茶道の始まりは伝統にある

茶道の始まりは伝統にある。
日本の伝統文化
それ以前は、飲み物にすぎませんでした、よこいはここにあります。
普通日本人は日本語で、昔は表現していました、これが休憩のことを、日本語でよこい、、といいます。

戦国時代も、織田信長によって、安楽の時がきたので、ここに、よこい、暇の時が出来ました。
ただ暇では時間のもてあましだけで、戦がややおさまると、信長を補佐した、佐久間信盛は、町集の中へ
、足を運んだ時に、茶道は始まりました。

堺衆は信長が、楽市楽座を、開いたのが始まりであった。
これを武士は町衆となづけました。
この中へ、足を運んだのは、堺衆が商売の取引をしていたのに、信長に報告したであろう?
鉄砲の取引を、取り扱っていたと記録に残している。

千利休、津田宗及、今井宗久など、多くの堺衆がその教化をうけました。
堺衆が「茶の湯」を覚えたのは、佐久間信盛との交渉にあった。
ここに、佐久間信盛は、よこい間に、茶を出されたので、佐久間信盛は堺衆にも、
バテレンと手を切った後、茶の間に、自家の伝統の神仙思想を取り入れて、教えたのが、茶道の起こりと、宮家は記録を、残している。

ここで、佐久間信盛について、知らなくては、茶道は成り立たない?
佐久間信盛の先祖の居城は、父の跡を引き継ぎ、備後国の児島高徳が築造したという、城が、佐久間信盛の生誕地です。

墓所内の五輪塔は左側から、和田備後守範長公、今木太郎範季公、今木次郎範仲公、中西
四郎範顕公、松崎彦四郎範代公のお墓です。NHK中継所のある西の茶臼山と東の宝珠山との鞍部に着いた。ここには観音像と、新しい墓・その解説板がある
和田備後守範長は備後国の児島高徳の祖父です、和田備後守範長は児島範長を、号ス。
児島範長祖は、佐々木一族の加地信実の、系統で娘が、児島高徳父頼宴僧正の室になって、
生まれたのが、児島高徳です。
和田備後守範長は、石清水八幡坊門家の紀家弘の、女を妻にしていました。
妹は紀良子といい、ニ代足利将軍の室になり、下の妹は、天皇の室になり、事が知られる。


佐久間信盛の、尾張末盛城は、先祖の城ではありませんが、佐久間信盛はここが、生誕地としている。
それは父が、織田信秀と組んで、いたからです。
その父の居城が、備後の祖先の、築いた、広瀬城、備前国児島高徳が築き長男高盛に譲る。『広済寺旧記』より。
南北朝時代に児島高徳が築城したと伝わる東広瀬城

西広瀬城『三河国二葉松』によると、城主は佐久間信直・全孝とあります。
天文十八年(1549)、岡崎城主・松平広忠(徳川家康の父)は近侍の岩松弥八に刺殺されて
しまいますが、じつは弥八は当時の西広瀬城主・佐久間全孝が遣わした刺客であったとか。
伝えには「高徳は南朝の興国五年(1344)猿投に入って広瀬城を築き、のち隠居して広済
寺を創建し、正平20年(1365)に没した」とある。

築城者佐久間信直・全孝

織田信秀の家臣・佐久間信直が築城した。

桶狭間の戦い」の際、佐久間信直は
信長方の善照寺砦を死守し、戦功を挙げている。1 576年頃、佐久間信盛も居城した
佐久間信直(佐久間信盛の弟)
織田信長の重臣・佐久間氏の当主・佐久間信盛の長男として生まれ、若くして父と共に各地を転戦、伊勢国大河内城攻略戦、対六角氏戦などで父と共に戦功をあげ、天正4年(1576年)には対石山本願寺戦で天王寺城の守備を任されている。

佐久間信直は信長方の善照寺砦を死守し、戦功を挙げている。
1 576年頃、佐久間信盛も居城したが、その後、信直、甥の正勝は織田信雄に属し、
158 4年「小牧、長久手の戦い」で蟹江城を護り、軍功を挙げた。

佐久間信盛は織田信秀・信長の二代に仕え、長篠の合戦や越前朝倉攻め、伊勢長島一揆
など戦功をたてました。 しかし、石山本願寺攻めの不手際によって追放され剃髪して
高野山に入り、熊野で亡くなりました。

佐久間信盛は、織田信長に30年余を仕え、宿老と呼ばれました。 「信長公記」によれ
ば、信長は無益な策の罪により、信盛を天正8年(1580)高野山に追放。その後高野山
金剛峯寺小坂坊に身を潜めた信盛に、信長から「高野山に住むこと叶うべからず」

信盛は家中に於いては特別な待遇を受けている
  三河・尾張・近江・大和・河内・和泉に、根来衆を加えれば紀伊にもと七ヶ国から与力をあたえられている。



尾張国にあった末森城について記述しています。
尾張国愛知郡鳴海荘末森村(現・愛知県名古屋市千種区城山町)にあった城郭である。
天文17年(1548年)、織田信秀が築城した。
織田信勝は林秀貞、柴田勝家などとともに信長に叛旗を翻すが、稲生の戦いで敗れて和睦した。しかし翌弘治3年(1557年)、再び謀反を企てたのを柴田勝家が信長に内報し、信勝は清須城で謀殺された。

信秀は翌年この城で
死去し、かわって信長の弟、信行が城主となった。しかし、信行は兄信長から家督を奪う
企みを行ったため、弘治3(1557)年に清洲城で殺害され、末盛城は廃城となった。


末盛城は平山城(ひらや
まじろ)で、 織田信秀が今川方に対する守りとして築いたもの。
お城は弘治三年(1557)信行が、信長に殺された後に廃城されました。



天文17年織田信秀が築き、古渡城から、この末盛城へ移った。同18年に信秀は病死し、その子信行(信長の弟)が城主となるが、謀反の罪で弘治3年(1557)に清洲城で兄・信長に誘殺された。

信長の父・信秀は、生涯の間に、勝幡城→那古野城
→古渡城→末盛城と次々と移していきました。
その信秀は末盛城で42才の年で没した。

信長の母の六角(ろっかく)氏は信行を愛して、これといっしょに末盛城にいた。そこで
六角氏は信行に誓書(信長に叛かぬという誓書)を作らせ、勝家・通勝はみな墨染の衣を
着(ちゃく)し、その罪を謝りにやってきた。

ここで、まだ千利休にも道の意味は、?解けない?かったのです?
道とは、解けていない?かったのは、この時点では、民衆には、伝統が、伝わっていなかった?
不思議に思えるかもしけないが、現代も実は、この時の様子に、似ています。

解けない?かったのです?それは神のことをいう。
林道春と信長の面前での如く、地球は平面につながっていると、考えていたのです、これは
佐久間信盛子息、甚九郎正勝事ハビアンとの、問答対決の、際の出来事でした。
佐久間信盛父子は、信長の摂関状でも記しているように、父子は茶道に、つかりきりとしている。
ここにも見えているように、
武士の間にも、茶道を通じて、神の道を伝授したのです。

それを神仏が嫌いな信長も恐れたのです。
それは神の道を伝授、されると、信長は、佐久間信盛の頭上に、居られないからでした。
たとえ、信長と云えども、奈良の正倉院の開封は出来ないと、知り、佐久間信盛にしか、
出来ない、
奈良の正倉院の開封に、佐久間信盛を奉行にして、香の、らんじやたい、を切り取らせたのです。
香の、らんじやたい、を切り取ったのは、同じく足利将軍も、神と呼ばせる為に、開かせた。

これが、真実なのです。
類似したのが、古代中国でも記録していて、太一の祭祀を恐れた、のに似ています。
秦の始皇帝は、太一の祭祀を恐れ、盛んに、行った従ったとある、と記している。
太一(タイイツ)【神】: 上帝、天帝

天神の中で一番貴い神が太一

秦の始皇帝が始め
たとい う泰山での封禅の祭祀神道、に従順したので、越王を名乗らせた、といわれます

佐久間信盛父子は信長には、道を封じられた、のは明治革命も類似していて、
神道を、廃棄したのが、背景にある。
これで善悪はなくなったことである。

神道を、表に出されると、大室天皇は、成り立たなくなるからです。それは悪でしかないから。

これは、織田信長と共通して、います。
神と、呼ばせたのに、似ている。現代の昭和天皇も佐賀の大隈庶民なのです。

ですから、現代の茶道は、稽古事だけに、されたのです。
これを利用したのが、茶道家裏千と婚約をつなぐ事で、為したとしているのです。

これは茶道とは言いません?道楽の茶です。

何も共通する原語は、ここには見えて、いません。

類似しているのが、神道としながら、伝統では、なくなり、八百長ばかり繰り返している
相撲も同類です。
それはともに、日本語の中に納まっているはずの、作法が見えないからです?

茶道と同じく、原点が、納まっていないのですから?
原点とは佐久間信盛の末裔に何もつながっていないのです?天皇さえも?
[PR]
by kouhoka | 2009-02-03 18:08 | 佐久間信盛と神仙思想
<< 茶道の始まりは神の法則しきたり... 日本の茶道は佐久間信盛開眼によ... >>