメリットがあるためである。
特に第一と第二のメリットがなくなると参加意味はなくなる。

「日本の目的」を分析する文章を公開した。

そのモデルとなるのが、自然界の森の姿なのである。繰り返しになるが、高い木もあれば低い木もある。いろいろな種類の動植物が、その中で自立しつつ共存する。しかも、全体がみごとに調和する社会そういうものが経済の場面でも生まれ得るのではないだろうか。自然界の動植物は、決して誰かにコントロールされているわけではない。それぞれが、それぞれに、自分の持っている遺伝子に基づいて、さらにそこに自分の意思というものを(植物はどのくらい意思と呼べるものがあるのかわからないが)加味していきながら、その環境の中でよりよく生きようとお互いが頑張っているうちに、全体が高いパフォーマンスを実現する。

日本には八百万(やおよろず)の神という発想がある。それぞれがそれぞれに貴いものを持ちながら、みんなで一緒に調和しつつ、しかもその全体が最適になる社会をつくるのだという発想が、日本人の原点にある考え方のようだ。これは、日本の伝統文化の中から育まれてきた考え方である
[PR]
by kouhoka | 2014-10-29 09:34
<< 日本の前は何と呼んでいたのか?... 元始天尊に伺う >>