神仏の罰(目に見えない力による罰)がある

告朔(こうさく)についてである。Wikiには以下のように説明されている。
罰を与えることを制裁という
神仏の罰(目に見えない力による罰)がある。

犯した罪にたいするまぎれのない神の懲罰のしるし。
囚人たちは、頭だけをリークし、鉄の箱の内部にロックされています。 然後用一個大錘子砸下去,後果可想而知。 その後、ダウン壊し大きなハンマーを使用し、結果は想像することができます。

罪によって厳しい懲罰を受ける。

蛇(蠍)が牛の息や性器に迫り、ミトラ神が聖刀で牛を裁く図象が上段の獅子と共に必ず見られる。これは、宇宙を牡牛座(時代)から御羊座にシフトさせるミトラ神力を定義し、水瓶座と同じ不動宮に属する御牛座、獅子座、蠍座の4宮を宇宙軸とした天文術星図の見解

これによって、恐怖にもとづく懲罰方式から、秩序と時間遵守による懲罰方式への転換を認識するようになっている。
[PR]
by kouhoka | 2013-06-12 09:53 | 日本はすべて一致
<< 大徳寺が茶なのは 似たよなものとは、受け継いだか... >>