灰色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違い

灰色磁器(須恵器)は、中国江南から、漢武帝時(紀元前百年前)、移動してきた、武夷宮の百越民が、倭国へ、来たのが始まりである。
文化庁の須恵器開始は朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違いである。
この程度では日本の歴史の真相は、虚構に過ぎない。

箕氏朝鮮の後に、
漢の武帝が、新国を、破り、三郡としたのから、高麗新羅百済が始まったのであり、朝鮮半島はこの時期存在していない。
魏から晋になり、司馬炎が王になったが、このころには、日本の卑弥呼が使いを、晋に使いを出している。
さらに、五世紀後半というのは、魏も漢も滅んで、
日本と朝鮮の間は、途絶えていたのである。
このようでは、朝鮮半島は安定していず、無理がある。

武帝は朝鮮を帰服させようとし、紀元前109年-紀元前108年、遠征を行い、衛氏朝鮮は滅ぼされた。


そうして紀元前百年前、北部九州に渡来した中国江南の武夷邑の百越民による象を作る時に、はかるもので、この時用いるのが象の布江である。

神宮皇后の朝鮮征伐、神功皇后が新羅出兵を行い、朝鮮半島の広い地域を服属下においた。
新羅が降伏した後、三韓の残り二国(百済、高句麗)も相次いで日本の支配下に入ったとされる。

三韓とは馬韓(後の百済)・弁韓(後の任那・加羅)・辰韓(後の新羅)を示し高句麗を含まない朝鮮半島南部のみの征服とも考えられる。
住吉大神の神託により、お腹に子供(のちの応神天皇)を妊娠したまま筑紫から玄界灘を渡り朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。新羅は戦わずして降服して朝貢を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという(三韓征伐)。

中古の朝鮮は新羅・高麗・百済の三國に分かれてゐたが、その昔は「馬韓・弁韓・辰韓」の三國に分かれてゐた。

三国以前に、また三国と並行して小国や部族国家があった。扶余、沃沮、伽耶、于山国、耽羅国などである。

仏教は528年新羅の国教となった。新羅は唐と結んで(唐・新羅の同盟)、660年に百済を668年に高句麗を滅ぼした。
ここで、須恵器こと灰色土器は、作られてはいない?
仏教には須恵器こと灰色土器は、関係が無いからである。

灰色土器は、神の神事であり、五世紀以前でも奴隷の記録は神宮皇后の記録には、無い。

 (日本が、歴史の歪曲に加担するようでは、我が日本こそ、まともな人材は育たない。

任那日本府(369年~562年)が滅んで以降のものであることがわかる。 『広開土王陵碑』

任那日本府(みまなにほんふ)とは、『日本書紀』の雄略紀や欽明紀など[1][2]に見える、古代朝鮮半島南部の伽耶の一部を含む任那にあった倭国の出先統治機関。宋書倭国伝の記述にも任那という記述が見られ、倭王済や倭王武が宋 (南朝)から任那という語を含む号を授かっている。
宋(そう、420年 - 479年)は、中国南北朝時代の南朝の王朝。周代の諸侯国の宋や趙匡胤が建てた宋などと区別するために、帝室の姓を冠し劉宋(りゅうそう)とも呼ばれる。

『広開土王碑』に倭が新羅や百済を臣民としたと記されているなど、朝鮮半島での倭の活動が記録されている。
5.宋書倭国伝のなかで451年、宋朝の文帝が倭王済(允恭天皇に比定される)に「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事」の号を授けた記述や478年、宋朝の順帝が倭王武(雄略天皇に比定される)に「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」の号を授けたと記述している。



須恵器が朝鮮半島から五世紀後半としているのは、間違い
[PR]
by kouhoka | 2014-05-17 12:01 | 日本はすべて一致
<< しきたりが日本からなくなった 須恵器の年代開始は五世紀後半で... >>