生(神)か死(仏)いずれを、選ぶとしたら?

いずれを、選ぶとしたら、いや現在、人間は後者を選んで(憲法を支持している)いるから、世の中がおかしく、なっている。
注①ここに選び方次第でどうにも、変化する、これは自由である証拠、
だが人間である為には、神のしきたり、に徹しなければ、叛くことになる。
神をうらむ、事等許されない、理由はどこにもない。
決めて、いるのは自身なのだから。

日本には各地に神のやしろ、である神社があるとしている、のか?抱いているのか知らないが、これは大間違いである。
通来、神社には、神主なる人が、おられるが、それは、次第により、変化している?
通来、神社は宮の下に於かれている。
しかし、注②神社は宮の下に於かれているはずの、神社は形代(かたしろ)でしか、ない

かたしろとは、現代ではあまり使われなく、なっているので、日本語が通じなく、なっているのだ。
日本語が出来るというのは、誤りである。
日本語というモノは、いろんなかたしろ、に変化して、出来ています?
さきほどの、神社さえも、実のところ、かたしろ、にしかすぎなかった。
現代人が考えている以上に、現代日本人は西洋の影響に、変わってしまって、いるのだ。

神社さえも、実のところ、かたしろ、にしかすぎない?
何故なのか?今の時代では、統一されていて、一つの単語の、ことしか、出てこないのだ。

注④この統一を、率先してのが、憲法である。
日本のすべてが、変わっています。
統一は現代得に、多く使われるようになりました、特にその中で憲法で改正しても、民営化しても、統一、されているのに、それは、国家の憲法で支配されてしまう、からであるが、何故か?民営化は、国家?から離れて個人の企業に、なったとしている、のは、④大嘘である。
注④これはだましの戦法というもので、大元は?憲法支配のままで、ことばだけ、が、使われているだけに、しか、すぎないのだ。

それは自由とは、注①でなければ、ならない。

現代のような憲法で統一されている以上、何も選ぶ事等、できないのだ。

これを知らなければ、ことば(日本語共有同じモノ)は、解読できない。

神は、ああしろとか、こうしろとは、言わない。
注①ここに選び方次第でどうにも、変化する、これは自由である証拠。
しかし、神は、しきたり、という、法則というものが有り、神の使者、天孫、に伝えたことば、が、次のかたしろ、に伝達、される、それが神の方式(法則としきたり)である。

注①ここに選び方次第でどうにも、変化する、これは自由である証拠

本当のところ現代は、自由ではない、それは憲法を支えているからだ。
代わりに神は放棄されている。
ここに現代が判りますね?神に従わない日本人になって、いるのだ。

ここに、日本の神社の現状が見え、現在すべてが、注②神社は宮の下に於かれているはずの、神社は形代(かたしろ)でしか、ない?のだ。
形しろとは、形見と同語で使われている。
これは神から頂いたという意味である。

それは遠い祖先が信じていた、神からの贈り物であった。
これが何か?それはしきたり、という、世界に例がない、ことば、で伝わる。
ここに、しきたりの重要性が出ていた。

通来、神社は天孫宮の下に於かれている

注③天孫宮の祭主は神の使者となられる
注⑥ここ天孫宮の祭主に、神からの、伝達が、伝えられて、これまで、知らせてきたのは、誰も知らないが、確かに、国民に伝わっています。注⑤「これがしきたりの手順である

これが現代は、明治以降になり、革命と名のり、国家氾濫が起り、西洋の加勢を得て、武器を用いたので、武士は、裏切り、天下を乗っ取り、西洋の生き方に準じて、神を棄却し、神仏こんごう(まぜあわせて統一、西洋のキリストと同じとした、から、現代の日本のすべての、④神社はかたしろ、になっていた。
ここにはしきたりの、無い、、④神社はかたしろになり、現代の神社は、神の社では無い④大嘘である。

では現在居る宮司や神官は偽物か?という事になるが?
残念ながら、現代はそういう事になっている。
国民が洗脳されているという明かしでもあるが、生死のように、どちら、を信じるかで、違いが出てくる。
通来、神社は天孫宮の下に於かれている

注③天孫宮の祭主は神の使者となられる
注⑥ここ天孫宮の祭主に、神からの、伝達が、伝えられる。

ここで神のしきたりとは?について、述べる

文明とは神のしきたりに、従うことによって人間に導かれる。児島宮著


①西欧語などの語源は、ラテン語で「都市」「国家」を意味する字義通りに都市化や都市生活のことであった。伝統的に、文明は野蛮や未開と対置されてきた。ここには、高い文化を持つ文明の光と、その光が届かない野蛮や未開の闇という世界像がある。主流を占めたのは、劣った野蛮に対する優れた文明という野蛮は未開とも呼ばれる。文明開化(ぶんめいかいか)とは、明治時代の日本に西洋の文明が入ってきて、制度や習慣が大きく変化した現象のことをさす。
文明に従順するしきたりに、従順するか、しないか、にかかわる文明人間と野蛮や未開の差。
事の重大さにもかかわらず、実際には今までほとんど意識されることがなかった。
文明とは神のしきたりに、従うことによって人間に導かれる。児島宮著作

風習ってなあに風習とは何か巡廻すること
風習とは長い間続いてきたことを云う。或は巡廻することを云う。
めぐり、くるのが風習。
習慣の事をいう場合もある。
伝承されている風習、なくなれば風習とは云わない。

これは神のしきたりに見えています。 陰と陽の関係は九から始まっているが、陰の方が
強いと自由わがままになる。これを天秤(てんびん)に、かけるという。
ひな祭りの祝い膳に,白の平餅とヨモギの菱形の餅をつくって供えるのがしきたり。

ここに、しきたりの解釈が見えていて?
互いに違う菱形の餅(共有)が添えられる事と同語。
統一は一つだけで、注例、人間が死ぬと、茶碗に一本の箸を立てる習いは、民営化や道州制や、自民党独占で憲法を悪用しているのと、同語。
[PR]
by kouhoka | 2009-03-31 08:34
<< 憲法に頼ること。「社稷を思う心なし」 茶道の始まりは神の法則しきたり... >>