灰黒色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮

灰黒色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮
の百越民が、倭国へ、来たのが始まりである。

鉄の量が多い場合、台の色は比較的に暗い色合い、灰色や浅い灰色或いは濃い灰色を呈する。
鉄の量が少ない場合、その台の色は白色を呈し、鉄の量が多い場合、台の
色は比 較的に暗い色合い、灰色や浅い灰色或いは濃い灰色を呈する。

中国では、胎土のガラス化の程度にかかわらず、高火度焼成された施釉のやきものを一般に「瓷器」と称している。


c0095642_2038961.jpg



c0095642_20384929.jpg


これが、筮(めとぎ)土器


c0095642_20394977.jpg




c0095642_20402865.jpg





c0095642_20473740.jpg







卜辞が占卜という儀式の時に発せられた言葉を記録したものである> いくら、須恵器の象形文字が、小隈窯の土器に刻印してある。
朴筮でいう「空亡」

「空亡」とは
組み合わせて行くと十干は2つ足りず、その足りない部分を四柱推命では「空亡」と呼び
、算命学では「天冲殺」、0学では「0地帯」、六星占術では「大殺界」と呼んでいます。

「空亡」とはいったい何なのでしょう?字を見ますと、「空しく亡ぶ」とあります。……その名のとおり、ある象意の働きを空しくします。これは良いことに関しても、悪いことに関してもそうです。


須恵器の象形文字が、何を表しているのか、朝鮮半島説には、解説がないのに、土師氏とは結びつかない。

反閇
道教の歩行呪術に端を発しています。「禹歩(うほ)」が有名でこれによって道中の安全や悪鬼・猛獣などを避けることができるとされています。

こういったものを日本では反閇(へんばい)と呼びます。ただし、歩行法は若干異なります。先に出た足にあとの足を引き寄せて左右に歩みを運びます。非常に単純ではありますが、これによって悪星を踏み破って吉意を呼び込もうとします。陰陽道独自の星辰信仰の上に立脚した呪法と言えます。
洛書とは夏(か)の国の禹王(うおう)が黄河を治めて人民の窮状を救った時に洛水という黄河支流から現れた「神亀」の甲羅の模様(図)を見て図にしたものと言われています。


洛書
1・9は水・火にして北・南に位置し、3・7は木・金にして東・西に位置し、2・4・6・8は土・木・金・土にして西南・東南・西北・東北の四隅に位置していますが四方の陽数は四隅の陰数を統することを意味する図です。

この洛書をわかりやすいように数字に置き換えてそのまま並べてみますと下記のようになります。


4 9 2
3 5 7
8 1 6

よく見ると縦・横・斜めのマスの和が15になる魔法陣になっていることがわかります。古代中国の王はきっと不思議に思ったことでしょう。



易の起源
易の起源については諸説がありますが、「伏犠が卦(か)を画し、文王が彖(たん)を作り、周公が爻(こう)を著した」というのが通説になっています。
伏犠は約6千年前の帝王、文王は殷~紂代の諸侯であり周王の父にあたります。
この伏犠と文王親子によって作成された六十四卦に彖辞(たんじ)、爻辞(こうじ)という辞(ことば)がかけられて易経の本文となっていますが、この本文だけではあまりに文章が短く、また象徴的な表現で極めて難解となっています。これに孔子が著したとされる十冊の書物(十翼伝)が加わることで解釈が容易になり、これをもって現在の易が完成しました。
今の易を「周易」と呼びますが、これは先に述べたように周の時代に完成された易ということによります。
易経の構成をまとめると下記のようになっています。
易経本文
彖辞 六十四卦の各卦にかけられていることば。
爻辞 三百八十四爻の各爻にかけられていることば。
十翼伝
彖伝上下(二篇) 彖辞の意味を詳しく説き伝えている書。
象伝上下(二篇) 六十四卦の各卦と三百八十四爻の象(かたち)にならって人の取るべき道を説き伝えている書。
繋辞伝上下(二篇) 易の本来、真義を詳しく説き明かしている書。
説卦伝 易の卦の意味、主として八卦の意義を説き伝えている書。
文言伝 六十四卦の基本である乾卦・坤卦の二卦について詳しく説き伝えている書。
序卦伝 六十四卦の配列の順序の意味について説き伝えている書。
雑卦伝 六十四卦の各卦の意味を短い辞で説き伝えている書。



易の構成
易では天・地・人、森羅万象の変化を六十四卦、三百八十四爻に分けて観ます。この変化の基本は陰陽であり、これは太極から成り立っています。そしてこれこそが易の本体ということができます。
「繋辞上伝」によると
易に太極あり、これ両儀を生ず。両儀四象を生じ、四象八卦を生ず。
とあります。「太極」とは天地、陰陽が未だ分かれず混沌と躍動していた「大元気」を、「両儀」とは陰陽を意味します。
「これ両儀を生ず」とありますがもとより二つに分かれて存在するものではありません。したがって陰の中にも陽が、陽の中にも陰が含まれることはいうまでもありません。
陰陽を二つ重ねることで老陽、老陰、小陽、小陰の四象を、また三つ重ねることで乾(けん)、兌(だ)、離(り)、震(しん)、巽(そん)、坎(かん)、艮(ごん)、坤(こん)の八卦を成します。これらの関係を図示すると下記のようになります。
図から陰陽は太極の二つの面だと言うことができます。
老陽は陽中の陽、少陰は陽中の陰、少陽は陰中の陽、老陰は陰中の陰を意味します。
八卦(小成卦)は上から順に「天・人・地」を割り当てます。これを「三才」といいます。「才」というのは「働き」という意味で、自然界はこれらの働きによって成っているという一つの見方を意味します。

八卦が三爻からなるのは三才思想によりますがわずか八卦で森羅万象の広汎複雑をより精密に表現するには無理があります。そこで八卦を組み合わせて乾為天から坤為地まで六十四個の卦を作ります。これを大成の卦と言い、これに対して八卦を小成の卦とも言います。
大成の卦は六爻からなり、各々の卦と爻にはそれぞれの象を理解して吉凶を占うための卦辞(彖辞)と爻辞(象辞)がかけられています。
大成の卦もまた三才思想にしたがっています。すなわち二爻ずつ区切り上から順に天・人・地を意味しています。
大成の卦も小成の卦も共に三才を表しその基本は陰陽であるので二の六乗=六十四卦が易の全数となります。したがって森羅万象すべてのものはこの陰陽二爻より構成された六十四卦三百八十四爻の中に表現されることになり、卦爻の辞を理解することで上は天地の理から下は処世に至るまで観ることができると考えます。

八卦
八卦の表す意味の概要について表にまとめてみました。現状では単純に内容を列挙しているだけですが、おいおい考え方を追加していく予定です。
【正象】 天
【卦徳】 剛健
【卦意】 円満、健全、広大
【人象】 聖人、君主、支配者、祖父、父、夫、武人
【動物】 竜、馬、虎
【物象】 大河、大川、大海、大平原、首都、神宮。金、宝玉、鏡、米、豆
【物価】 上昇、陰に転じて下降するとも観る時もあり
【病象】 急性疾患、高熱、のぼせ、めまい、頭部疾患
【病症】 上昇、充実、急病、陰に転じて悪化と観る時もあり
【五行】 金
【天候】 快晴、陰に変じて崩れやすいと観る時もあり
【季節】 晩秋から初冬
【方位】 西北(戌亥の方角)
【 数】 易数:一/五行数:四、九
【時間】 午後七時~十一時(戌亥の刻)
【 色】 白、金色
【 味】 辛味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 地
【卦徳】 柔順
【卦意】 静、厚、堅実、育成、虚、卑
【人象】 皇后、母、妻、老婦、凡人、罪人、農夫、陰謀家
【動物】 牛、牝馬、虎、猫族
【物象】 布、袋、蔵、村、文、書
【物価】 下落、底値、低迷
【病象】 消化器系の病気、下痢、下血、慢性胃腸病、赤痢
【病症】 即治困難で慢性化しやすい
【五行】 土
【天候】 曇り、微雨
【季節】 晩秋から初秋
【方位】 南西(未申の方角)
【 数】 易数:八/五行数:五、十
【時間】 午後一時~五時(未申の刻)
【 色】 黒、黄
【 味】 甘味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 雷
【卦徳】 奮動
【卦意】 発奮、奮起、音響、飛、移動、決断、驚、雷光、志、成功、道
【人象】 長男、壮者、行人、勇者、青年、激情家
【動物】 竜、馬
【物象】 樹木、若竹、車、飛行機、枡、芦、楽器、花火、履き物、大道
【物価】 高騰と観ます
【病象】 捻挫、アキレス腱、関節の病、骨折、突発事故、脳出血
【病症】 突発的症状、意外に軽いと観ることもあり
【五行】 木
【天候】 快晴、雷鳴が多い、台風や地震
【季節】 春
【方位】 東(卯の方角)
【 数】 易数:四/五行数:三、八
【時間】 午前五時~七時(卯の刻)
【 色】 青、若草色
【 味】 酸味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 風
【卦徳】 伏入
【卦意】 進退、出入、柔軟、臭、不決断、疑い、流動、呼吸、商い、利益
【人象】 長女、巫女、僧、尼僧
【動物】 鶏、蛇、魚、豚
【物象】 樹木、木材、紐、縄、机
【物価】 変動多く多少下がり気味
【病象】 性病、痔疾、風邪、潜熱性疾患、神経症
【病症】 一進一退を繰り返し長引く
【五行】 木
【天候】 風があり晴れたり曇ったり
【季節】 晩春から初夏
【方位】 東南(辰巳の方角)
【 数】 易数:五/五行数:三、八
【時間】 午前七時~十一時(辰巳の刻)
【 色】 青、緑
【 味】 酸味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 水
【卦徳】 陥険
【卦意】 伏蔵、変化、溺惑、志、思想、矯正、月徳
【人象】 中年、盗賊、法律家、哲学者、科学者
【動物】 狐、馬
【物象】 河川、溝、湖、沼、海、血、酒、弓、輪、水晶
【物価】 底値、底をついてまもなく上昇とも観る
【病象】 耳の疾病、泌尿器、性病、下痢、下血、痔疾、食中毒
【病症】 潜伏症で長引く
【五行】 水
【天候】 雨、雪、今にも降り出しそうな雲行き
【季節】 冬
【方位】 北(子の方角)
【 数】 易数:六/五行数:一、六
【時間】 午後十一時~午前一時(子の刻)
【 色】 黒、赤
【 味】 鹹味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 火
【卦徳】 明智
【卦意】 美麗、日輪、光明、目、見、飾、争、競
【人象】 中女、美人、女優、画家、作家、学者
【動物】 鶴、雉、飛鳥、亀、蟹、貝類
【物象】 甲冑、斧、刀、矢、瓶、網、飾り物、文書
【物価】 激しい高騰、高値の場合は長続きしない
【病象】 目、心臓、心労、不眠症、火傷
【病症】 急性で激痛を伴う、高熱、急を要する、病勢が一定しない
【五行】 火
【天候】 晴れ
【季節】 夏
【方位】 南(午の方角)
【 数】 易数:三/五行数:二、七
【時間】 午前十一時~午後一時(午の刻)
【 色】 赤、紫
【 味】 苦味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 山
【卦徳】 静止
【卦意】 高尚、頑固、慎重、篤実、退、謝絶
【人象】 少男、賢人、神主、住職
【動物】 犬、竜、虎、豹
【物象】 城郭、家、門、堀、墳墓、石、丘
【物価】 高く止まって動かない、高値を極めて下落に向かう
【病象】 鼻、背中、腰、額、手足の関節、関節不全、骨折
【病症】 治り難い、頑固な長期疾患、慢性化の傾向
【五行】 土
【天候】 曇天
【季節】 晩冬から初春
【方位】 東北(丑寅の方角)
【 数】 易数:七/五行数:五、十
【時間】 午前一時~五時(丑寅の刻)
【 色】 黒、黄
【 味】 甘味


--------------------------------------------------------------------------------

【正象】 沢
【卦徳】 愉悦
【卦意】 和、誘惑、色情、愛嬌、商売、娯楽、雄弁、不信、狭量
【人象】 少女、巫女、朋友、妾
【動物】 羊
【物象】 谷、湿地、低地、池、沼、湖、星
【物価】 下がり気味、最低で止まっている
【病象】 口腔全般、呼吸器系疾患、性病
【病症】 長引く傾向、慢性化
【五行】 金
【天候】 曇天、雨
【季節】 秋
【方位】 西(酉の方角)
【 数】 易数:二/五行数:四、九
【時間】 午後五時~七時(酉の刻)
【 色】 白、金色
【 味】 辛味

古代中国の占筮
朴筮
中国・魏の国の文帝の頃、今の河南省のレツ県山の麓から不思議な霊水が湧くとの話を聞き、勅使が探索にやってきた。辺りは一面香り高い菊の花の花盛り、と、そこに一軒の庵があり、品格ある風貌の少年が独り住んでいた。聞くと「私は周の穆王(ぼく�
[PR]
by kouhoka | 2014-06-27 20:04
<< 日本人は朝鮮半島から来ていない... あきれた学者の須恵器年朝鮮半島... >>